« プリムスP-113用ウインドシールドを作る | トップページ | MIZOの沢用ハンマー »

2007年7月16日 (月)

アクアステルス沢靴インプレッション

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


3年ほど前、沢登り愛好家の間で“5.10”のアクアステルスソールの性能について話題沸騰となったことは記憶に新しいですよね。

Aqua1 Aqua2

新製品が出ると物欲を抑えられない私ですから、当然速攻でアクアステルスの沢靴を購入し、以来アクアステルスの靴もすでに2足目を使用しているのです。
当初、無敵の沢靴ように扱われた評価も現在ではやや落ち着いたようですが、私なりの感想を簡潔に箇条書きで述べてみたいと思います。

①濡れていても岩の上だったら抜群のフリクションを発揮
②コケの付いている岩はやや不安(効く時も効かない時も・・・)
③皮の剥けた倒木や丸太の上では無力に等しい!(私はこれで大転倒)
④残雪の上も非常に恐ろしい思いをする
⑤草付き・泥壁ではフェルトと同等か?
⑥下向きに寝た根曲り竹や笹薮の藪漕ぎではフェルトより有効
⑦下山路では総合的にみればフェルトよりも快適(下山靴も持たずに済む)

以上、私自身もどちらが良いとは断定できない状態で、山行の都度、沢の状態やアプローチや下山路の長さなどを予想して、フェルトにするかアクアステルスにするか悩んでいるというのが現実です。
参考にならずにスミマセン!

|

« プリムスP-113用ウインドシールドを作る | トップページ | MIZOの沢用ハンマー »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プリムスP-113用ウインドシールドを作る | トップページ | MIZOの沢用ハンマー »