« VISTA /Hcx の不具合・続報④ | トップページ | 絶対お奨め!“ブーツドライヤー” »

2008年2月26日 (火)

ツインチップ用にシールを小改造

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


最近は山スキーヤーでも深雪や悪雪に強いファットスキーを履く方が増えています。
しかし、ファットスキーの多くはツインチップといってトップ・テールともラウンドシェイプで大きくベンドしたスキーがほとんどです。
滑るだけならそれで良いのですが、シールを使うとなるとその選択は簡単ではありません。
エンドフリー(貼り流し)ならば問題無く使えますが、1月2月などに何度もシールの脱着を強いられる山行ではテールから剥離してしまい大泣きすることも珍しくないのです。

かと言って、BDやG3のクライミングスキンでは定番となっている、金具をテールに引っ掛けウレタンのバンドでテンションをかける方式はツインチップでも一応は取り付けられるのですが、ブッシュに引っ掛けたり後続者のスキーと交差したときには簡単に外れてしまいます。
BD
のクリップフィックス(画像↓)は上記の方式よりはずいぶん良いのですが、やはり完璧とはいきません。

Siclip1 Siclip2


そこで、ツインチップスキーにBDやG3のシールを使用したいときには、どうしても他社製のパーツと組み合わせて使用する方法を採らねばならないのです。

私の場合“マジックマウンテン”が取り扱っている金具を使用して改造しています。テール側を“スタンダードバックル”トップ側を“ワイド・ラバーストレッチャー”という名称で市販されている金具に交換しました。

Sitail Sinorub
(左、テール  右、トップ)


しかし、多くのツインチップスキーの場合トップが尖っておらず緩い半円形状をしていますので、通常のラバーストレッチャーでは一番幅広のタイプを選んでも引掛かりが浅く、使用中にズレて外れそうで心配でした。
そこで今シーズンは、ラウンド形状にもフィットするといわれる“3Dストレッチャー”(画像↓)と呼ばれるパーツに交換して使用してみたのですが・・・。

Si3d Si3dhu Si3drub


なんと、何故か以前のノーマルストレッチャーより横にズレ外れ易いのです。

Si3dzure


結局現在はノーマルに戻して、ダイニーマの細引きで縛って絶対に外れないようにして使用しています。(画像↓・もう少し見栄えの良い構造を思案中)

Sinohimo


シールを買った上、さらに数千円の出費は痛いですが、「ツアー中にシールが剥がれて泣きを見る事を思えば安いもんだと・・・」と自らを納得させています。

|

« VISTA /Hcx の不具合・続報④ | トップページ | 絶対お奨め!“ブーツドライヤー” »

山スキー・バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

この手のシールは、、、スキー板にグラインダーで金具の「切りかけ」を入れると外れにくくなります。
今日「K2ダークサイド」金具取り付けました、、

投稿: べんさん | 2010年11月 4日 (木) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« VISTA /Hcx の不具合・続報④ | トップページ | 絶対お奨め!“ブーツドライヤー” »