« 続・MSRライトニングの改造 | トップページ | スプリットシールを自作する!② »

2007年12月17日 (月)

DAINAFITはどう変ったか

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


我が国ではキワモノ的な目で見られがちなDYNAFITのビンディングですが、実際には欧米を中心に20年以上の永い歴史を持ち、その間基本設計を全く変えていないほどの完成されたシステムと言っても過言ではない名品なのです。
また、あの頼りなげな外観とは裏腹に、実はヨーロッパでは一番故障の少ないツアー用ビンディングとの評価も受けているほど信頼性の高い道具でもあるのです。

Dyna1

そんなDYNAFITのビンディングですが、少しづつ進化し一応近代的なビンディングとしての完成を見たのが“TLT-コンフォート”という機種でしょう。
ブーツサイズに対応する調節幅も(十分ではないとは言え・・・)拡大し、(快適とは言えないが・・・)設計段階から考慮されたスキーブレーキが使用できるようになったのも、このコンフォートからです。

それから3シーズン程で、バーティカルというニューモデルが昨年からラインナップに加わりましたが、一体この両者で何処が変わったのか考察してみたいと思います。

大きな変更点はまずヒールピースの外観が大きく変ったということでしょう。見える部分は全てプラスチックになり、外観も直線的でスマートなものとなりました。

Dtvheel
(左・TLTコンフォート、右・TLTバーティカル)

しかし、推測ですがバーティカルの樹脂パーツはコンフォートとは別の工場で作られているのでしょう。
はっきり言って材質や加工精度はむしろ低下しているように感じます。
また、上面のヒールリフターを兼ねたパーツは横からの力を受けた時に、稀ですが折損の事例もあるようなので、本当に良いモデルチェンジであったのかの判断はもう1~2シーズン待たないと正確な結論は出ないでしょう。

現時点での判断ですが、良くなったところとしては、コンフオートで評判の悪かったトーピースのクトー(スキーアイゼン)取り付け部に金属の補強が入ったということと、トーピースのレバーが大きくなったということが挙げられます。
このレバーの変更は僅かなものですが、実際に新旧を使い比べてみると使い勝手はずいぶん良くなっているとが実感できます。

Dkuto2_2 Dtvtoe_2
(左画像・トーのベースに加わった金属パーツ、と右画像・レバーの大きの違いに注意)

その他は大きな違いは無いようですが、気がついたことがありましたら続けてレポートしていきたいと思います。

(追伸)
山でDYNAFITを使用している方を見るのはまだ稀です。
使用に際して少々癖のある製品であることは確かですが、個人的にもこの個性的なビンディング愛用者の仲間が増えるとに期待しています。
興味のある方は遠慮なく質問してください。取り付け調整を含め可能な限りの助言をしたいと思います。

|

« 続・MSRライトニングの改造 | トップページ | スプリットシールを自作する!② »

山スキー・バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

今冬から山スキーデビューを考えてます。
ブログをさかのぼって、毎日少しずつ見て参考にしています。
先日石井スポーツにて商品を見てきましたが、どれにしたらイイのやら・・・
毎日苦悶の日々です(笑)

滑りより、登山の機動力として考えてますが
TLTにするのか?ディアミールにするのか?
どちらがイイのでしょうか???

金額は気にしてないので、最初の1セット目のお薦めはありませんか?
宜しくお願いいたします。

投稿: 今さん | 2012年12月11日 (火) 16時47分

“今さん”はじめまして。

早速ですが、山スキーの全くの初心者でしたらディアミールを選ぶほうが安心でしょう。
Dynafitは結構クセのある金具なので、深雪の山中での装着には苦労すると思います。
スキーはセンター80~90ミリ程度の少しロッカーのある軽い板で、例えばK2のBackupやwaybackなどの山スキー用のトップに穴のある板、あるいはMiura Klassikなんかも滑りやすいし登りやすいと思いますよ。

ご健闘を祈ります!

投稿: 理事長 | 2012年12月11日 (火) 19時11分

ありがとうございます!
悩みが解消しちゃいました(笑)
早速チャレンジしいてみます♪

投稿: 今 | 2012年12月13日 (木) 06時28分

“今さん”毎度です!

私のコメントが参考になったのなら幸いです。

日付を見たら、この記事は丸5年も前のものでしたね。
そして画像には懐かしいロッカー無しの初代“K2/Miura klassik”(スペルミスでなく“K”が2つでK2です)も写っています。

最近のメディアはBCスキーの板というとスーパーファットばかりをピックアップして紹介していますが、実際の山スキーでは派手なファット系の板より、このような軽くて柔らかい普通に滑りやすい板の方が絶対に有利だと思います。(一緒に写っている“Mt.Baker”も良い板でしたが年寄りにはチョット硬かったかなぁ?)

では今後ともよろしく。

投稿: 理事長 | 2012年12月13日 (木) 08時30分

今日購入してきました。
ディアミールの希望だったのですが、TLT 5マウンテンの軽量さに負けて
結局TLT RADICAL ST 82MM にしてしまいました(爆)

せっかくのアドバイスを生かせなくて申し訳ありません。。。

モノは来週届くので楽しみです♪

投稿: 今さん | 2012年12月14日 (金) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続・MSRライトニングの改造 | トップページ | スプリットシールを自作する!② »