« MSR・ライトニングの改造① | トップページ | “JETBOIL”の系譜 »

2007年11月22日 (木)

MSR・ライトニングの改造②

便利度 :★★★★★
工作度 :★★★★★
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆

【“MSR/ライトニング・アッセント-改”Prototype No.1の製作】続き・・・

さて、先ずはシューから、クランポン付きビンディングアッセンブリーを取り外します。これはPIN&RINGでとまっているので簡単に分解できます。

次に、クランポンとウレタン製のビンディングを分解しますが、これはリベットの裏側から太目のドリルで揉んでカシメた部分を削ってからポンチなどで叩き出せば簡単です。デナリのリベットは鉄製でしたが、ライトニングのはアルミ製になりましたから分解はより簡単になりました。

Bunkai1

続いて、クランポン部分で後半にある魚尾状の部分は邪魔なので切り取ってしまいます。
薄いですが熱処理されたクロモリ鋼らしく結構硬度がありますので、切断砥石を着けたグラインダーで切り取り、切断面は体裁良く仕上げておきます。(此処まで来るともう後戻りはできません・・・)
また、画像のように男性用(画像、↓右)と女性用のモデル(↓左)では幅と全長が異なりますが、前半の4つの穴の位置は共通です。

Bunnkai2

さて、次はメインのプレートを加工します。
材質はチタンを使用しました。チタンは加工が難しいのですが、軽量で強く、また雪の付着も少ないのでこの種の工作には理想的な素材です。

以下、続く・・・

|

« MSR・ライトニングの改造① | トップページ | “JETBOIL”の系譜 »

その他・一般」カテゴリの記事

山スキー・バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MSR・ライトニングの改造① | トップページ | “JETBOIL”の系譜 »