« “Princeton Tec”を使う理由 | トップページ | GARMIN/topo10M・Ver.8 は「買い!」か?② »

2008年6月29日 (日)

GARMIN/topo10M・Ver.8 は「買い!」か?①

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


ガーミンから、MAP60-Csx や VISTA/Legend-Hcx 使用者待望の、10メートル間隔等高線入りの2万5千分の一日本地形図“TOPO・10mVer.8”がリリースされました。

これまでのガーミン純正のマップソース“日本地形図(TOPO10M)Ver.7”(画像↓)は、等高線の描写は標高10メートルごとと地形の把握には役立ちましたが、唯一の問題は登山道や林道の表示が全くなされなかった点です。

Topov8

そこで、以前の記事でUUD製作所の地形図(TOPO)をご紹介しましたが、こちらは地名表記はアルファベットななものの、 純正同様10Mごとの等高線が表示でき、さらに登山道や林道の表示もできるので、私はこちらを主に使用していました。
もちろん、登山道に関しては実際の地形とは食い違っている部分もありますが、概ね正確で、現在地の把握にはたいへん有用です。

Topouud  Uud2
(UUDの“25000Roadmap with TOPO”と“TOPO+”があれば10M等高線と登山道が教示される)

『余談ですが・・・、昨年久々に“杉田川”を遡行しましたが、ここは詰めの手前で廃道となった山道を見つけてそちらに逃げるのが正解なのです。
前回遡行した時は大迷いして大変でしたが、今回はGPSでUUDの地形図を使用したら、なんと廃道になったはずの山道まで表示されており、すんなりと下山できました。』


そんなわけで、私としては「山ではUUDの地形図以外は考えられない・・・」という状況が長く続いていたのです。

しかし、最近某代理店よりGARMIN純正のマップソースで登山道表示が可能なTOPO・10mVer.8が発売されるとのメールが・・・、その宣伝文句には『DEMデータ(標高データ)が付属されているため、標高別に色分けされた地形陰影表示が可能です。V8からは登山道や崖マークが収録されています。※崖マークの高さは正確ではありません。(原文ママ)』とあります。
登山道に加えて崖マークが正確に表示されるとなると、現在地の確認がより簡単になること間違い無しです。
さらに、添えられた『旧Ver.購入者には期間限定で優待バージョンアップ価格にてご提供!』との甘言にまんまと嵌められ(迂闊にも!)反射的にネット注文してしまったのです。

Topov8b  Opov8c
(誇らしげな“登山道&林道情報収録”ロゴ入りのVer.8パッケージ)

さて、マップソースをPCにダウンロードし、ガーミンのサイトに行ってロック解除コードを入手し、さらにVISTA/Hcxに全領域をアップロードするのにたっぷり3~4時間かかります。
UUDの地図は全部入れても1Gバイト以内で収まりますが、このガーミン純正のマップソースはたっぷり2Gバイト近いボリュームですから時間が掛かるのも仕方ないのでしょう。

並行してマイクロSD版の“TOPO/Ver8”も販売されるそうですから、それを待って購入すればこんな手間は必要ありませんし、機種交換や複数のGPSユニットを所有している場合でも1つのマップソースが使い回しができますから経済的でもあります。


さて、優待価格とはいえ大枚一万五千八百円也!・・・この純正のマップソースの実力は如何なものでしょうか? また、UUDの地図と比べてどちらが「買い!」なのでしょうか?

これからテストを開始いたしますので、追ってレポートしたいと思います。

〈以下、続く!〉

|

« “Princeton Tec”を使う理由 | トップページ | GARMIN/topo10M・Ver.8 は「買い!」か?② »

ハンディーGPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Princeton Tec”を使う理由 | トップページ | GARMIN/topo10M・Ver.8 は「買い!」か?② »