« “Dynafit-TLT”ビンディングを自分で取り付けよう③ | トップページ | JETBOIL With パイトーチ(チタン仕様) »

2008年11月27日 (木)

JETBOIL with パイトーチ(試作)

便利度 :★★★☆☆
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★☆☆
危険度 :☆☆☆☆☆


一連の記事で紹介したように、ジェットボイルとアルコールストーブの組み合わせを幾つか試行して見ましたが、ベースになったストーブが炎が横に広がるタイプのバーゴのデカゴンだったため、ジェットボイルのコンパニオンカップ底面の熱交換部に効果的に炎が当たらず、思ったよりも結果が良くありませんでした。

Jk2
(イマイチだった前作のデカゴン + ジェットボイル)

そこで、炎が中央に集中するタイプの“パイトーチ”(画像↓)を試してみることにしました。
これだったら熱交換部に上手く炎が通り、効率良く湯を沸かせそうです。

Pt3
(以前はアウトドア用もあったが現在はこの実験器具タイプのみ)

構造は前回のものと同じですが、高さをパイトーチに合わせて75mmとし、材質を0.3mm厚のステンレスにしてみました。
本当はチタンを使いたかったのですが手持ちが底をつきましたので、試作としてステンレスを使いました。

Pt1  Pt4

空気孔はΦ12mmを10個明け、コンパニオンカップとの接合には前作同様プレスで作った突起で固定できるようにしてあります。

Pt5  Pt2
(折り返しを嵌め込んだ結合部と固定用突起㊧、 ㊨は全体像)

折り返した結合部を取り外し可能にしてコンパニオンカップ本体の中に全部を収納できるようになっています。(画像↓㊧)

Pt7  Sen
(㊨付属のバーナー部の栓ではアルコールが漏れてしまうが、バーナーを外しタンク部に市販のゴム栓をすればカップ内に全体を収納して運搬できる)

さて、テストしてみたところ500CCの水が(たぶん20℃位?)が4分位で沸騰のきざしが見えはじめ、6分を過ぎたところでグラグラと本当の沸騰状態になりました。
前作ではこんなに完璧に沸騰しませんでしたので、かなり大成功と言って良いと思います。
また、パイトーチは短時間で燃焼が安定しますし、控えめな音で燃焼中であることが判ります。
さらに、実際に計測したわけではありませんが、デカゴンよりかなりの省燃費のようですから実用性も十分だと思います。

(JETBOIL With パイトーチ「改良型」、近日公開予定)

この試作品で、JETBOILとパイトーチの組み合わせの有効性が実証されましたので、チタン製の完成型を作成中です。(JSBさんのコメントのおかげででチタン薄板を入手できました)
結合部もキーホール嵌合と完成度を高めてみました。(画像↓)

Pj1   Pjkh

|

« “Dynafit-TLT”ビンディングを自分で取り付けよう③ | トップページ | JETBOIL With パイトーチ(チタン仕様) »

ストーブ・クッカー」カテゴリの記事

コメント

こんにちわっ、JSBです
最後の写真
スライドする方向のことですが
T'sさんの風防は、45度方向に切れ込んでいました(笑)
上下にずれる可能性は一段と低いからとの判断のようです

どちらがいい、というよりもいろいろな考え方を
知ることに興味を感じます。そしてその形に至るプロセスを
教えていただくことで、勉強になります

この場合にはスカートとして、バヨネットマウント(笑)
重視で、水平方向のスライドオープンに決めた!?とか

投稿: JSB | 2008年11月29日 (土) 23時55分

JSBさん、まいど!
早速ですが・・・、鍵穴形状の穴は長手方向と平行にしてありますが、これは穴とノブ形状の相方がチタン板の弾性によって開こうとする力でしっかりと固定される設計です。
また、上下方向の強度は、穴に嵌るノブ形状パーツの直径を大きくしてありますので十分確保してあります。

後日、詳細の画像をアップいたしますのでご覧いただければと思います。

投稿: 理事長 | 2008年11月30日 (日) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Dynafit-TLT”ビンディングを自分で取り付けよう③ | トップページ | JETBOIL With パイトーチ(チタン仕様) »