« “PRIMUS/スパイダー・改”をさらに改良 | トップページ | MSR/ドラゴンフライのポンプ? »

2008年8月28日 (木)

MiIZOの沢用ハンマーを小改造

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :★☆☆☆☆
(改造は自己責任で!)


MiZOのハンマー“ロカ(穴開きタイプ)”は沢登りでは定番となっているほどの素晴らしいハンマーです。
最近MiZOからもっと軽い(310グラム!)ハンマー“チコ”が出ましたが、これではハーケンを打つのにも苦労しそうですしジャンピングを叩くには絶対的に軽すぎます、私の行けるような沢ではこれでも良いのかも知れませんが、やはり本来の用途を考えると“ロカ”のほうが使い勝手は数段上だと思います。

以前の記事でこの“ロカ(穴開きタイプ)”のピックにギザギザを加工して草付きや雪渓での支持力を増加させる改造をご紹介しましたが、今回さらに小改造を行いましたので報告いたします。

Roca2
(改造済みの“ロカ”)

MIZOの“ロカ(穴開きタイプ)”は穴の分だけ軽量ですし、その穴にカラビナを掛けてぶら下げる事もできて便利なのですが、穴の上側の縁が広すぎて小さなカラビナだと通す時に引っ掛かる感じがします。
特にRの小さなD型カラビナだと上手く回転せず不自然なぶら下り方となったり、イザという時に外し難くなったりしました。

Roca1
(㊨が加工前、㊧が加工後の状態)

そこで穴の上辺の部分を円弧状にグラインダーで削り、リューターで角を滑らかに仕上げてみました。
あまり極端に削ると強度が心配ですが、この程度でしたら全く問題にはならないでしょう。

これで小さなカラビナでもスムーズに穴に通せますし、ハンマーが自由にぶらぶら回転しますので違和感無く携帯できます。

Roca3  Roca4 
(小さなR のカラビナでもスムーズに1周回転できるようになった)

|

« “PRIMUS/スパイダー・改”をさらに改良 | トップページ | MSR/ドラゴンフライのポンプ? »

その他・一般」カテゴリの記事

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “PRIMUS/スパイダー・改”をさらに改良 | トップページ | MSR/ドラゴンフライのポンプ? »