« 便利!“ショックコード入り伸縮リーシュ” | トップページ | “Dynafit-TLT/Comfort”の破損(欠陥?)対策② »

2009年3月26日 (木)

【緊急】“Dynafit-TLT/Comfort”の破損(欠陥?)対策①

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


お気に入りの“Dynafit-TLT” ビインディングですが、以前の“COMFORT”の一部(06-07シーズン?)にトーピースの樹脂製ベースプレートに結構重大な構造上の問題(欠陥)があることを知りました。

177aadc24a823f5386121cca9124d7081  38852ad26a6b3807cbcb094f6c427a191
(破損したトーピース -“山滑兎”さんより拝借-)

実はメーカー側もこの欠陥に気づいていたようで、海外のディーラーに対し該当モデルのトーピース本体と樹脂製のベースプレートの間に適当なワッシャーを1枚介してビス留めするようにとの通達を出していたのです。
当然、当時の代理店C社も在庫分に対しメーカー指示どうりの対応をし、販売を継続していました。

Wa2  Wa3
(ディーラー対応で㊨のようなワッシャーを㊧の部分に追加)

その結果、ワッシャーの厚みの分(約1ミリ)だけベースプレート上面とロックレバーのクリアランスが大きくなる事になるのですが、当時は私もこの対応の意味についての理由がわからず、たいした意味も無いのかと思って気にもしていませんでした。

しかし、3年後の今になってこのワッシャー1枚分、僅か1ミリのクリアランスをなぜ確保しなければならなかったのかがやっと判ったのです。

まずは、“山滑兎”さんのブログの記事ご覧ください。
シンプルで故障の少ないといわれる“Dynafit-TLT” ビインディングにも一部にこんな欠陥があったんですね。
このようにレバーのロックが効かなくなると歩行モードでは頻繁に誤解放が起こって、場面によっては命に係わる事故に直結しかねないでしょう。

●私なりに、この故障の原因と製品の欠陥を推量すると次のようになります

樹脂製のベースプレート前部、ロックレバーのセレーション(ギザギザ)が固定される突起の裏側にあるべき補強リブが無い。(画像は該当の欠陥プレートと、最終モデルのComfortと現行のVerticalに使用されるプレート、補強リブの有る無しは一目瞭然!)

Bp_ura1
(㊧は対策済みの新型、㊨が破損の危険がある旧型、なお金属プレートはクトー用で本件とは無関係)

補強が無いため、ロックされる度にプレートが撓み、また歩行時のレバーに掛かる力が繰り返しベースに加わり、長期の使用で応力が集中する部分に素材疲労が蓄積。

Bp_ura3  Bp_ura4
(ドライバーで指示した部分に注目、㊧の新型には縦横に補強があるが㊨には縦リブのみで肝心のレバーで押される部分の下にはリブが無い)

樹脂素材の選択の誤り(柔軟性に乏しく脆性高い)と相乗し、ロックレバーが強い力でベースプレートを押したのをきっかけに疲労の蓄積した素材が一気に破壊される。

Bp1  Bp2
(材質も後の以前のものに比べて、手前の問題品は柔軟性が無くなった)

対策としてワッシャーを1枚追加するとの指示は、たぶん若干のクリアランスを稼ぎ、ロックレバーを最大限起こしても過度な圧力がベースプレートにかからず、またベースプレートの変形をなるべく少なくするようにとの場当たり的で姑息な対応だった。(しかし、故意ではないとは思うが、前ディーラーの説明ではロックの作動状態の改善というのみで、プレート破損には一切触れていなかった)

●過去の一部とはいえ、寿命の長い“Dynafit-TLT/Comfort” ビインディングに以上のような欠陥があった事は、このビンディングをブログの読者に推薦してきた私も非常に心苦しいものがあります。
しかも、前代理店C社はなおざりな対応をしたまま、ちゃっかり手を引いており、現代理店のアクタスさんも、まだこの製品についてのノウハウの蓄積も少なく、あまり苛めてもかわいそうな気がします。(笑)

そこでこの問題の対処法について、一ユーザーとしてできる対応についてお知らせしようとと思います。

まずは、皆さんのお使いの“Dynafit-TLT/Comfort”が該当製品かどうかの見極めから話を進めたいと思います。

(以下、次回へ続く・・・)

|

« 便利!“ショックコード入り伸縮リーシュ” | トップページ | “Dynafit-TLT/Comfort”の破損(欠陥?)対策② »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

「バックカントリースノーボードへの一歩」のmurai4423です。ブログへ遊びに来ていただきありがとうございました。ギアの改造はスノーシューのプレートが初めてだったのですが、とても面白かったので次の獲物を探しています。(笑)理事長さんはかなりのギアマニアのようですね。面白そうな記事がいっぱいあるので、遡って読ませてもらおうと思います。

投稿: murai4423 | 2009年3月27日 (金) 01時51分

murai4423さんようこそ。
私は“改造シュー”分野では、先駆者(?・笑)みたいな感じなので、数年更新をしていない古いサイトですが http://homepage3.nifty.com/backcountry/
にも改造シューの項目が幾つかあります。ご覧いただけば少しは参考になると思いますよ。また、質問があったら遠慮なく!
しかし、SHIMANOがアキュブレードから撤退するとのことで、かつてのクリッカーみたいな運命になるのか心配ですね。
では!

投稿: 理事長 | 2009年3月27日 (金) 07時40分

理事長さん、おはようございます。
山滑兎ことおやじです。
このたびはTLTの故障の検証などありがとうございます。
私のほうでも今後もインプレを続けたいと思います。
またリンク集を作りましたので、掲載の許可を頂けないでしょうか。
今後の検証、対策も期待しております。

投稿: おやじ | 2009年3月27日 (金) 07時47分

“おやじ”さん、おはようございます。
リンクの件承知いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 理事長 | 2009年3月27日 (金) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 便利!“ショックコード入り伸縮リーシュ” | トップページ | “Dynafit-TLT/Comfort”の破損(欠陥?)対策② »