« ディアミールのヒールレバーに安全対策を! | トップページ | MIZOのチタンスコップを小改造 »

2008年3月26日 (水)

“ポジドライバー”って?

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


(以前のwebサイトの記事を再校した内容です)

欧米製のスノーボードビンディングの一部と、テレマークを含めたスキーのビンディングの取り付けや調節にに多く使われているビスの殆どは、直径とピッチはISO規格のであっても頭の十字溝の部分はポジ(POZI)ドライブ規格のビスです。わが国ではこのネジの規格は一般的ではありませんが、英国車などには古くから使用されていましたので外車のオーナーにはご存知の方も多いと思います。

  Pozitlt Poziblax
(写真はポジドライブビスを使用したDYNAFITのビンディングとBLAXのハードビンディング)

スキービンディングに使用されているビスは一見普通のプラスネジに見えますが実際は殆んど全てが我が国では特殊の部類に入る“PZ3”というポジドライブ規格のネジです。

Poziph
(左がポジドライブの♯3/右はフィリップスの♯3、違いが判りますか?)

まあ、普通の場合プラスドライバー(フィリップス)の3番で回る事は回りますので気付かないのですが、この融通性が曲者でトルクの掛かる締め付けをするとビスの頭をナメて潰してしまい取り外しの際にどうしようもなくなってしまう事も少なくありません。これは普通のフィリップス規格のビスがポジ規格のドライバーでは使用不可(奥まで入らないので適合しないと直感的に判る)なのに、反対にポジ規格のビスは普通のプラスドライバーでも何とか使用できてしまうという中途半端な片務互換性があるためですが、適正な工具使用という観点からは完全なルール違反と言わざるを得ません。

スキー量販店などでもビンディングの取り付けにポジドライバー(PZ・No.3)でなく普通のプラスドライバー(PH・№3)を使っている所があり、しかも電動工具に普通のプラス(PH・№3)のビットを組み合わせて使っているような場合はネジの頭を潰してくれと言っているような物ですから、こんなショップにビンディングの取り付けなど依頼する事自体が間違いといってもいいでしょう。

スノーボードのビンディングについては通常のプラス(フィリップ規格)ネジが使われている場合が多いのですが、ポジ規格のビスも一部で使用されています。特に欧州メーカーのハードビンディングには取り付けネジ以外に本体の調節用にもポジネジが使用されています。写真は私のBLAX(HEAD)のハードビンディングですがF2のハードビンも同様に、取り付けネジを含め全てのビスがポジ規格に統一されています。皆さんも一度ご自分の道具を点検して、ポジドライブネジを使用しているようなら適正なドライバーの入手を考えてはかがでしょうか?と、言うわけでこのポジドライブについて解説しようと思います。

 

【ポジ規格のメリット】

チョット見ただけでは区別ができないと思いますが、通常のプラスネジでは頭の十字形の溝に外広がりのテーパーがついており、当然それを回すドライバーも十字形断面の先端から根元にかけてネジと同じテーパー形状をしています。これと比較してポジ規格のネジの十字溝は表面から底までテーパーは無く平行な溝に作られており、これを回すドライバーも十字形の4枚の凸部の厚みが均等となっています。この形状のメリットですが、通常のプラスネジにプラスドライバーを使用した場合、先端を挿入しやすくする為に付けられたテーパーが災いして、カムアウト現象というドライバーが溝から外れようとする力が生じ、結果としてネジの頭をナメてしまうのです(スキーのビンディング取り付けネジを普通のプラスドライバー№3で回すのは、ポジ規格のビスを普通のプラスドライバーで回す事になりますから、点接触となりさらにこの傾向は強まります!!)。ポジ規格ではテーパーが無く回す側も回される側も平行ですからカムアウト現象は起きず、結果としてネジの頭をナメる事無くより強いトルクで締め付けができるのです。

【ポジ規格ネジの判別法】

ネジの頭を上から見てドライバーの先端が嵌まる十字形の溝だけが観察できるのが一般的なプラス(フィリップス規格)ネジ。これと比較して十字形の溝の間に45度の角度で放射状のケガキ線が4本刻まれているのがポジ規格のビスです。(この他にポジドライブと同じ英国のEIS社がパテントを持つ“スパドライブ”規格のネジもありますが、こちらはビスの頭に対角に2本のケガキ線がある事で見分けができます。

Pozibis
(左・フィリップス/右・ポジドライブ、4本のケガキ線に注意)

【ポジドライバー】

ポジ規格のビスを回すのはもちろんポジドライバーです。写真のように先端の4つのV字型の溝があるのが普通のプラスドライバー。V字溝の中央に小さな尾根状の出っ張りが観察でき4つの凸部が先端から均一な厚みになっているのがポジドライバーです。また、ドライバーの柄に、普通のプラス(フィリップス)ドライバーには№2とか№3、と表記されている場合があるように、ポジドライバーにも“PZ2”とか“PZ3”と表記されている事もあります。



Pozity
(ポジドライバーの先端を2方向から見たところ)

また、以前はスナップオン等の非常に高価な輸入工具を買うか、シアーズ等の海外通販を利用する以外入手が困難だったこのポジドライバーも、最近では市中の工具専門店でも入手できるようになりましたので(残念ながら普通のホームセンターにはまず無いでしょう)、特にテレマーカー・山スキーヤーやハードビンディングのボーダーなどポジドライブビスを使用の道具を御使用の方はポジドライバーの3番を1本持っていても絶対に損は無いはずです。

Pozi3
(ポジドライブの♯1・♯2・♯3、DYNAFITビンディングシステムのメンテには♯2・♯3が必要)

またこのポジドライバーの小型のビットは、BD社のツールセットなどには含まれていても、ホームセンターなどでは市販されていないようです。
そこで、私はパワーツール用のポジドライブ・ビットを短く切って他のドライバービットと同じ6.35ミリのハンドルに差し替えて使えるようにしてツアーに携行していますが、これはかなり便利です。

Poziset
(私のツアー用工具セット)

|

« ディアミールのヒールレバーに安全対策を! | トップページ | MIZOのチタンスコップを小改造 »

山スキー・バックカントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ディアミールのヒールレバーに安全対策を! | トップページ | MIZOのチタンスコップを小改造 »