« “熊スプレー”と“自作ストッカー” | トップページ | 防虫ネット付きシュラフカバー② »

2007年7月15日 (日)

アクアステルス用“ピンソールもどき”

便利度 :★★★★★
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


渓流靴に一大センセーションを巻き起こした“5.10”のアクアステルスソールですが、その性能は別コーナーで述べるとして、私にとっての大きな問題はピンソールとの相性がイマイチだったことでした。
ピンソールはスパイクの裏側についている小さなピンが靴底のフェルトに食い込んでずれを防ぐ構造が特徴なのですが、これをアクアステルスソールで使用すると靴底のゴムがギタギタに傷付いてしまう結果を招くのです。
アクアステルスソールはフェルトと違って張替えができない事を考えれば結構高価な沢靴ですから、出来たら長持ちしてもらいたいですよね。

Minimo1 Minimo2

そこでアクアステルスソール用の“ピンソールもどき”を作ってみました。
ベースになったのは“エキスパート。オブ。ジャパン”の爪の高さが15mmと非常に短い4本爪アイゼンです。これに写真のようにステンレス板とリングでステーを拵えて、2本締めバンドで靴に固定するように改造しました。
これでアクアステルスソールの沢靴でも安心してピンソール(もどき)を装着できるようになります。

|

« “熊スプレー”と“自作ストッカー” | トップページ | 防虫ネット付きシュラフカバー② »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “熊スプレー”と“自作ストッカー” | トップページ | 防虫ネット付きシュラフカバー② »