« “ピンソール・ミニ”もいじっちゃう | トップページ | アクアステルス用“ピンソールもどき” »

2007年7月15日 (日)

“熊スプレー”と“自作ストッカー”

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆(むしろ安全)

最近山で熊に出会った話題をよく聞きます。
私も昨年は奥秩父と八幡平で2回も熊さんに遇ってしまいました。幸いにも2回とも先方さんから退散してくれたので無事でしたが、アドレナリン系のパニックで結構ビビリました。その他、最近山で日本ザルに遭遇する機会も以前より多くなっているような気がしますが、サルも間近で見ると結構恐ろしいものです。

私はここ10年ほど、沢には“熊スプレー”を持参しています。イザとなった時どれだけ冷静にそれを使用できるかは疑問ですが、最悪のケースを避ける可能性という選択肢を持っているのといないのでは安心感が違いますので「お守り」と考えて持って行く事にしています。

Kuma1

しかし熊スプレーが直接の起因となった被害も在る事を忘れてはなりません。
又聞きですが、押入れに保管中の熊スプレーの突然のリークで暫く自宅に入れなくなった方(2日ほどホテル暮らしをしたそうです・・・)も居るようですし、万が一車の運転中に突然リークでもしたら交通事故の原因ともなりかねません。

アメリカでは熊スプレー専用のセーフティーストッカーなるものが発売されているようですが、日本での入手は困難でしょうし買えたにしても恐ろしく高価なものになってしまいそうです。
そこで、塩ビパイプと配管パーツを使用して熊スプレーのストッカーを製作してみました。
材料は何処のホームセンターでも売っているパーツで、蓋のところはOリングで気密が保たれるようになっているので安心です。組み立ては硬質塩ビ専用の接着剤をたっぷり塗って嵌め込むだけと極めて簡単です。
内部には薄いスポジを入れてスプレー缶が動かないようにしておきましょう。

Kuma2

これで安心して“熊スプレー”の保管・運搬ができると思えば材料費の数百円はタダみたいなものです。
熊スプレー愛用者(?)の方は是非お試しください。

|

« “ピンソール・ミニ”もいじっちゃう | トップページ | アクアステルス用“ピンソールもどき” »

その他・一般」カテゴリの記事

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “ピンソール・ミニ”もいじっちゃう | トップページ | アクアステルス用“ピンソールもどき” »