« 防虫ネット付きシュラフカバー② | トップページ | BC用軽量ピッケルに改造しちゃおう »

2007年7月15日 (日)

ダイニーマロープ With バッグ

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆(ミシンが必要です)
推薦度 :★★★★★
危険度 :★★★★☆

私は、バックカントリーツアーや岩場の通過が予想される山行にはルートの予想難易度に係わらずロープの携行を強く推奨しています。
と言っても、軽い細引きでは強度不足で肝心なときに役に立ちませんし、さりとて本格的なクライミングロープでは重過ぎてザックに入れるのを躊躇しますよね。

Dnb1 Dnb2

そこで私はバックカントリーツアーを中心に、ダイニーマのΦ6mm・20mロープを自作の収納袋に入れて携行しています。
また、このような非常用のロープはループ状やコイル状にして持っていたのではイザという場合に素早く展開できません。そこで携行に便利で素早くスムーズにロープを繰り出せる良い方法を模索し、水難救助用のスローロープを参考にして山用のロープバッグを作成してみました。

ロープはYAMAHAのダイニーマロープのΦ6mmです。このロープは同じ呼び径Φ6mmのWingのダイニーマロープよりも若干細めで、引っ張り強度も1500kgと十分ながら非常にコンパクトにまとまります。

ロープバッグは420ナイロン布をメインに、一部通気性を考慮してナイロンメッシュを配しました。入り口はスタッフバックのように巾着状に絞れるようにし、底面にはグロメット付きの穴を明けロープの末端を通してあります。

バッグの中にロープを端から順次収納していくとバッグの中でロープは無秩序に押し込まれているように見えますが、こうして収納しておくと末端を引っ張り出すだけで絡んだりキンクしたりする事無く全長をスムーズに伸ばす事ができます。
軽いのでザックのショルダーストラップに下げておけば、任意の長さで繰り出せますので、沢登りの“お助けひも”としても活用できます。
これは結構便利ですよ!

|

« 防虫ネット付きシュラフカバー② | トップページ | BC用軽量ピッケルに改造しちゃおう »

その他・一般」カテゴリの記事

山スキー・バックカントリー」カテゴリの記事

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 防虫ネット付きシュラフカバー② | トップページ | BC用軽量ピッケルに改造しちゃおう »