« BC用軽量ピッケルに改造しちゃおう | トップページ | “プリムス P-153” 用ウインドシールドを作りました »

2007年7月15日 (日)

絶賛!GARMIN用の社外品地形図

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆(買うだけです)
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


Uud1

ガーミンの日本語版地図表示GPSは優れもので、これがあればホワイトアウトだろうと吹雪だろうと赤布やフラッグ無しでも道迷い遭難は起きないんではないかと思うくらいの性能を持っています。
これに偉大なフリーソフト“カシミール3D”で作ったルートやウェイポイントをGPS本体にアップロードしておけば無敵といってよいほどの威力を発揮します。
私は簡単な沢登りの詰めなどでは、敢えてログを記録するために持参しているGPSをザックの雨蓋にしまったまま見ないようにしている程で、GPSに頼り過ぎると自分の読図力が低下してしまうのではないかと心配してしまう位の便利道具です。

私は以前からガーミンの日本語版GPSに等高線表示可能な純正の1:25000地形図(TOPO)を使っていたのですが、この純正品の弱点は林道や登山道が表示されないということです。
社外品でガーミン用の英語版GPSに、等高線付の1:25000地形図を表示出来る地図ソフトがあることは知っていたのですが、地名表示もすべて英語ということで、深く考えずに敬遠していました。

しかし、この社外品の地図ソフトが日本語版GPSでも使用可能である事と、カシミール3Dで登録した日本語の地名と並列表示が可能だと聞き、製造元の“アップアップダウン製作所”から“日本詳細 1:25000地形図+TOPO Ver 1.2”(8400円)と、この地形図の20m.等高線を10m.表示にする“20m. トポプラス プラグイン”〈2100円)を購入してみました。

Uud2
(画面の中で破線で表された登山道と、地図ソフトの英語表記と、カシミールの日本語の登録ポイント名が同時に表示されているのがわかりますか?)

そして試しに使ってみたのですが・・・まさに大絶賛モノでした。国土地理院の1:25000地形図に記載されている林道や登山道は総て表示されており、これは登山用としては絶対的な強みで、沢の詰めで登山道を目指す時や、沢を下降して途中から並行する登山道に逃げる時など非常に役立つでしょう。
私見ですが“トポプラス プラグイン”は敢えて購入する必要は無いと思いますが、この地図ソフトとカシミール3Dの組み合わせは、価格の面でもベストチョイスだと断言できます。
ガーミンのGPSを登山に使ってる方には自信を持ってお勧めしたい製品です!

|

« BC用軽量ピッケルに改造しちゃおう | トップページ | “プリムス P-153” 用ウインドシールドを作りました »

ハンディーGPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BC用軽量ピッケルに改造しちゃおう | トップページ | “プリムス P-153” 用ウインドシールドを作りました »