« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

“HEX 3”の便利技「新・三角張り」とは?①

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


ご要望におこたえし・・・
『“HEX 3( ≒ Shangri-La 3)”ネタをもう一つ!』

GOITEの“HEX 3( ≒ Shangri-La 3)”は軽量コンパクトながら快適な居住空間を持ち、しかも抜群の耐風性を誇る優れたシェルターです。(山岳用テントとして抜群に優れているという意味ではありませんが・・・)

また、“HEX 3”はオプションのフロアーやネスト(蚊帳付きフロアー)を併用することも可能ですが、これらのオプションは何れも重く、使用時の快適性は得られても、このシェルター本来の“軽量コンパクト”というメリットはかなりスポイルされてしまいます。
私も“HEX 3”が生産終了になるという話を聞き、「買うなら今しかない!」と慌ててフロアーのみ購入してしまいましたが、重たいし嵩張るし・・・で、実戦では使用していません。

Hexw1  Hexw2
(画像のようにフロアー㊨の重さは実測でも本体㊧とあまり変わらない・尚、本体重量は後付けループ等含む)

やはり、“HEX 3”はあくまでキャノピーのみ!フロアレスで使うというのが“UL 正統派?”としての正しい作法だと思います。

Golitesugoroku

さて、この“HEX 3”の設営についてですが、オプションのネストやフロアーを併用する場合はそれをテンプレートにして底面を正確な六角形に張れるのですが、単体の場合にはきちんと正六角形にペグダウンするのに少々の経験を要します。

実際の山岳地帯では、地形の凹凸や埋まった石などで打ちたい位置にペグが打てなかったりするのが普通ですから、必要に応じてアジャスターを伸ばしたり細引きと石を使用したりと臨機応変な対応が必要ですが、基本は底面をなるべく正確な正6角形にして、均等なテンションで張ることです。
形良く張れていれば風でのバタつきも少なくなりますし耐風性も高まるはずです。


まあ、ぶっちゃけた話をすれば二人以上の人数で作業するなら、目見当でアバウトに形を整えて広げてペグを打ち、張ってからアジャスターで調整すれば全く問題なく使用できるのですが・・・。
しかし、ヘソ曲がりな私としては、“HEX 3”を単体で、しかも一人だけでなるべく正確な六角形に張り上げる術は無いものかと考え、机上および実地での試行錯誤を繰り返した結果、最善と思われる(?)方法に辿り着いたのです。


原理は「1つの角を共有する相似の正三角形」の応用という単純なものです。
“HEX 3”の底面の形態は、概ね半径150cmの円に内接する、1辺150cmの正6角形です。
また、この正6角形の6つの頂点のうち1つおきの3点を結ぶ正3角形(半径150cmの円に内接する正3角形)の1辺の長さを計算すると、sin60°=√3/2ですから、300×√3/2≒259.8cm→≒260cmとなります。

まずこの半径150cmの円に内接する正3角形の頂点に“HEX 3”の底面の6つの頂点の内、1つおきの3点を固定すれば自ずと他の3点の位置も円周上に定位させられることになります。

また、“HEX 3”の6辺の内、連続する2辺を適度なテンションで張った時の両頂点間の実測長は279cm(≒280cm)でしたから、上記の半径150cmの円に内接する正3角形の一辺の長さ260cmとの差は19cm→約20cmとなります。
そこで、1つの角を共有する2つの相似の正三角形で、大なる正3角形の1辺の長さが280cm、小なる正3角形の1辺の長さが260cmだとすると、大なる正3角形の共有されていない2点を共有されている頂点方向に20cm移動すると小なる正3角形と合同になるのは当たり前ですよね。 ・・・と、こんな簡単な原理を使うだけです。
なお、HEX3のカタログスペックでは対角長120in(304.8cm)ですから、これで計算すると内接する正三角形の1辺は≒264cmとなりますが、実測したHEX3の底面の1辺が150cmだったので、この数字を使用しました。



久々に私の中学生レベルの数学能力をフルに使って見たものの・・・、結果はOKだったのですが、正直なところ実際に張ってみるまで実用可能かまったく判りませんでした。

これが前回の記事で『必殺三角張り』という名でご紹介した方法ですが、これだと名前がカッコ悪いので今後は『新・三角張り』と改名させていただきます。(笑)

この『新・三角張り』は、従来裏技とされていた『ポール・コンパス張り』(ポールに半径と一辺のペグ間隔の長さのマークを付けて作業する)や、『元祖・三角張り』(目分量でルーズな正三角形に3点をペグダウンし、ポールを立ててから残りをペグダウンする)と比べても、かなり簡単に、しかもピシッと張る事ができますので、単体使用がメインの“HEX 3”オーナーの方は憶えておいて損は無いと思います。


★では順を追ってこの方法を説明していきましょう。


まず、周囲にある6箇所のメイン・ペグダウンループの任意の1箇所を基準点としそこに目立つ色の細引きの輪(画像↓では緑色)を目印として結びます。(この細引きの輪は状況によりペグダウンにも使用します)

Gr



次に1個おきに(120度間隔)2箇所のメイン・ペグダウンループに、①と違った色(画像↓㊧では黄色)の細引きの輪を結んでおきます。

Ye  Yegr
(㊨2色に色分けした3つのの目印)

私はドアパネル右サイドのジッパーがある位置を基準点にしましたが、ここだとジッパーがありますので敢えて色分けしなくても識別は容易かもしれません。



そして、②のループから①の基準ループまでのスパンの幕体の裾の縁に②のペグダウンループの先端から20センチの位置に仮のマークを付けます。(画像では判り難いかも知れませんが、右のピンクのペグの近くの幕体の裾にある白い線がマークです)

13cm

私の場合は地表になるべく近く低く張りたいので、はじめからで全てのアジャスターを最短に近い位置まで戻しておきますから、この状態でループの先端から20センチ、ループの付け根の中心から11センチの所を仮マーク位置としました。

通常はこれで問題無いと思いますが、位置決めの過程でのテンションの強さによっても3センチ程度の差異は生じるでしょうし、地表とシェルターの間隔を広くとりたい場合などは条件が変わってきます。
地表との間隙を広くとるため、アジャスターを任意長に伸ばした状態で設営する場合は、その状態でループの先端から20センチの位置に仮マークし、トライアンドエラーで微調節してみてください。

まずチャコ等で仮マークをし、実際に張ってみてから各自でマークの位置を決定した後、ダーマトグラフやペイントマーカー等で消え難いマークを付け直すと良いでしょう。(目立つ色の糸で裾の部分に2~3針縫い目のマークをを付けるのが理想かな・・・)

“Shangri-La 3”の場合は張った事が無いので不明ですが、ほぼ同様な対応で大丈夫だと思います。(HEX 3 より若干小さいので、マーク位置とペグループの間隔を心持ち近づける必要はあるかもしれません、念のため底面の一辺の長さを実測して数値を計算してみてください)

以上で幕体自体の加工は終了です。
次回は実際の設営手順をご説明しましょう。

【以下、続く】

(おわび)
本日(6/30)、Niftyのシステム障害により、テストでアップした推敲前の記事が訂正も消去も操作不能となり、暫くの間公開されていました。
正式な記事に訂正して再掲載いたします。

| | コメント (2)

2009年6月25日 (木)

“HEX 3”宴会テント化計画②

便利度 :★★★★☆
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


「“HEX 3”宴会テント化計画①」からの続きです。

さて、早速ポールジョイントを使ってポールを連結してみましょう。
使用するポールは、できればなるべく長く伸ばせるものを使いましょう。
今回は130センチまで伸ばせるものを2組使い支障無く張ることができましたが、最大伸長が125センチ未満のポールだと長さが不足すると思われます。

J6
(自作のジョイントを使うと素早く確実にポールが連結できる)

画像のようにグリップを向き合わせ、2本のストラップを締め付けてしっかり固定します。
テント頂点の幕体に当たるポール先端には保護のためラバーキャップを嵌めておきます。(建ち上げた後に先端の合わさった部分を細引きかストラップで簡単に縛っておくとなお良いでしょう)

後は普通?に“HEX 3”を建ち上げれば完成です。
2本のポールを揃えて上端を頂点に当て、伸ばしながら開いていき、接地するチップをペグのように地面に刺し、2本均等にテンションがかかるように長さを調整します。(この段階で自分の使用しているトレッキングポールにまだ伸ばせる余裕があるなら、その分を計算してスペクトララインを長めに調節し、オーバーラップ長を可能な限り大きくしておけば構造的強度はより高まります)

テンションを掛けるとポールがジョイント部分から内側に少々屈曲しますので、モノポールに比べてやや縦方向の荷重にに弱いようにも感じますが、通常の使用で少々風が強い位では特に問題は無いと思われるレベルです。

E1  He
(ポールの接地点を外縁ギリギリにすると㊨画像のようにポールが幕体に接します・気になるなら少し内側にポールを移動しても良いでしょう)

さて、中に入ってみると・・・、邪魔だった中央のポールが無くなったことで、著しく居住性がアップしたことに驚かされるはずです。

これで目出度く、最高の宴会用テントが出来上がりました。(鍋パーティーだってできますね!笑)

He2_2  He3 
(見よ、この開放感!!センターポールが在ると無しでは居住性が全く異なります)

また、センターのポールが無いと3人寝ることができますので、3人での山行の時はポールを3脚状に組むと更にしっかりした構造になると思います。

今回は、ポールの連結が確実で簡単にできるよう、私なりの設計でジョイントパーツを自作しましたが、他にもいろいろな連結方法がとれると思います。
“HEX 3”のオーナーはもちろん、その他のモノポールシェルターをご使用中の皆さんも、一度試してみてはいかがでしょうか?


【予告?】
当方、この“HEX 3”を純正フロアーを使わずに単体で正確な6角形に、しかも一人で張り上げる「技」、人呼んで「必殺三角張り」を一昨年に編み出しております。
これは、3箇所のペグループに目印を付け、幕体の2箇所にマークをするだけで簡単かつ正確に、“HEX 3”を建てられるユニークな?方法です。
いずれ記事で紹介いたしたいと考えていますので、(必殺というほどの技でもないですから・・・)期待せずにお待ちください。

    

| | コメント (4)

2009年6月18日 (木)

“HEX 3”宴会テント化計画①

便利度 :★★★★☆
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


ゴーライトの“HEX 3(≒Shangri-La 3)”は4人程度の宴会テントとしては優秀なのですが、センターのポールが邪魔になり、鍋物を囲むことができない、というのが難点でしょう・・・、と言うのは半分冗談ですが、やはりフロアのド真ん中に柱があるというのは何かと不自由なものですよね。
また、床面積は大きくてもこのセンターのポールのおかげで就寝可能人数も2人に限定されてしまうというのも勿体無い気がします。

そこで、今回は邪魔なセンターポール無しに“HEX 3”を設営する方法について考察してみました。

He2
(今回は、画像のようにセンターポール無しに HEX 3 を設営するための試みです)

要は2~3本の長いポールを使ってティピーのように合掌式にすれば良いだけなのですが、実際にやるとなるとかなり長いポールを2本以上別に用意せねばならず、ポールを別に持つとなるとそれだけで幕体以上の重さになってしまいそうです。

また、以前の記事で、トレッキングポールを2本継いでセンターポールにするジョイントを紹介しましたが、これだと145センチまで伸びる長いトレッキングポールを2本使っても必要な長さにはまったく届きません。(長さ1メートル近くのジョイントを作れば可能なのですが、これも現実的ではないでしょう)
HEX 3 の寸法を考えると、合掌式ポールにした場合、最低でも230センチの長さは確保する必要がありそうなのです。

そこで、BDの“ポールリンクコンバーター”のような方法で2本のトレッキングポールをグリップ部分で継ぎ、長いポールを2本作らねばならないことになります。
しかし、ポールを中央に垂直に立てる構造だと、ポールに掛かるのはスラスト方向への荷重が殆どですから問題無いのですが、長いポールを合掌式に斜めに組んだ場合は自重も含めラジアル方向にもそれなりの力が掛かりますので、前述のポールリンクコンバーター程度の固定方法では強度が不十分だと思われます。
また、ポールリンクコンバーターをそのまま使ったのでは、オーバーラップ部が長過ぎて全長も短かくなり、今回の用途には不向きでしょう。

そこで、2本のポールを最短のオーバーラップで確実に継げるようなジョイントパーツを自作することにしました。
20ミリ幅のナイロンテープをミシンで縫製し、画像のように幾つか試作してみましたが、いずれもテープを十字にクロスさせ(画像↓㊨)グリップエンドを包み込む構造です。

本来2個のグリップは距離をあけて(オーバーラップを大きくとって)固定したほうがラジアル方向への強度が高まるのですが、概ね230センチという長さを確保するためには、ジョイントパーツは両方のグリップの間隔をギリギリまで近付けて長さを稼ぐ必要がありそうです。

M1_2  M2
(工業用ミシン㊧が無くても、家庭用ミシンでバータック縫いをすれば強度はOK)

当初は一体型で2タイプ(画像↓㊧の右2つ)試作してみましたが、最終的にはクロスさせたテープのパーツ2個をスペクトラ製の細いラインで連結させた構造が、軽く調節もきいて良さそうだとの結論に達しました。
(十字型のパーツは、スペクトララインで連結されない側の腕の長さを、他の3本より短く作るのがこの工作のキモです)

M3  J2
(㊧試作した3タイプ、左端が最終型、㊨画像のような状態で装着する)

なお、2本のポールを束ねる部分のストラップのバックルですが、このようなコンベックス面に乗るような場所では、通常のザックのストラップに使用されている折り返し式のバックルでは緩んでしまいますので、締め付け難くても画像のようなレバー式のプラスチックバックルを使うのがベターだと思われます。
このタイプのバックルで入手が容易なのは、“Nifcoの ST-20”か“YKKの コキ・20mm”だと思いますが、私の印象ではST-20のほうがやや丈夫そうな気がします。(ベルクロストラップでも可能だと思いますが耐久性が心配されますので今回はパスしました)

St20
(左2つが“Nifcoの ST-20”、右2つが“YKKの コキ・20mm”)

さて、2本のポールの連結は、2つの十字型テープをそれぞれのグリップエンドに被せ、荷重がかかる方向に力を加えると自然にスペクトララインが締め付けられてグリップエンドが固定される構造です。(画像↓)

Pja  Pjb
(先端を折り返して縫った十字型パーツに画像のようにスペクトララインを通す)

グリップエンドが固定されるのと同時に、ポールの重なり代も固定されますから、続いてグリップ側にあるバックルのついたストラップをポール側でクロスさせるように回してからグリップ側に1周回してバックルで固定します。(画像↓㊥・㊨)
こうするとしっかり2本のポールが固定されます。
文章では解り難いと思いますので画像をご参照ください。
(このポールジョイントを1個使って、通常のモノポール仕様で使うことも可能ですが、その場合は全長が170センチ程度で十分なので、スペクトララインを長めに調節してポールのオーバーラップ部分を長くしたほうが強度が上がります)

J1  J3  J4
(㊧荷重がかかるとスペクトララインが自動的に締め付けられる)

さて、このジョイントパーツを使って連結した長いポールをを2組用意できれば、後は宴会用?“HEX 3”を立ち上げるだけです。
はたして上手く張れるでしょうか????

(以下、続く!)

| | コメント (0)

2009年6月12日 (金)

BDのプローブ・ポールを短くカット!

便利度 :★★★★★
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :★☆☆☆☆
(メーカーの製造物責任と保障の対象外となります!)


ブラックダイヤモンドのスキーポールは、高品質なわりにリーズナブルな価格ですから愛用者も多いと思います。

また、同社のカーボンシャフトを使用したツアー用アジャスタブルポールには、下段に11ミリのカーボンシャフトを使う“カーボンファイバーポール”と14ミリのシャフトを使う“フリックロック・プローブポール”の二種類があります。
私は両方とも使用していますが、振った感じは前者のほうが微妙にバランスが良いような気がするものの、後者は10グラム程重いとはいえ下段を2本繋ぐと簡易プローブ(ゾンデ)になるという付加機能を持っています。
これは、いざと言う場合に役立つのはもちろん、別にプローブを持たなくて済みますからザックを軽くできるというメリットもあるわけです。
また、前者よりかなり丈夫そうなので初心者やハードなツアーで使うにも最適だと思われます。

Pole0

さて、過日山道具屋を覗いていたら、シーズンオフ目前のバーゲンで、このBD“フリックロック・プローブポール”が安価で売り出されていたのです。
ちょうど“連れ合い”用スキーポールを調達しようと考えていたので、早速購入・・・と思ったのですが・・・、何とバーゲンにはLサイズ(115~140センチ)しかなかったのです。(カタログ落ち前の在庫一掃だから安くなっていたのかな?)
これは私の使用しているサイズですが、連れ合いにはさすがに長過ぎます。
買うか買わないかしばし熟慮しましたが、自分で短く改造する手間を考慮しても十分損をしない価格だと判断し購入することにしました。

Pole1  Pole2a  Pole2b
(末端のプラパーツを取り外しネジでジョイントするとプローブになる)


さて、改造です!

①まず、下段のカーボンシャフトを10センチカットします。

上部より10センチのところにマークをして、マークの位置より下側にメンディングテープを2重くらいに巻いておきます。これは、カーボン物を鋸で加工する時、切断面の繊維がササクレ状に剥がれてしまうのを防ぐ為です。

Polrcut1  Polecut2
(できれば㊧のような細目の金工用糸鋸を使いたい)

切断は目の細かい金工用の糸鋸を使いましょう。普通の金鋸だと上記のササクレ?状態になって苦労するかも知れません。
心配なら、カットラインの外側にカッターの刃を押し付けながらコロコロして、罫書き線を入れておいてからその線に沿ってカットしましょう。(このBDのカーボンシャフトは幸いにササクレ難いようですので直接細目の糸鋸刃を使って問題は起きませんでした)

Vブロック等で固定し回転させながら全周をカットし、断面はヤスリで仕上げ、軽く面取りをしておきます。

②次に、ジョイント・パーツを取り外します。

私は、カットしたシャフトを旋盤のチャックに咥え、ギリギリまで切削してからカッターで付着していた残材を取り除きましたが結構面倒でしたので、むしろ金鋸の歯で縦に切れ込みを入れ、マイナスドライバーで切れ込みをコジってしまった方が良さそうです。(ナット・スプリッターが使えるかもしれません)

Polel  Polesol

それでも接着剤のカスは取り除けませんので、アセトンに浸けて膨潤させてからブラスブラシできれいに付着物を取り除きました。
私はこのまま組み立ててしまいましたが、接着を確実にするためカーボンシャフトとの嵌合部にローレットをかけるか荒めのヤスリで表面を荒らしておくことをお勧めします。

Polejoin
(取り外した♂♀のジョイントパーツ)

③再組み立てします。

シャフトの内側とジョイント・パーツの外周にエポキシ系接着剤を適量まんべんなく塗布し、両者を嵌め合わせて、逆さにして接着剤が完全に硬化するまで1日程そのままにしておきましょう。

Polefin
(伸ばせるのは既存のストップマークではなく130センチマークまで!!!)

これで完成です。105~130センチの範囲で調節可能な“フリックロック・プローブポール/改”が出来上がりました。(オリジナルは115~140センチ)
この長さは女性はもちろん、日本の標準的な男性にも丁度好い調節範囲の長さではないかと思います。
(私が使用中のLサイズのポールも同じ長さにカットすることにしました!)

手間は掛かりましたが、適当な長さのポールがバーゲン価格で入手できた事になりますので、まずまず満足・・・と言ったところでしょうか。
問題は、山スキーシーズンまでに足の状態がどれだけ回復しているかという事だけです。(笑)

| | コメント (0)

2009年6月 5日 (金)

ロープバッグを作ろう

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


Rb1

私は現在、岩攀りのロングルートや難しい沢には行きませんが、それでもロープを必要とされる場面にもしばしば遭遇します。
(・・・と、言っても現在の私は、骨折の後遺症で今後暫くロープを使う機会は無さそうです・・・涙!)

そこで、ロープの携行法ですが・・・、ロープをループにして肩から斜め掛けにする方法は沢登りやピッチ間の移動などで多用しますが、いざ繰り出す時に絡まったりキンクしたりイライラします。
また、振り分け型にロープを纏めるのもキンクは少ないもののやはり絡んでしまうこともしばしばですし携行も厄介ですし。

そこで、ロープが絡まずに繰り出せるようなロープバッグを作ってみました。
ロープの保護の面からは紫外線を通さない生地が良いのでしょうが、今回は沢登りでの水抜けを考え、素材は丈夫なメッシュ地を使い縦長の円柱状の形に作ってみました。
(扱いやすさでは開口部が大きく浅型のトートバックのような形が良いのかもしれませんが、今回はこのような形状にして見ました)

Rb6  Rb2


構造は画像を見れば一目瞭然だと思います。

今回使ったメッシュ地は、縦と横で伸び率がかなり異なりましたが、バッグがロープの重みで“洋梨型”に変形してしまうのを避けるため、横方向に伸びない方向で生地の裁断を行いました。
また、乱暴に扱われるので8番の糸でガッチリ縫い上げ、手やカラビナで提げられる様に取っ手を付け、開口部は巾着状に絞れるようにしてあります。

今回は、10ミリ程度のシングル50メートルなら余裕を持って、8.5ミリ×50メートルのWロープだったら2本がギリギリ納まるような大容量の物を作ってみました。

またよく知られたアイデアかも知れませんが、内側には赤と青2色ナイロンテープのループを対角位置に縫い付けてあるのがこの製品の特徴です。(画像↓)

Rb3

使用に際しては、まずロープを収納する時に末端に8ノットを作りカラビナで赤いループに留めます。
そしてあとは無造作に端からロープをバックの中に落とし込んでいけば完了ですが、最後の部分にはやはり8ノットを作ってカラビナで青いループに留めて置きます。

Rb4

そしてロープを使用する段になった場合は青いループ側の末端をトップのハーネスに結び、ビレイヤーは赤いループの末端を結べばよいのです。
沢や簡単なルートでしたら、ロック付カラビナをそのままスワミベルトにクリップしてもOKでしょう。

Rb5

こうして常に『トップは青いループ』の末端、と決めておけば絡むこともキンクすることも無くスムーズにロープを繰り出すことができます。
適当な既製品のトートバックをロープ用に流用する時も、内側に色違いのループを縫い付けておくと便利に使用できると思います。


また、沢登りのラペリング(懸垂下降)では、ロープを投げ落とす時にブッシュなどに絡まって面倒なことになることも少なくありません。
そんなときは支点で折り返したロープの両端から、このロープバッグの中に落とし込み、このバッグをスリングで身体に提げてロープを繰り出しながら下降するとスムーズに行動ができるでしょう。

また、非常用に20~30メートルのロープを携帯する場合もこの形式で小型のロープバッグ(画像↓)を作っておくと、イザというときに迅速かつスムーズにロープの操出が可能ですし、バッグの中に数本のスリングとカラビナを入れておけば緊急時に慌てずに道具を準備できるはずです。

Rbs
(使用中の小型ロープバッグ)

| | コメント (4)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »