« “タイベック(Tyvek)”シートを使う | トップページ | “ゴム太郎”お薦めします! »

2007年9月28日 (金)

“LED”を交換する

便利度 :★★★★★
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


ここ数年、白色LED技術の進歩は驚くばかりで、現在は登山用のヘッドランプのシェアの大半はLED仕様のものとなってしまいました。

“標準型のLED”も数年前はせいぜい10カンデラ程度の物しかありませんでしたが、現在では最大で25~30カンデラの出力のものもありますし、ハイパワータイプでは数ワットというとんでもなく明るい物も出現しました。
しかし、技術の進歩が速いと言う事は、製品の陳腐化も速いと言う事で、ほんの数年前に大枚払って買ったヘッドランプでも、光量では新型の物と比べるとかなり見劣りしてしまうというのも現実です。

Led1

私も、数年前まだ珍しかったプリンストンテックの“SOLO用LEDリプレースメントユニット”をかなりの値段で購入しましたが、あらためて現在の物と比べるとかなり暗く感じてしまいます。
そこで“OPTOSUPPLY社”の25~30カンデラのLED秋月電子で購入し交換を試みることにしました。

Led2led

LEDリプレースメントユニットの分解は慎重を要しますが、基板に半田付けしてあるLEDを半田鏝と半田吸い取り器を使って取り外し、新しいLEDを半田付けするだけですから、さほど困難な作業ではありません。
交換後はすぐに実感できる程明るくなりますので、この機種以外でも数年以上前のLEDランプをお持ちの方はトライする価値は十分あると思います。

Led3

(参考)
白色LEDは発光素子自体が白い光を出すのではなく、青色に近い光を出す素子の前に白色光の蛍光物質を置き、間接的に白色光を得るシンチレーション発光という形式を採っています。
明るい白色LEDが出てきたと言うのはこの蛍光物質の技術革新が進んだと言う事なのですが、その反面、明るい蛍光物質ほど劣化で輝度が低下する時間も短くなるというのも避けては通れない事実なのです。
特に高輝度の白色LEDは三色合成LEDを除き、本来長時間の連続点灯や照明用に作られたものではありません。
つまり、これまでの電球のように突然球切れということはめったに無いでしょうが、長寿命といわれるLEDでも通常の白色光のものは徐々に暗くなると言う事を覚えておいた方が良いでしょう。
また、静電気のサージで突然ダイオードが破損することも稀にではありますが発生します。
LEDランプの場合、以前のように必ず持参していた予備電球と交換するという行動中の対処が不可能な事を考えると、登山用としては新型のハイパワーLEDを1個使用したものより、むしろ一世代前の標準型の高輝度LEDを複数使用したモノの方が、フェイルセーフの観点からはベターなのかもしれません。

|

« “タイベック(Tyvek)”シートを使う | トップページ | “ゴム太郎”お薦めします! »

その他・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “タイベック(Tyvek)”シートを使う | トップページ | “ゴム太郎”お薦めします! »