« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

小型風速計で遊ぼう

便利度 :★★☆☆☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★☆☆
危険度 :☆☆☆☆☆
(必需品というより玩具として・・・)


Sw3

山で一番恐ろしいものは何でしょうか?
昨年は幸いに山中で熊と出会うことはありませんでしたが、一昨年は何と一夏に2回も遭遇し肝を冷やしました。
あと“生き物系”では、キワドイ高巻きの途中でスズメ蜂に威嚇されるという恐ろしい思い出もあります。

また、ズルズルの5級草付きでのランナウトも全身の産毛が逆立ち、鼻の奥にアドレナリンの匂いを感じるような恐ろしさでしたし・・・。
それから・・・落石・・・。バウンドし粉々に弾けながら唸りをあげて耳元をかすめ、焼けたような独特の臭気を残して飛び去る落石なども失禁モノの恐怖です。

しかしそんなモノにも負けないくらい恐ろしいのが山での強風ではないでしょうか?
大昔・・・、冬の富士山・屏風尾根での強風初体験の思い出ですが・・・、耐風姿勢をとっても身体ごと持っていかれそうな恐怖感から数分以上も身動きがとれず・・・強風が息をついた瞬間に数歩登ってまた耐風姿勢をとって次のブローに備える・・・しかも滑落したら即アウトのカリカリの氷の急斜面でです・・・その数分が1時間にも感じられるような切実な死への恐怖を際限も無く強いられました。
なんとか吉田大沢に逃げ込んだ時には、さすがに精根尽き果てるほど参ってしまい、もう山は止めようとさえ思った記憶があります。

その後も強風には何度も叩かれましたが、その時の事を後日思い出して話をしても、その時の強風が風速何メートルだったのかは「たぶん○○メートルはあったと思う・・・」といった漠然とした話題にしかなりません。
ましてや普通の山登りの最中、今吹いているのは風速何メートルの風、などと言ったところで、それはほとんど主観の域を出ない数字ではないでしょうか?

ウン十年前の話ですが、大学の新入部員の時『風力階級(表↓)』というのを無理やり覚えさせられ、それが今でも結構役に立っているのですが、それとて山ではあまりあてにはできません。

風力1    風速0.3~1.5 (m/s) 煙がなびく。

風力2    風速1.6~3.3   顔に風をかんじる。木の葉がゆれる。

風力3    風速3.4~5.4   木の葉や細い枝がたえず動く。旗がはためく。

風力4    風速5.5~7.9   砂ほこりがたち、紙片が舞う。小枝が動く。

風力5    風速8.0~10.7   葉の茂った樹木がゆれ、池や沼にも波頭がたつ。

風力6    風速10.8~13.8  大枝が動く。電線が鳴り、傘の使用が困難となる。

風力7    風速13.9~17.1  樹木全体がゆれる。風に向かうと歩きにくい。

風力8    風速17.2~20.7  小枝が折れ、風に向かうと歩けない。 

風力9    風速20.8~24.4  煙突が倒れ、瓦が落ちる。

風力10   風速24.5~28.4  樹木が根こそぎになる。人家に大損害が起こる。

風力11   風速28.5~32.6  めったに起こらないような広い範囲の大損害が起こる。

風力12~風速32.7~   被害甚大。記録的な損害が起こる。



そんなことを思い出していた時、運悪く?ネット上でスイス製の小型風“Xplorer 2”(画像↓)なるものと出会い、例によって物欲に負けて購入してしまいました。
(他に高度計機能付の上級機種もあったのですが、私は特に必要性を感じませんでしたので風速と温度のみの2番目に安い機種を選びました)

Sw1  Sw2

たまたま、使っていなかったナイフのケースがぴったりサイズでしたのでそれに入れて山に持って行っていますが・・・、実際に計測してみると、若かりし頃憶えた風力階級と「当たらずとも遠からじ」といった感じだったりして結構楽しいですよ。

| | コメント (0)

2008年7月24日 (木)

“マイクロマックスUL”のウインドシールド③

便利度 :★★★★★
工作度 :★★★★☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :★★☆☆☆
(改造は自己責任で!)


“マイクロマックスUL”のウインドシールド②、からの続きです!

Wscomp1_2
(完成した状態)

次にウインドシールド側の取り付け部分を造ります。
この作業では、厚さ1ミリの正方形のチタン板のセンターに、3個のゴトクのスリットの内側にジャストで内接する直径の穴を開けなければなりません。

ノギスで大まかな穴の半径を割り出し、サークルカッターをその寸法に調整して切削しますが、まずは1ミリ厚のアルミ板のテストピースに穴を開けてみて実際にストーブと組み合わせながら微調整を繰り返し、それから本番に臨んだたほうが無難です。
私もアルミ板で2回試作して寸法合わせした後、本番のチタン板を加工しました。
地道な作業ですが、失敗をしたくなかったらこのような段取りを惜しんではいけないと言うのが、私が過去の苦い経験から学んだ教訓です。

Testp
(左の2枚がアルミのテストピース、右が製作中のチタン製プレート)

さて、このパーツがバーナー部のスリットとキッチリ組み合わさるのが確認できたら、一回り大きな穴を開けたチタンクッカーの蓋と組み合わせてアルミのリベットで留めすればめでたく完成です。(画像↓)

Wscomp0

手持ちのクッカーの蓋を流用したため、少々深さがありすぎて、大きすぎる鍋ですと底とウインドシールドとの隙間がなくなってしまいす。
この状態だと深型の1.5リットルクッカー位までが精一杯のようですから、今後チタン板とウインドシールド本体の間にスペーサーを入れるか、あるいはちょうど良い寸法のチタン製の皿などの材料が入手できたら作り直してみたいと思います。

また、完成重量は64gと丈夫にした分重くなってしまいましたが、純正の小さな“チタン地オート”のウインドシールド(スクリーン)が57.5gですから、この自作ウインドシールドもその効果を考えればまずまずの軽さだと思います。

しかし、ここであらためて感じるのは56gのストーブ本体が如何に軽く仕上がっているか、ということですね。

Wswait

実際にテストしてみても、取り付け強度に関しては予想以上にしっかりと組み合わされ、通常の使用では容易には外れそうもありません。
また、肝心の防風機能ですが、大きくて深さもあるため多少の風があっても炎が流されたり飛んだりすることもなく、効果絶大といった感じです。

Wscomp2  Wscomp3

まだ課題は残っていますが、まずまずは大成功といったところでしょう。

㊟ 一連の画像では便宜上(?)スノーピーク社指定外のガスカートリッジを使っています

| | コメント (0)

2008年7月17日 (木)

“マイクロマックスUL”のウインドシールド②

便利度 :★★★★★
工作度 :★★★★☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :★★☆☆☆
(改造は自己責任で!)


“マイクロマックスUL”のウインドシールド①、からの続きです!

Ul_2
(↑画像は後述の切り欠き加工済のものです)

さて、最初で最大の問題は“マイクロマックスUL”にどのような固定方法でウインドシールドを取り付けるかです。

以前ご紹介したように、プリムスP113のウインドシールドはストーブ・ベース部を加工して共締めする方法、あるいは被せて載せるだけの簡単な方法でも対処できました。
また、プリムスP153では、ステンレスピンでゴトク部にウインドシールドをしっかり固定する方法を選択できました。

しかし、この“マイクロマックスUL”では構造上いずれの方法も一長一短で採用困難な印象です。
また、軽量に仕上げたいし、複雑な構造やピンなどの部品を要する方法もできれば採用したくありません。
ストーブを手にして色々考えた結論は、板状のゴトク部分を切欠いて浅いスリットを入れ、ウインドシールドにそのスリットの内法寸法に合った円形の穴を開け、畳んだゴトクを展開しながらゴトクのスリットに穴の内縁を嵌め込んで固定する方法を思いつきました。(表現力が乏しいため言語では表現できません!画像↓をご覧ください)

Set1  Set2  Set3
(㊧から㊨画像のように順番に展開すると固定される)

さて、設計が済めば早速加工です。
まず、画像のように3枚のゴトクの同じ高さの位置にスリットを切欠きます。
この位置でこれくらいの大きさでしたら実用上の強度は十二分に確保できるでしょう。

Slup1  Slup2
(加工済みの状態・この溝にウィンドシールドが固定される)

当初は分解してゴトク単体をフライス盤に固定し、1.5ミリのメタルソーで切欠き加工しようとしましたが、このストーブは混合管とバーナーヘッドが圧入嵌合で固定されているようで(?)事実上ゴトク部分の分解は不可能と判断して、完成状態のまま加工しました。
ゴトクの形状は重なり合う関係で3つとも形状が違いますので、スリットに段差ができないように注意してください。
ドリルと金工用の糸鋸を使って粗加工し、最後は精密ヤスリで形を整えました。

Set4  Set5
(ゴトクのスリットと円形の穴はこのように結合される)

次にウインドシールド本体を加工するわけですが、流用するチタン・クッカーの蓋に穴を開けただけでも特段問題は無いと思いますが、板厚が薄く燃焼時に加熱されると撓む事が予想され、また強度的に若干心配も残ります。
そこで、少々オーバークォリティーかもしれませんが、取り付け部のみ1mm厚のチタン板を加工したパーツ(上の画像の四角い板)を作って組み合わせることにしました。

〈以下、続く〉

㊟ 一連の画像では便宜上(?)スノーピーク社指定外のガスカートリッジを使っています

| | コメント (0)

2008年7月13日 (日)

GARMIN/topo10M・Ver.8 は「買い!」か?③

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★☆☆☆
危険度 :★★★☆☆
(評価は大幅に下方修正です)


(緊急!)

“TOPO 10M/Ver.8”については、以前の記事で読み取りにくさを指摘した登山道の表示についての変更パッチが公開されました。
その結果破線表記の見やすい画面表示となり、その対応の速さに感心したのですが・・・しかし・・・!

前回の“TOPO 10M/Ver.8”の記事では、「結構使えそう・・・」みたいな評価をしてしまいましたが・・・。
お読みになって信用された方々には申し訳ないのですが、ハッキリ言って“TOPO 10M/Ver8”はとんだ欠陥品だといわざるを得ない状況となりました。

まあ、ご覧ください。
これは、UUD製作所の“25000road+10mtopo”のPC画面での表示で、場所は双六岳周辺です。(画像をクリックして拡大してご覧ください)

Uudsugoroku

双六小屋は当然として、登山道は稜線上のみならず双六岳の巻き道や三俣蓮華への巻き道まで表示されています。
当然といえば当然ですよね。登山道が表示されるといって売っているのですから。

次は、全く同じ場所をGARMINの“TOPO 10M/Ver.8”で表示した画像です。

Garsugooku

呆れてモノが言えませんネ!
登山道がありません、全く表示されていないのです。(グレーの実線は県境で登山道ではありません)
おまけに双六小屋もこの地図では無いことになっているわけです。
槍ヶ岳から登山道を追ってみましたら、樅沢岳の手前で登山道がプッツリ途絶え、北ノ俣岳まで全く表記されていませんでした。

Garkitanomata
(修正パッチで破線表示となった登山道だが、北ノ俣岳で破線の登山道がプッツン!)

マイナーな帝釈山系や和賀山塊でと言うならいざ知らず、アルプス銀座と言われているこの場所でこのような状態なら・・・他は推して知るべし・・・。
UUDと同じだと思って使うととんだ遭難騒ぎにもなりかねません。危なくて使えたものではありませんね。

と言うわけで、これから“TOPO 10M/Ver.8”を購入しようとしている方はチョット待ったほうが懸命です。

また、他の山域で登山道表記に不備がある、あるいは地図に間違いがあるのをご存知の方は情報共有のため、コメントいただければ幸いです。

(追記)

その後、“TOPO 10M/Ver.8”にさらに一箇所道が無いところを見つけました。
剣沢小屋から真砂ロッジ経由で仙人池や、はしご段乗越から蔵の助平方面への登山道が平蔵谷手前あたりでやはりプッツンです。真砂ロッジもありません。
このコースは登山者のみならず、剱岳や八つ峰を撮影するカメラマンにとってかなりポピュラーなコースのはずなのですが・・・。

Garmasago

そして、同じ所のUUD製地図です。
やはり、しっかりと登山道が表示されています。

Uudmasago

“TOPO 10M/Ver.8”はダメダメですかね?
ご存知の方は、他の情報をコメントにてご提供ください。

| | コメント (0)

2008年7月10日 (木)

“マイクロマックス/UL”のウインドシールド①

便利度 :★★★★★
工作度 :★★★★☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :★★☆☆☆
(改造は自己責任で!)


最近、スノーピークから『世界最軽量・56g』を謳った、“ギガパワーマイクロマックス・ウルトラライト”という小型ストーブが発売されました。(画像↓)

Ul  Ulup1  Ulw

しかし、世界最軽量とはいってもこのストーブは基本設計からイグナイター(点火装置)を省略した構造であるため、これまで軽量ストーブの最右翼だった“プリムス・P113(イグナイター標準装備)”の76gと単純に比較して、どちらが軽いとは一概に判断のできないところもあります。
また、私はイグナイターの無いストーブには興味が無かったので(条件の悪い時だと、何回カチカチやっても点火せず、結局ライターのお世話になることがしばしばだったとしても・・・)、このストーブに関してはさほど興味はありませんでした。

私がよく使用するのは“プリムス・P113”ですが、これはイグナイター付きでも非常に軽く、日帰りやソロ用ならスノーピークの“チタン地オート”と並んで最高のストーブだと思います。
しかし、このストーブの弱点は鍋を載せるゴトク部分で、2人以上の山行で1.5リットル以上の鍋を載せるとなると完全に能力の限界を超えてしまう気がするのです。
そこで私は、複数人での無雪期テン泊山行で軽量化を図りたい場合は、若干重くてもゴトクが大きく丈夫な“プリムス・P153”(限定チタン仕様)を使用することにしていました。

P113 P153 Tto
P113w P153w Ttow
(㊧プリムスP-113 ㊥同、P-153 ㊨スノピ/チタン地オート)

ところが、先日山道具屋に新商品として展示してあった“ギガパワーマイクロマックス・ウルトラライト”を手にとってみると、非常に軽量なのと、それにも関わらずゴトク部分が予想以上に大きく、かなりしっかりした造りとなっていることに驚かされました。
これだったら、1.5リットル鍋でも十分耐えられそうですし、ストーブ自体の高さも低く、低重心で安定した調理ができそうな感じです。

Ulup2

イグナイター無し、ということで一瞬購入を躊躇しましたが、“チタン”と“最軽量”という言葉が私の物欲に火をつけ・・・!、案の定、即購入してしまいました。(我が家には一体何個のストーブがあるのやら・・・)

さて、自宅でこのストーブをあらためて観察してみると、全体に華奢な印象を受けるものの、細部までの丁寧な仕上げと意外にしっかりした造りに、所持すること自体の喜びを感じさせてくれる魅力的な製品だとあらためて感じました。

ただ、問題があるとするとカートリッジ取り付け部がアルミ合金にタップを立ててあるだけなので耐久性が心配なこと。(普通のアルミのベースではネジを切った真鍮のスリーブを圧入してある・画像↓)

V113  Vtto  Vul
(㊧P-113、㊥チタン地オートと㊨マイクロマックスULのカートリッジ取り付け部)

混合管とバルブ&カートリッジ取り付け部総てがアルミ合金製なので燃焼中に熱伝導で本体が下部までかなり熱くなりOリングの劣化が心配されること。
あとは、ゴトク下部の造りが繊細なので長期間使用しているととゴトクの定位置ストップの節度が甘くなるのでは・・・といった心配くらいでしょうか。(ゴトクがずれると鍋がひっくり返り大火傷という事態も起きかねないので、この点は何とかメーカーに改善をお願いしたいですね!)
また、どうでも良い事かもしれませんが、メーカーの仕様では 「材質:チタン・ステンレス・アルミ・ブラス」 となっていましたがバーナー部の裏側の円盤はどう見てもメッキ鋼板のようです。
“チタン・地”では「材質:チタン・アルミ・ブラス」の表記どうりバーナー部もチタンで作られていましたので、メーカーもせっかく此処まで拘った“マイクロマックス・ウルトラライト”ならこの部分もチタンを使用してもらいたかったですね。


しかし、この魅力的なこのストーブですが・・・、残念ながらこの製品にも本体固定型のウインドシールドのオプション設定が無いのです。

(私は、戸外でストーブを使用する場合ウインドシールドは絶対に必要だと感じていますし、メーカーも「ストーブをテントや室内で使用するな」と、大袈裟なコーションプレートを製品に取り付けてまで注意を促す以上、しっかりした防風対策を用意すべきだと思います。)

そこで、早速この“ギガパワーマイクロマックス・ウルトラライト”のウインドシールドを造ることにしました。

素材はいつものように激安バーゲンで買ったチタンクッカーと、チタン板です。

Wscomp1
(完成した状態)

〈以下、続く・・・〉

㊟ 一連の画像では便宜上(?)スノーピーク社指定外のガスカートリッジを使っています

| | コメント (1)

2008年7月 5日 (土)

GARMIN/topo10M・Ver.8 は「買い!」か?②

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆



前回の記事のでお知らせしたように、MAP60-Csx や VISTA/Legend-Hcx 使用者待望の、ガーミン純正の10メートル間隔等高線入りの2万5千分の一日本地形図“TOPO・10mVer.8”がリリースされたので早速レポートしてみたいと思います。

ただし、山でのテストはまだしていませんので、今回は歴代の10m等高線入り日本地形図のPC上での画面表示の差異について報告いたします。


まず、古いほうからガーミン純正の“TOPO・Ver.6”のPCディスプレイ上の地図表示を見てみましょう。
(以下、画像をクリックして拡大して比較してください)

To_v6
10メートルごとの等高線と県境は表示されているが登山道は全く表記されていない。
またVer.7のような陰影をつけた地形表現はできない。
まだCDメディアでの提供でした。


続いて、同じく純正の“TOPO・Ver.7”です。

To_v7
陰影のある表現で地形の把握はしやすいが、地図情報はVer.6と全く変わらず、登山道や林道表示も無いのでGPSでの使い勝手は向上していなかった。
あと、以降メディアがDVDに変わりました。


次は、登山道表示可能の”UUD製作所製のマップソース”です。

To_uud
純正のマップソースとは画面表示の印象が異なるが、登山道が破線で表示されているのが画期的だった。
また、アルファベット表記だが地図情報は豊富で、この画面でも純正では表記されていない殺生ヒュッテや飛騨乗越が表示されている。
また、地図はアルファベット表記だが日本語版のGPSを使い、カシミールD等の地図ソフトから日本語表記のポイントを転送できるので実用上の不都合は殆ど無い。
また、ユニット・ロックの掛かっていないメディアを購入すればGPSを買い換えても継続使用することも事実上可能だった。


そして最後が、今回リリースされた純正の“TOPO・Ver.8”の画像です。

To_v8
登山道はUUD製と異なり細実線で表されている。
UUD製との大きな違いは、崖や露岩記号が表示されさらに地形把握が容易になったことだろう。
また、PC画面上では陰影表示も立体的で見やすいが、これは実用上では“コロラド300”等のGPS画面で陰影を高精細で表示できる機種では役に立つ機能なのだろうが、従来機種での恩恵は無い。
(しかし・・・コロラド300は予想外の大食いで、電池寿命は単三2本でわずか10時間!これでは山での使用を躊躇せざるを得ない)

また、PCでは細実線の登山道だがGPS画面では破線で表示される。しかし、UUDの地図と比べても決して読みやすいといえないのは残念だ。(等高線と近似色でなく一目で道と判断できる色での表示を切望する!)


・・・と、言った訳で色々ありますが、今のところ“TOPO・Ver.8”は結構使えそうです。

(以下、続く・・・かも?)

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »