« Vista-HCx 日本語版、その性能は?① | トップページ | DYNAFIT/ヒールリリーサーの製作 »

2007年12月 5日 (水)

DYNAFIT の冬、到来!

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


私は技術的には万年中級者の壁を越えられず、毎年悪戦苦闘のスノーシーズンを過ごしてはいますが、それでも山スキーも山ボードも大好きです。
しかし、いかに好きとは言え、年齢と供に増加する体重と、低下する体力には如何とも抗し難く、以前のような積極的な山行からは遠ざかる一方というのが悲しい現実です。

そのハンデを少しでもカバーしようと、道具の軽量化を心がけてはいるのですが、ことスキーに関しては年々ファット化が進み、山道具の軽量化の流れに反して、逆に年々重くなっているというのも困ったものですよね。

そんな中、せめてビンディングだけでも軽いモノを・・・
と考えていて出た結論が“DYNAFIT”のTLTビンディングの選択だったのです。

Dyna1 Dyna3
(左の画像・上が“TLTコンフォート”、その下と右画像が新型の“TLTバーティカル”、ただし左画像の“TLTコンフォート”は改良型のトーベースに換装してあります)

使い始めて既に4シーズンが過ぎ、所有数も既に我が家で合計十台、しかも全て自分で取り付けを行っています。
取り付けや調整のノウハウの蓄積もありますし、製品自体の良いところ悪いところも見えてきましたので、シーズン中はこの DYNAFIT ビンディングの話題についても可能な限り書いてみる事にします。
興味があっても、あのなんとも奇妙奇天烈(?)な形状から使用を躊躇っている方も多いと思いますので、ご質問があれば率直なお話をさせていただきたいと思います。

Dynabd
(我が家にはDYNAFITのビンディングがいっぱいです・・・)

何せ少々癖のあるビンディングですから、万人向けというわけには行かないとは思いますが、外観から想像するほどの取っ付き難さは有りませんので、もう少し普及しても良いのではないかと思います。

Dyna2 Toe1 Toe2
(トーピースの2つの突起が専用ブーツの爪先の穴に噛合うだけで固定されると言う、一見??な構造)

また、今シーズンから輸入代理店が“カスタムプロデュース”から“アクタス・ディストリビューション”に変更になりました。
まだ未知数の代理店ですが、適切な対応とDYNAFITの普及に力を入れていただける事に期待して応援していきたいと思いますので、皆さんにもご協力いただければ幸いです。
また、この代理店さんは“スノーレオパードなブログ”というサイトでも情報発信をしていますので、よろしければこちらにも行ってみてください。

|

« Vista-HCx 日本語版、その性能は?① | トップページ | DYNAFIT/ヒールリリーサーの製作 »

山スキー・バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Vista-HCx 日本語版、その性能は?① | トップページ | DYNAFIT/ヒールリリーサーの製作 »