« “Dynafit-TLT”ビンディングを自分で取り付けよう④(最終回!) | トップページ | 3アンテナ・ビーコンは買いか?(PULSE-Barryvox レビュー①) »

2008年12月18日 (木)

ULパックを重く改造?

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆
(パック自体でなく補強についての評価です)


ウルトラライト装備の基本となるのが超軽バックパックです。
道具道楽の私としては、やはりULパックが気になって、3~4年ほど?前にGOLITEのDAWNという超軽量パックを買ってみました。

Gl1
(GOLITEのDAWN)

しかし、実際に使用してみるとシルナイロンの極薄素材は私の感覚としては、あまりにも華奢すぎると感じました。
特に角のある装備を詰めた時、岩などに擦れると簡単に穴が開いてしまうのでは?という不安が先に立ってしまいます。そこで防水バッグのインナーと二重にしたり、生地と装備の間にエンソライトマットを挟んだりしたのですが、これでは本来のULの意味が無くなってしまうような気がして、結局あまり使用しませんでした。

その後、もう少し生地の丈夫なULパックが無いかと探していた時、目に付いたのが同じくGOLITEの丈夫なダイニーマグリッドリップストップ生地を使ったJAM2という製品です。
『先代のJAMpackと比較して、容量は大きくなったのに軽くなったのは好いが、全体に雑な造りになった』という事前情報もあったのですが・・・。
このパックは背中の部分に薄いマットが内蔵されているため、半身用マット使用時の足載せにもつかえそうだ・・・、と関係の無い理由で自分を納得させ、結局購入することになりました。

Gl7
(丈夫な生地のJAM2)

購入して実際に手にとって見ると、細部はやはり以前のこの会社の製品より手抜きが感じられます。
下の画像(↓)はDAWNのトップストラップの取り付け状態ですが、ご覧のように裏に力布を当ててしっかりと補強されていますが、新製品のはずのJAM2ではこのような配慮は一切されていませんでした。

Gl2   Gl3
(以前のモデルのストラップは補強され、順方向に力が掛かるように造られている)

特に、トップストラップやアックスホルダー・サイドコンプレッションストラップ等、力が掛かる部分で当然バータック補強があってしかるべき部分にそれが無いのです。(後期ロットの製品には全ての部分に補強が入ったとの事ですが、初期設計の段階でこれらの箇所にバータックを入れないというのは明らかに手抜きでしょう)

しかも、トップストラップは前後両側とも、力が掛かると、逆に引き千切る方向に引っ張られる意味不明な設計となっています。

私の使い方では、まずここから壊れそうなので、裏から力布(テープ)を当て補強縫いをしてかなり頑丈にミシンを掛けました。

Gl5   Gl4
(私の下手くそな縫製で、補強テープの裏側には盛大に鳥の巣ができてしまいました・・・)

ついでに、アックスストラップ等、補強の無い全ての場所(なんと合計14箇所)に補強縫いを入れておきました。
今回は底に近い部分を縫うのに便利な工業用腕ミシンを使い、8番糸で往復縫いをしましたが、大型の家庭用ミシンでしたら、振幅・送り共小さく設定したジグザグを往復させるバータック縫いを掛ければ私の物よりも綺麗に仕上がると思います。
私は裁縫は上手ではありませんから、画像で分かるように仕上がりはお粗末なものですが、とりあえず強度だけは出ています。念のため、ほつれ止め“ピケ”を塗っておきました。

Gl6
(往復縫いで補強した状態)

さて、これだけやっても、このパックは数グラムは重くなっただけです・・・。
“UL”も良いのですが、メーカーさんにはユーザーにこんな事をさせなくても、必要な所には初めから必要な耐久力を持たせた製品造りをしてもらいたいですよね。

|

« “Dynafit-TLT”ビンディングを自分で取り付けよう④(最終回!) | トップページ | 3アンテナ・ビーコンは買いか?(PULSE-Barryvox レビュー①) »

その他・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Dynafit-TLT”ビンディングを自分で取り付けよう④(最終回!) | トップページ | 3アンテナ・ビーコンは買いか?(PULSE-Barryvox レビュー①) »