« 今度は“BDとLIFELINKの”合体だ! | トップページ | 超便利!新型スキーシール・トリムツールを作る① »

2008年1月31日 (木)

ファン付きゴーグルをプチ改造

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆

私は眼鏡を使用しているので、登山やスキーでも不自由を感じる場面が多いのですが、特に山スキーで吹雪かれゴーグルを併用する時など、眼鏡の曇りには閉口させられます。

そんな悩みを解消する為に数年前からSWANS(山本工学)の“DREAD-TBR”というファン付きのゴーグルを使っているのですが、これが結構なスグレモノで極端に条件が悪かったり、転倒して頭から新雪に突っ込んだりしない限りは、常にそこそこクリアな視界を維持してくれます。
眼鏡使用者でゴーグルの曇りに悩まされている方は、騙されたと思って使ってみてください。必ずお気に入りの道具となることを保障します。
また、小さな単四電池を電源としていますが、予想外に電池の寿命は長く、数日の行動にも十分対応可能です。

Fan
(条件により赤系とグレー系のレンズカラーを用意しておけば万全!)

さて、今では私にとって手放せない道具となっているこのファン付きゴーグルですが、唯一の弱点は電池ケースの蓋の部分が簡単にはめ込むだけの構造となっているため、転倒した場合などには蓋が開いてしまって電池が飛び出してしまうという事でした。

Fan1_2 Fan2_2 
(中央上部の電動ファンをストラップ部の単四電池で駆動する構造)

そこで私は、細いベルクロテープを使用して電池ケースの蓋を固定するようにしたのです。(↓画像)
こうしてからは一度もこのトラブルは無くなりました。

Fan3

私もそうだったように「なにもゴーグルにまで電池を使わなくても・・・」とお思いの方も多いと思いますし、まだまだマイナーなファン付きのゴーグルですが、眼鏡使用者でなくても予想以上に効果的な道具ですので自信を持ってお薦めします!

|

« 今度は“BDとLIFELINKの”合体だ! | トップページ | 超便利!新型スキーシール・トリムツールを作る① »

山スキー・バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今度は“BDとLIFELINKの”合体だ! | トップページ | 超便利!新型スキーシール・トリムツールを作る① »