« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

スキー・シールのカット面処理

便利度 :★★★★☆
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


最近では山スキーヤーのほとんどがスキーのサイドカーブに合わせてシールをカットしていると思います。
トリミングツールやカッターで整形するのも手間の掛かる作業ですが・・・、作業を終えた段階で悩むのがシールの切断面をどうするのか?という問題です。

以前使ったマジックマウンテンの取り扱っているスイス製シールの説明書には、たしか「切断面をハンダ鏝などで焼いて・・・」などと書いてありましたし、“コールテックス”のシールには専用のエッジシーリング(目止め液)が付属し、説明書(画像↓)にも「この作業は重要です!」みたいな記載があります。
このようにヨーロッパ製のシールメーカーは概ね切断面の処理をサジェスチョンしているようです。

Pike1
(コールテックスのマニュアルと付属のシーリング剤)

対照的にアメリカ製の“アセンション”や“BD”のシールのマニュアルにはこのような記載は一切ありません。
おそらくアセンションなどは植毛してある基布にラバー様の素材(?)をシート状にコーティングして、その上にグルーを塗ってあるため、切りっ放しでも基布の繊維が解れる事が無いのだと思います。(そのためこれらのシールは重たくて嵩張るのでしょう)
私も“アセンション”や“BD”のシールでは切断面の処理を行っていませんが、それで特に問題が発生したことは今の所ありません。

それに対し、コールテックスやポモカやモンタナ等のヨーロッパ系のスキー・シールは植毛した綿の基布に直接グルーを塗ってある?物がほとんどで、切りっ放しだとそこから解れや抜け毛が起きやすくなると言う事なのでしょうか?。
私も、以前はこのタイプのシールをカットした時には大型のハンダ鏝で切断面を焼いていましたが、この作業は想像以上に面倒な作業なのです。

そこで、単独購入ができないコールテックスのエッジシーリング剤に替わる同等品は何かないかと探していた時、出会ったのが、手芸用の解れ止め剤“ピケ”だったのです。

Pike2
(大型の手芸用品店でないと在庫が無いかも・・・)

使用法は切断面にこれを少しづつ染み込ませながら塗り進めていくだけですから、特に説明の必要は無いでしょうが、使用した感じではコールテックスの“エッジシーリング”よりも浸透力があって結構いい感じです。
1個5~600円位だったと思いますが、そこそこ量がありますので少なくても3~4ペアのシールは余裕で加工できると思います。


Pike3

高価なスキー・シールをできるだけ長持ちさせたい人や、切り売りのロール・シールで自作する人、あるいは軽いヨーロッパ系のシールをハードに使う山スキーレーサー等は、一応これでカット面処理をしておけば安心でしょう。

| | コメント (3)

2008年5月22日 (木)

続・MSRライトニングの改造②

便利度 :★★★★★
工作度 :★★★★☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


【“MSR/ライトニング・アッセント-改”Prototype No.3の製作】

前回の“ライトニング・改”もテストの結果が良好でしたので、今回はその結果を踏まえよりシンプルな構造で製作してみました。
新たに加わったコンセプトは、ランドーネブーツだけでなくソールのフラットな普通のスキー靴でも使用できる構造にするということです。

Shoe3 Shoe1
(こんなにシンプルな外観となりました)

 《これまでと変わった点は》

①ベースプレートを一調節機能の無いシンプルな構造にして、長さはシュー本体の滑り止めの付いたサイドメンバーの直前までとした。
素材はチタンの1.5mm.厚にしましたが、これはこれしか手持ちの材料が無かった関係で、本来は1.2mm厚にしたかったというのが本音です。

②トーベイルはMIZO製のワイヤー金具(要・加工)とした。
これは少々癖のあるパーツですが、ランドーネブーツでもつま先の細いアルパインブーツでもコバさえあればフィットさせることができます。

Shoetoe
(アルパインブーツやランドーネブーツなど、どんな爪先のRでも柔軟に対応できる)

また、このパーツを使用すると取り付け穴とつま先の位置関係がKAJITAXのベールより後方になってしまいますが、大勢に影響はなさそうなので今回はトー周りの設計は変更しませんでした。

③ストラップシステムは極限までシンプルにしようと試み、2本のストラップを踵の上でクロスさせ、サイドでバックル留める構造にしてみました。

Shoex1 Shoex2

または画像↓のようにストラップを踵のコバの上を回してから甲の上でバックル留めする方法にすると上記の方法よりもさらにしっかり固定できますが、脱着はちょっと面倒になります。

Shoek1 Shoek2

単純な方法ですが、この構造の場合ストラップの第一の役目はトーベイルに向かってブーツを前方に押し付けることですので、これでも結構がっちりと固定できます。

構造がシンプルなので画像を見ていただければ一目瞭然だと思います。
また重量はオリジナルの(07-08モデルよりも軽い)06-07モデルのビンディング単体で実測264gですが、今回の改造モデルでは材料の関係でメンズモデルでは271gと僅かに(7g!)重くなってしまいました。
しかし、ウィメンズモデルでは255gに仕上がりましたからこちらは大成功です。

Shoemw1 Shoemw2
(ウィメンズモデルではベースプレートの長さがやや短い)

さらに、1.2mm厚のチタンを使うか、強度は低下するかもしれませんが1mm厚のチタンを使えばオリジナルよりも格段に軽量化が可能だと思います。

バックル式の方が見栄えのカッコ良さでは勝っているのかもしれませんが、ストラップ式もシンプルイズベターではないでしょうか?
また、現在画像にある試作段階のアイゼンバンドからオリジナルのラバーストラップを流用する方式に改良中です。

| | コメント (9)

2008年5月15日 (木)

スキー靴のシェル出し(補足情報)

便利度 :★★★★★
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :★★☆☆☆


以前の記事でスキーブーツのシェル出しを自分で行う方法を①~③回に分けて紹介しました。
これは、自作のピンチクリアー(市販の深型Cクランプと削り出しパーツを組み合わせたもの)とヒートガン(ヒーティングガン)を使ってスキーブーツのシェルを変形させ、自分の足にフィットさせるという単純な作業なのですが、シェルを加熱する温度をいかに管理するかが最大の課題となります。
温度が低すぎると塑性変形域に達さず、またシェルを加熱しすぎると数万円のブーツが数分で粗大ゴミとなってしまう危険性もあるからです。

Alltool_1  Sd3
(シェル出しに使用する道具一式㊧と、自作のピンチクリアー㊨)

そこで、前回私は温度管理を正確に行い失敗の無いように、放射温度計を使ってブーツの表面温度を確認しながら作業をする方法を紹介したのですが、実は私はその時点で温度調節可能なヒートガンを所持していませんでした。

その後、工具の激安?通販店でかなりお買い得な温度調節式のヒートガンを見つけ、さらに期間限定大特価(5,000円弱!)で購入しましたので、これでシェル出しを行ってみたところ、さらに安全に作業ができましたので改めて紹介することにしました。

なお、以前の記事でヒートガンの代わりに「大型のヘアドライヤーでも可能かもしれない・・・」と書きましたが、その後1000Wのヘアドライヤーでテストしてみましたら、対象を80℃位までしか加熱できませんでした。
この温度では、シェル出しにはやや力不足です。

Sd1
(これまで使っていたヒートガン㊧、と値段相応の造りだが温度調節可能なヒートガン㊨)

まず、手近なダンボール板などにヒートガンの熱風を当て、放射温度計で表面温度を確認しながら温度調節のダイアルを調節し、約100℃で安定した状態になったらダイアルに油性ペンでマーク(画像↓)をつけます。
外気温により噴出する熱風の温度は変化しますから、だいたいの目安で良いと思います。
実際の作業に当たっては、このマークを中心に温度を90℃~110℃位の間で微調整してください。(実際のブーツ表面温度は、放射温度計で90~100℃の範囲で作業することをお勧めします)

Sd2

あとは、以前に紹介した方法で、強力マグネットを使い足がシェルに当たる箇所を正確にマーキングして、ピンポイントで最小限にシェルを塑性変形させれば良いのです。

Bootspress
(↑これは舟状骨部分を加工しているところ)

【今だから話しますが・・・私は、かつて某プロショップで、「足の骨格運動が云々・・・」などと、足の骨格模型を振りかざして整骨師のような小難しい薀蓄を語って客を煙に巻いて結構な金額を請求したあげく、見当違いのところを加工してしまい、再加工を要求するとあからさまに不機嫌な顔をして「アンタみたいなブス足には苦労するよ!」と宣わった、自称スペシャリストと関わって、嫌な思いをしたことがあります。
実は、これが自分でシェル出しをしようと決断したきっかけでもあったわけですが・・・。

特に舟状骨の突起などはピンポイントでシェル出しできれば、骨格の動きなど無視しても特に問題は生じませんし、小指の関節の突起にしたって足幅全体でなく小さなRで最小限の変形にとどめればブーツのセンターラインが大きく変わることも無いはずです。
ブーツの中で足が内転したとき舟状骨は下に、内踝は膝を前に出した時に斜め前に移動する、あるいは自分の足は膝を入れたときにどのように回転しようとするかなど、基本的な知識さえあれば、“当たり出し”程度のシェル加工は「素人には困難」と言うほどの特殊技術ではありません。
私は競技スキーヤーではなく、単なる中高年山スキーヤーですから、とりあえず足に当たって痛い所を無くすことを最優先すればそれでいいのです】


当然、放射温度計で加熱状態を確認しながらの作業となりますが、以前の400℃以上の熱風が吹き出されるヒートガンと違い、温度調節式のヒートガンで110℃位までしか表面温度の上がらない状態で作業すれば、“ネストール(専用の遠赤外線ヒーター)”を使わなくても、アマチュアでも、加熱し過ぎる心配も無く安心して作業することができます。(以前の記事では書き忘れましたが、ピンチクリアーのボールの部分は作業の前に十分暖めておく必要があります)

今回は第5中足骨の前端骨頭(簡単に言えば小指の付け根!)の当たる部分のシェルを少々出してみましたが、以前のように過熱に気を使うことも無く、スムーズに作業ができました。

Sd4
(シェル出しを行ったブーツ㊨、と未加工の同じ型のブーツ㊧、輪郭の違いに注目)

また、この温度調節式のヒートガンは、アダプターを自作すればインナー成型専用のヒートライザーと同じ機能を持ちますから、サーモインナーを自宅で簡単に焼くこともできそうです。試してみたらまたご報告したいと思います。

〈追記〉
高価な新品のブーツを自分でシェル出し加工するのは勇気が要るかもしれません。
もちろん、足の骨格に合わせシェル全体を再成型するような高度なブーツチューンは、素人の手に負えるような作業ではありません。

しかし、部分的な当たりを解消する程度のシェル出しは決して難しくはないですし、経験上ほとんどの場合これで問題は解決してしまいまうのです。
私は家族・知人の分を含めると、ここ数年でも10足以上(たぶん、数十箇所?)ブーツのシェル出しを行いましたが、1回もブーツをダメにしたことはありませんし、現在まで耐久性に問題が出たこともありません。
もし挑戦しようという方がいらっしゃいましたら助言は惜しみませんので、遠慮なくご質問ください。

なお、強力なネオジウムマグネットを使うシェルのマーキングについては、5年ほど前から実行している私のオリジナルアイデアだと自負しているのですが、以前にどちらかで紹介されていたのをご存知の方、あるいは「俺が元祖だ!」という方はご一報ください。謹んで訂正いたします。

また、ブーツを購入する時は、ショップに「必要なら後日でも無料でシェル出しをしてもらうのを条件としての購入である」とのを確約をとっておきましょう。
そして、、実際に使用してみて当たる所があるようなら、自分でマグネット法を使い、ブーツの当たる正確な位置をマーキングしてから、ブーツを購入したショップにシェル出しを頼めば、自分でシェル出しをしなくても、金も掛からずより正確な加工ができると思いますよ。


【追記】
その後、2011年に 『初心者でも失敗しないシェル出しシステム①』  『同 ②』の記事を追加しましたのでご参考に!

| | コメント (13)

2008年5月 9日 (金)

パックタオルはXLサイズがお得

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆

誰でも山にはタオルを持って行くはずです。
そして、山で使うタオルなどは高級品でも安物でも使い勝手にはあまり差はありませんから、見栄を張らなければ「○×工務店」などと印刷された貰い物のほうが気兼ねなく使えて良いのかも知れません。
しかし、山道具マニアの私としては、それでは味気無いのでMSRの“パックタオル”を使用しています。
タオルとしてはかなり高価格でコストパフォーマンスでは安物のタオルには及ばないかもしれませんが、吸水性や速乾性などを考えるとその機能性はそこそこ高いと言う事だけは確かです。
私も、使用するまでは「なんでタオルがこんなに高いの・・・?」と思っていましたが、一度使ってみたら結構気に入って現在まで使い続けています。

Pt2
(パックタオル各種・右端はMSRブランドになる前のパックタオル)

パックタオルには“パックタオル・オリジナル”“パックタオル・パーソナル”“パックタオル・ウルトラライト”の3種類があり、私はウルトラライトとオリジナルを持っています。
基本的に登山には単位あたりの重量がオリジナルの半分のウルトラライトが適していると思われますが、肌触りや吸水性などを考えるとオリジナルも捨てがたい魅力があるので、私はこれを多用しています。

また、パックタオルにはSからXLまで数種類の大きさがありますが、一番大きなサイズと小さなサイズを比べると、同じ素材であるにもかかわらず単位面積当たりの価格は約2倍の差があるのです。
そこで私は、オリジナルのXLサイズ(かなり大きい!)を購入し下の画像のように4~6分割して使用しています。

Pt1

大きい2枚は普通のタオルとして、正方形のは雑巾など多用途に、そして小さな長方形の2枚はスキーのシールと一緒に携行して(画像↓)滑走面の水滴をふき取るのに使用しています。

Pactow
(シールを貼る前の水分除去には最適です)

このように分割すると、引っ掛けるループ付きの部分は1枚になりますので残りの何枚かには自分でテープを縫い付けねばなりませんが、コスト的に考えても大変お買い得になると思いますよ。

| | コメント (0)

2008年5月 2日 (金)

過去の記事一覧(~2008/4月)

過去の記事を一覧表にしてみました。
(直接リンクはしていませんので、ご覧になりたい記事がありましたら年月日で探してください)

PRIMUS"EtaPower"をモディファイしよう②      08/04/24 
PRIMUS"EtaPower"をモディファイしよう①      08/04/17   
PRIMUS/Etapower を早速いじる!       08/04/14 
大型のシール袋を作ろう        08/04/11   
MIZOのチタンスコップを小改造       08/04/03 
“ポジドライバー”って?        08/03/26   
ディアミールのヒールレバーに安全対策を!      08/03/19   
ロータリーブラシを買いました       08/03/11 
絶対お奨め!“ブーツドライヤー”       08/03/04 
ツインチップ用にシールを小改造       08/02/26   
VISTA /Hcx の不具合・続報④       08/02/20   
“スキートレーサー”を作ろう!       08/02/19   
新・自作スプリットシール ②(パーツ編)      08/02/12   
VISTA /Hcx の不具合・続報③       08/02/08 
新・自作プリットシール ①        08/02/08   
VISTA /Hcx の不具合・続報②       08/02/07
新型スキーシール・トリムツールを作る②     08/02/04   
新型スキーシール・トリムツールを作る①      08/02/02 
ファン付きゴーグルをプチ改造      08/01/31 
今度は“BDとLIFELINKの”合体だ!       08/01/25   
VOILEのクトーは好いですよ!       08/01/17 
VISTA/Hcx の不調(続報)        08/01/10   
スプリットシールを自作する!②       07/12/19   
DAINAFITはどう変ったか        07/12/17   
続・MSRライトニングの改造        07/12/15 
DYNAFITのクトーを改良する        07/12/13   
GPS3種類の燃費?比較       07/12/11   
スプリットシールを自作する!①       07/12/09   
Vista-HCx 日本語版、その性能は?②      07/12/08
D.I .Y. サーモインナーを焼く ③       07/12/07   
DYNAFIT/ヒールリリーサーの製作       07/12/05   
DYNAFIT の冬、到来!        07/12/05   
Vista-HCx 日本語版、その性能は?①      07/11/29   
MSRライトニングの改造④        07/11/28   
MSR・ライトニングの改造③        07/11/27
“JETBOIL”の系譜         07/11/25 
MSR・ライトニングの改造②        07/11/22
MSR・ライトニングの改造①        07/11/16 
PRIMUS・P-123S・改/チタン仕様       07/11/13
D.I .Y. サーモインナーを焼く ②       07/11/09
D.I .Y. サーモインナーを焼く ①       07/11/02   
“タイベックシート”まだありますよ       07/10/29   
“フロアレス・シェルター”の限界は?      07/10/26
MPシェルター用ポールジョイントを作る      07/10/19 
“MSAS”運用開始!しかし・・・       07/10/12 
“ゴム太郎”お薦めします!        07/10/05
“LED”を交換する        07/09/28   
“タイベック(Tyvek)”シートを使う       07/09/21   
個性派シェルター/MSR・ミッシングリンク      07/09/15   
便利だよ“つめかえ君”        07/09/08 
D.I .Y. スキー靴の“シェル出し”③        07/08/31
焚き火の“着火剤”         07/08/24   
トリチウムの“ヘッ電”マーカー       07/08/17   
“ヒルノック”は登山でも有効か?       07/08/10   
D.I .Y. スキー靴の“シェル出し”②       07/08/04   
“塩化アルミニウム”によるフットトリートメント  07/07/27   
D.I .Y. スキー靴の“シェル出し”①       07/07/22   
強力!“パワー森林香”        07/07/19 
MSRスノーシューの改造        07/07/16 
ダイニーマロープ用デセンダー       07/07/16   
防虫ネット付きシュラフカバー①       07/07/16 
プリムスP-113“ ウインドシールドDX”の製作      07/07/16   
GARMIN/MAP60CsX日本語版        07/07/16   
MIZOの沢用ハンマー         07/07/16   
アクアステルス沢靴インプレッション       07/07/16   
プリムスP-113用ウインドシールドを作る      07/07/16   
ダイニーマロープを使う        07/07/16 
ジェットボイルをいじる        07/07/16   
“プリムス P-153” 用ウインドシールド      07/07/15 
絶賛!GARMIN用の社外品地形図       07/07/15   
BC用軽量ピッケルに改造しちゃおう       07/07/15   
ダイニーマロープ With バッグ       07/07/15   
防虫ネット付きシュラフカバー②       07/07/15   
アクアステルス用“ピンソールもどき”        07/07/15
“熊スプレー”と“自作ストッカー”        07/07/15
“ピンソール・ミニ”もいじっちゃう        07/07/15
丸型飯盒はスグレモノ     07/07/15     07/07/15
ピンソールをいじっちゃう     07/07/15

| | コメント (4)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »