« PRIMUS・P-123S・改/チタン仕様 | トップページ | MSR・ライトニングの改造② »

2007年11月16日 (金)

MSR・ライトニングの改造①

便利度 :★★★★★
工作度 :★★★★★
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


Shoe1
(完成するとこうなります)

BCボーダーを中心に始まったスノーシューのブームですが、現在では登山やスノーハイクまでその裾野を広げているようです。
私は、ただの雪道の登行やスノーハイクが目的であるならアトラスのスノーシューを使用します。アトラスのスノーシューはどんなに乱暴に扱っても絶対に壊れない、という安心感ではこの右に出るものはいないと思っているからです。(特にテールエンドがTIG溶接されている旧モデルは最高です!画像↓)

Atlas

しかし、このアトラスのシューもクラスト斜面やトラバースなどでは少々頼りなく感じる場面もしばしばありました。

そこで私は並行してMSRの“デナリ”シリーズを使用しているのですが、これは外観は少々無粋ですが、悪条件の斜面では抜群の安定感を誇っています。
また、私は数年前からBCボードにも山スキー用のハードブーツ(ランドーネブーツ)を使用するようになりましたので、面倒なシューの脱着を簡単にするため、アイゼンのパーツを利用したワンタッチシステムに改造して使っていました。

しかし、その後デナリと同じMSRから超軽量の“ライトニング”シリーズのスノーシューが発売されたのです。
見た目は華奢で壊れやすそうに思えて敬遠していたのですが、使用者より予想に反して結構丈夫だとの話を聞くに及んで・・・・やはり購入!。(私は“最軽量”という言葉にも弱いのです)

そして、お決まりの改造を決行!

【“MSR/ライトニング・アッセント-改”Prototype No.1の製作】

こうして、哀れ“ライトニング・アッセント”は、一度も雪面に足跡を印すことの無いまま手術台に昇ることとなったのです。

しかし、早くも問題発生。
以前の改造犠牲者である“デナリ”はプラスチックのデッキを使用していたため、一枚のチタンプレートをベースにして、そこにトーベイルとヒールレバーを付ければ良かったのですが、ライトニングの場合、デッキは柔軟なハイパロン素材を使用しているため、踵をフレームのサイドメンバー一箇所で支持する構造となっていたのです。(画像、↓左)
これではデナリのような一枚のプレート構造では問題が発生しそうです。(画像、↓中・右)

New1 Old1 Old2

そこで、本来踵の下に位置すべきヒールレバーのヒンジをデッキと干渉しない土踏まずのアーチ部分に持って来る構造としなければなりませんが、本来は斜め下方にテンションをかけるワンタッチアイゼンのレバーを、より浅い角度でテンションをかけることになり、少々工夫が必要となりそうです。
ヒンジが土踏まずの位置だと前回の“デナリ・アッセント-改”に使用したKAJITAXアイゼンのヒールレバー(画像、↓右)のような長さ調節にレバー側支点の位置の移動を伴う構造では、長い寸法のワイヤーを自作して組み込んだにしてもヒールレバーの回転半径分のクリアランスの関係で作動に問題が生じそうです。
そこで、長さ調節に支点の移動を伴わずがワイヤー側にアジャストスクリューのあるイタリアの“KOHLA社”のアイゼンのレバー(幸い使用予定の無い手持ちがたくさんありました画像↓)を使用することとしました。なおKOHLA社は現在アイゼンを作っていないみたいです??・・・

Lever2p Kohla4
(左画像の右がKAJITAXのレバー、左がKOHLAのレバー、右画像はKOHLAのアイゼン)

・・・と、問題が解決したところで、意を決してあの“美しき生け贄”をバラし始めることにしました。

以下、続く・・・

|

« PRIMUS・P-123S・改/チタン仕様 | トップページ | MSR・ライトニングの改造② »

その他・一般」カテゴリの記事

山スキー・バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PRIMUS・P-123S・改/チタン仕様 | トップページ | MSR・ライトニングの改造② »