« “ゴム太郎”お薦めします! | トップページ | MPシェルター用ポールジョイントを作る »

2007年10月12日 (金)

“MSAS”運用開始!しかし・・・

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆

以前は一部のマニア用だと思われていたハンドヘルドGPSですが、地図表示が可能になった現在では登山や山スキー・山ボードを安全に楽しむ為の“普通の道具”として普及してきました。

私は現在GARMINの“LEGEND/C-J”と“MAP60CSx-J”をメイン使用しており、これらに“アップアップダウン製作所”の登山道の表示される地形図と、素晴らしい機能を持つフリーソフト“カシミール3D”を組み合わせれば、登山用としてはほぼ完璧なシステム(下の画像をご覧ください)が出来上がります。

Uud2
(破線で示された登山道と英語表記の地名表記に、カシミール3Dの日本語WP名が同時に表示されます)

しかし、これらのハンドヘルドGPSも以前のような意図的な誤差信号は停止されたとは言え、衛星の配置によっては時としてかなりの誤差が発生してしまいます。
また、地上波を利用したD-GPSという測位誤差減少システムもカーナビ用としては広く利用されていましたが、登山用としては実用的ではありませんでした。

そこで期待されていたのが、北米ではかなり前から運用されていた“WAAS”という静止衛星を利用した測位誤差補正信号システムの国内運用です。
わが国でも数年前にMTサットという静止衛星を利用したWAASの運用が決定したものの、ロケット打ち上げの失敗で出鼻を挫かれ、やっと衛星が軌道に投入された後も、試験運用の状態が長く続きなかなか実用に至りませんでした。
そんな訳で、ずいぶん待たされましたが、いよいよ9月27日から、日本版WAASとも言うべき“MSAS”が正式に運用開始となったのです。

Msasoff60 Msas60 Msas_leg
(MAP60とLEGENDのWAAS・OFFとONの画面、Dマークと42番の衛星表示は見えますか?)

これを、お手持ちのガーミンのGPSで使用するためには、画像のように“設定→システム→WAAS”と進んで「有効」を選択するだけでOKです。
その後実際に測位を開始し、信号のバーグラフの下部に“D”マークが表示されていれば(MTサットの信号を表す42番・50番のバーグラフも表示されます)誤差補正が機能していると言うことになります。

Msassystem
(黄色に強調されているWAASのメニューを“有効”にするだけ)

実際に使用してみますと、空が開けた場所で衛星の配置が良ければ3メートル以上、最高では2メートルまで精度が上がったのを確認しました。
しかし、樹林帯などでは通常のGPS衛星は補足して3D測位していても、MSAS信号を受信していない事もありますし、反対にMSASが無効であっても精度が誤差4メートルまで上がる事もありますので、MSASが正式運用されたとは言え実用上では「劇的な精度の向上」とまでは言い切れないというのが正直な感想です

これはWAAS(MSAS)が本来、主に航空機の航法支援を目的としたシステムであり、常に360度上空が開け受信可能域のすべてのGPS信号と、WAAS(MSAS)信号が常時安定して受信できる航空機を前提としてあるためで、登山での使用については稜線上で有効に機能したとしても、谷筋や樹林帯はWAASの想定外の条件という事なのかもしれません。
とは言え、これでますますGPSの実用性が高まったことは確かなので、今後も追跡レポートをおこなっていきたいと思います。

私も沢の詰めなどでは、基本的にGPSに依存した登山ではなく、読図力と感性を総動員した難解なパズルを解くような楽しみ方を好んではいるのですが・・・。最近は体力の低下に伴って根性も低下し、ついついこの文明の利器に頼ってしまう事が多くなりそうですから・・・。

(追記)
いろいろ試してみたのですが、MSASの作動は省エネ(バッテリーセーブ)モードではOFFされるようです
“LEGEND/C-J”と“MAP60/CSx-J”両機種とも同様なので、これはGARMINの設計意図だと思いますが、バッテリーを長持ちさせたい登山者としては省エネモードでもMSASが機能してもらいたいと思っているのは私だけではないと思います。
(特に高感度が売り物の“MAP60CSx-J”は、SirfのGPSチップの特性からか省エネモードでの測位誤差が自社チップを使用した従来機種より安定しないようなので、この機種の省エネモード使用時には注意が必要でしょう)

ファームウェアーのVer.アップで対応可能なら、ぜひ省エネモードでもMSAS使用の有効・無効の選択ができるようにしてもらいたいですね。

|

« “ゴム太郎”お薦めします! | トップページ | MPシェルター用ポールジョイントを作る »

ハンディーGPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “ゴム太郎”お薦めします! | トップページ | MPシェルター用ポールジョイントを作る »