« MIZOの沢用ハンマー | トップページ | プリムスP-113“ ウインドシールドDX”の製作 »

2007年7月16日 (月)

GARMIN/MAP60CsX日本語版

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆(買うだけです)
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


携帯型GPSは日進月歩で進化しています。しかし、これだけに頼っているのは危険だと思いますし、初めからGPS頼みの登山をしていたのでは、はイザというときの読図力は身に付かないでしょう。
とは言っても、せっかくよい道具があるのなら安全登山のために利用しない手はありません。
そこで私がお勧めしたいのが“GARMIN/MAP60CsX日本語版”という製品です。

Map60

私は今まで数台のガーミンGPSを使用してきましたが、現在メインに使用しているのは“LEGEND-C/J”と“MAP60-CsX/J”で、何れも日本語表示のカラー液晶の製品です。
英語版のほうがかなり安価なのですが、ウェイポイント名を日本語で表示できないと山での道迷いの時など画面を直感的に読み取れないような気がしますし、カシミール3Dで作成した日本語のウェイポイント名をそのまま転送できる事を考えれば、高価格でも日本語版を選択するほうが賢明だと思います。
また、カラー液晶はかなり鮮明な描画で、色の違いで表示内容の判別もできますし、特に“UUD製作所”の登山道表示可能な地図ソフトを使用するときなどはカラー液晶でないと読み取りが困難ですから、地図表示可能機種でしたらカラー液晶以外の選択は考えられません。


私は“LEGEND-C/J”でも特に不自由なく使用していましたが、新たに“GARMIN/MAP60CsX日本語版”を購入してその受信感度のよさに驚きました。
SiRF/STARⅢというGPSチップを使用しているとの事ですが、今までの機種では衛星を補足できなかった場所でもしっかりと測位できているのには驚きました。極端な話、条件によっては建物の中でも測位できてしまう程といっても大げさではないのです。(ただし、バッテリーセーブモードの時はなぜか従来機種以下の測位制度に落ちてしまうという不満はありますが・・・)
また、2GのマイクロSDカードを入れれば純正の10m.等高線地形図(TOPO)の全領域を余裕で収納でき、山行ごとに地図をダウンロードする面倒さからも開放されます。

難点は少々重い(eTrexシリーズより僅か50g程度ですが)ということぐらいでしょうか。今後近い時期に高感度GPSチップを搭載したeTrexのHシリーズの日本語版が発売されるでしょうが、そうしたらその機種が登山用GPSのベストバイとなると思います。

|

« MIZOの沢用ハンマー | トップページ | プリムスP-113“ ウインドシールドDX”の製作 »

ハンディーGPS」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ブログ拝見させて頂きました、ありがとうござます。早速のご質問でございまが、当方GPS未購入です、ビスタHCXか60CSXどちらかを購入しようと思っております、主な用途は山歩(低い雪山日帰りなど)です、山での受信や対候性、操作性などを考慮すると全くのGPS初心者ならどちらがお勧めでしょうか?アドバスよろしくお願い致します。

投稿: fx | 2009年9月24日 (木) 19時50分

fxさんはじめまして。
早速ですが、私としてはVISTA-Hcxをお勧めしたいと思います。
MAP60も悪くないのですが、大きさと重さ、そして電池寿命を考えると山用としてはやはりVISTAが最適でしょう。
受信感度は条件によって異なりますが、ほぼ同等と考えて良いと思いますよ。

では、今後ともよろしくお願いします。

投稿: 理事長 | 2009年9月24日 (木) 21時25分

理事長さんこんにちわ!
fxさん始めまして。
私のお勧めはOREGON300です。
その理由の1番はお値段です、外国から通販で買うと4万円弱。
少し手間をかけて改造すれば日本語表示OK、電池もNiMH2700mAhだと連続20時間以上動きます、先日の表銀座縦走では2日間使えました。
感度も十分で、もう10回以上山で使いましたが全てきれいに記録も取れました。

投稿: タキオン | 2009年9月25日 (金) 22時54分

タキオンさん、毎度です!
OREGONも演算速度が速くてスクロールやズームなんかもスムーズで良さそうですね。
でも、冬場の手袋での操作はどうなんでしょうか?
あと、日本語化についても情報が錯綜していますが、私にも解る手順をお教えいただけると、購入する方も増えるのと思うのですか・・・。
では!

投稿: 理事長 | 2009年9月25日 (金) 23時21分

理事長さん、おはようございます。

OREGONを手袋で操作するのは難しそうですね、フリースの薄手の手袋では操作できましたが本格的な冬用のゴッツイのではたぶん無理でしょう。

日本語化改造は2チャンネルに色々書かれています、一見難しそうですがやってみると意外と簡単です、又元の状態に戻す方法も分かってるし、プログラムはフラッシュメモリーに書き込むので何回試しても壊れたりはしません。
このコメントを見て挑戦される方がいればアドバイスOKですよ。

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/out/1251794978/

投稿: タキオン | 2009年9月26日 (土) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MIZOの沢用ハンマー | トップページ | プリムスP-113“ ウインドシールドDX”の製作 »