« 日本地形図 “TOPO10M Ver.8.03 ”で登山道充実か? | トップページ | 日本地形図 “TOPO10M Ver.8.03 ”で登山道充実か?(追補・その2) »

2009年7月31日 (金)

日本地形図 “TOPO10M Ver.8.03 ”で登山道充実か?(追補)

便利度 :★★☆☆☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★☆☆☆
危険度 :★★☆☆☆

(評価、またまた少々ダウン!)

前回の記事で純正のマップソース“TOPO10M Ver.8.03 ”の登山道表記が充実したと述べましたが・・・・。
やはり細部の登山道は国土地理院の地形図とは食い違って欠落している部分もまだあるようですね。

この夏に行こうかと思っていた大雪山・十勝岳周辺をチェックしていたら、たまたま目に付いた場所にも登山道表記がありませんでした。

まあ、北海道の山ではこの周辺を含め国土地理院の地形図でも登山道が途中で途切れている場所もかなりあるので、それほど目くじらを立てるほどの事ではないとは思います
とは言え“㈱北海道地図”が作っている地図なので、まさかお膝元の登山道の漏れはどうか・・・、と思う方も多いのではないでしょうか。

さて、それでは地図を比較してみましょう。
まずは、山旅クラブ版の地形図㊧と、地形図に準拠した登山道表示のあるUUD製作所の地図㊨を見てみましょう。(地図を拡大して見てください)

山旅クラブの地図は有料のサービスのため地図が新しいので大麓山から東大の演習林方向の道が登山道でなく立派な道路となった状態が表示されていますし、新しい林道も表示されています。
一方、UUD製地図はベースになった地図データーが古いため、山旅クラブの地図とは道の表示が異なっていますが、演習林への林道も登山道はとしてはとりあえず表示されています。

Dairokuytc  Dairokuuud


次に登山道にいくつかの重要な欠落のあった“TOPO10M Ver.8.00 ”を見てみましょう。
やはり地形図にある大麓山付近の登山道場(林道)が途中で途切れて表示されていません。
なお、中央上部と左側の途切れた破線は、国土地理院のデーターが元々この部分だけ欠落していたためで地図製作者のミスではないと思われます。

Dairoku800


今度は登山道表記が充実したはずの“TOPO10M Ver.8.03 ”を見てみます。
現物がないので代理店サイトのマップビューアー(サンプル地図)でご容赦ください。
ご覧のように Ver.8.00 と基本的に変わっていないようで、登山道は山頂付近で途切れた状態のままです。
登山道が充実されたとは言え、国土地理院の古いデーター以下の状態のようですね。

Dairoku803_2


最後に、参考のため“いどんなっぷさんの地図”のGPS画面での表示をスクリーンショットで見てみましょう。
㊧は大麓山頂付近、㊨は㊧の地図の下に続く部分です。
山旅クラブの地形図よりデーターは古いかもしれませんが、純正のTOPO Ver.8.o3 のように登山道が途切れている事もなくしっかりと表記されていますし、林道部分も判りやすい表現となっています。

Dairokuid1  Dairokuid2

純正のTOPO Ver.8.o3 の登山道表記が充実したとの事で期待をしたのですが私の指摘した場所の登山道は補填されたものの、まだまだ1/25000地形図に記載のある登山道全てが表示されるようになったわけではありません。

という訳で、現在のところ私がベストバイと判断するのは、やはり1/25000地形図にある登山道が全て?表示される“いどんなっぷさんの地図”ということになります。

(なお、私が登山道の表示を重視するのは、沢の詰めや万が一の道迷いの時に、登山道への脱出ルートが直感的な概念として把握できるという観点からで、実際の登山道が図上の破線と多少食い違っていても大きな問題ではないと考えています)

|

« 日本地形図 “TOPO10M Ver.8.03 ”で登山道充実か? | トップページ | 日本地形図 “TOPO10M Ver.8.03 ”で登山道充実か?(追補・その2) »

ハンディーGPS」カテゴリの記事

コメント

理事長さん、こんにちは。
国土地理院のウォッちずで見てますと、山頂の西側登山道から続く林道は、一般の人や車が通行できない「庭園路等」としてかかれていますね。
「TOPO 10M V8」では、この「庭園路等」は掲載しない、という編集方針?
また、西側の中白鳥川に沿った登山道と林道は、ウォッちずでは、バッサリ削除されていますので、V8.0.3は、北緯43度20分(TOKYO測地系)以北では、古い地形図を、以南では、新しい地形図をもとに作製されたのかもしれませんね。
いずれにしても、紙地図との併用は避けられないと思いますが、国土地理院は、今後1:50,000の更新は行わない、1:25,000から送電線記号がなくなるかも、など、紙地図を見限る方針のようで心配です。

投稿: 奉公人 | 2009年8月 1日 (土) 10時20分

奉公人さんまいどです!

あの二重破線は「庭園路等」と言うんですか。
しかし道は道ですから、安全のためにも地図上での表記はしてもらいたいですね。建前上一般の人が通れない事になっている林道は他にもあるんですし・・・。

あと、1/25000から送電線が消えちゃうんですか?
場所によっては(湯桧曽川源流域の沢など)送電線や鉄塔は最高の目印になるんですけどね。
一部では紙地図が無くなっちゃうなどと言うウワサが流布してますが、紙地図世代の私にとっては淋しい限りです。
では!

投稿: 理事長 | 2009年8月 1日 (土) 11時44分

送電線がなくなる話は、現在検討中との雑誌記事を読んだだけですので、詳しくは分からないのですが、必要ならプリントアウトしてくれ、ということで紙地図をフェードアウトして行くのは、ほぼ確実のようですね。
沢登などは、わざわざ情報量の少ない1:50,000地図を好んで使う人もいらっしゃる、という世界ですし、デジタル化で色々便利なことも増えるでしょうから、そう悲観することではないのかもしれませんけど、寂しくなりそうですね。

しかし、そうなると今後ハンディーGPS市場は益々成長するでしょうから、某代理店への有力ライバルも登場するかもしれませんね。
高価格、不親切サポートは、それまで辛抱でしょうか?!

投稿: 奉公人 | 2009年8月 2日 (日) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本地形図 “TOPO10M Ver.8.03 ”で登山道充実か? | トップページ | 日本地形図 “TOPO10M Ver.8.03 ”で登山道充実か?(追補・その2) »