« スノーピーク“GST-110A”のウインドシールド | トップページ | プロモンテ VL23 は使えるテントか?①(検証編) »

2009年10月22日 (木)

山で使うナイフは?

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆
(下に紹介した現在使用中の小型ナイフについての評価です)


昔から山登りに刃物は必携とされていました。
最近は死語となっているかもしれませんが、以前はやや大振りのフォールディング・ナイフを『登山ナイフ』などと呼んでいたことを御記憶の方も多いと思います。

確かに、沢旅や藪山、あるいはサバイバル登山(ナンチャッテも含む?)などで、いざという時に役に立つのはナガサや剣先鉈を含む大型のナイフ類であることは間違いないかも知れません。

しかし、私も以前はナガサを自慢げにザックのサイドに取り付けて沢を歩いたこともありますが、実際には岩魚をさばく時に「使いにくい包丁」として活躍したくらいで、本来の出番はあまり無く、今では物置の何処かで錆にまみれているはずです。
また、テント場の整地で笹などの刈り払いを行うときも、ナガサや鉈より“ゴム太郎”というノコギリのほうが意外にも大きな威力を発揮しますし、流木の薪作りも良く切れるノコギリはナガサの何倍?もの能率で薪を作ってくれます。

そんなわけで、私は此処十年程は山にはノコギリ以外の大型刃物は持参せず、調理と岩魚をさばく為の中型のフォールディング・ナイフ程度しか携帯していませんでした。
さらに、ULの流れもあってか最近は沢でも、さらに小型の刃物しか持っていかなくなりましたし、通常の登山の場合にはスイス・アーミーナイフの鋏とピンセットと爪楊枝の付いた、一番小型のナイフ(画像↓)だけで済ましてしまうことも多いのです。

Vic  Vic_1


さて、そんな小型ナイフの中でも私がお気に入りなのが“BUCK/HARTSOOK NeckKnife(S30V) ”と“Karshaw/NationalGeographic JEEVA”です。
前者は刃渡り4.8cm 重さ15gとかなり小さく、頼りなげですが、S30V 製のブレードは切れ味も鋭く、また刃持ちもよく、小さくても尺岩魚位までなら難無く捌くことも可能です。
(画像↓、の樹脂製のシースが古いモデルで固定が甘いため、不用意に抜けないように細引きで固定するようにしてあるが、現在のシースは改良されている)

Imgp3937  Hs

後者は樹脂のカラビナ状のハンドルがあるためナイフとしては使いにくいのですが、ザックやギアラックに掛けて置けるため、沢登りやクライミングの最中に咄嗟に使用する事も可能ですし、テントの中でループに吊るしておいたりできますのでとても便利です。
製作しているのは“貝印㈱”なので、刃もパッケージ出しの状態で産毛が剃れるほどしっかりしています。
またこのナイフも32gと軽くほとんど負担になりません。

Kar_1  Kar
(Karshaw/NationalGeographic JEEVA)


さらに小型のモデル(画像↓㊨)もあります。このナイフもブレードのロック機構こそありませんが、アルミ製のカラビナ部分の造りも良く十分実用的です。
なお、上記4種については刃渡り6cm以下なので、目的さえあれば(原則として)合法的に携帯が可能です。
(なお、同じメーカーの、さらに大型カラビナツールはドライバーが付いていたりして便利かもしれませんが、重さが200グラム以上あり山用としてはちょっと中途半端な感じがします)

Kar_3

また、クライミングや沢で、緊急時(?!)にロープを切断する時や、急遽ラペリング用の捨て縄を作るときなどもナイフは必須ですが、こんな目的に限定するなら、セレーション・ブレード(波刃)のナイフが絶対的に有利です。(画像↓)
また、波刃だと調理には不向きと思われがちですが(まぁ、実際に不向きなのですが・・・)岩魚の刺身くらいでしたら、私でもそれ程見栄え悪くなく造ることもできましたので、思ったより普通に使えます。

Buck  Buck_1
(このような大きな穴のあるナイフだとカラビナで吊るしておける)

また、普通の直刃のナイフでも普通に研いで鋭く刃付けをした後、ハンドルの付け根から3~4センチ位の部分を♯400以下の荒目のダイアモンドファイル等(画像↓)で、カッティングエッジの角度に添って軽くタッチアップして荒らしておくと、ロープの切断が頗る容易になりますので、ロープを使う登山に直刃のナイフを携帯する方は是非試してみてください。
(昔の武士がいざ出陣という時に、普段は剃刀のように研いである日本刀を、庭石に一撫してから門を出た・・・、というのと同じ原理ですね)

Imgp3932




(余談ですが・・・) -戯論・ナイフ考- 


実は、私・・・、現在は卒業してますが、秋葉原の事件以来、さらに日陰者扱いされるようになった、ナイフ・マニアだった時期がありました。

そういえば、あの事件以来ダガータイプのナイフは所持自体が非合法になりましたよね。
私としては、ダガーナイフに肩入れするつもりはありませんし、私自身もこんなナイフを持ち歩きたいとも思いません。
しかし、型の如何を問わず、必要な?道具を自由に持ち歩けないばかりでなく、所持すら禁止している国なんて、逆説的かもしれませんが、私はある意味でとても不健全な気もします。

実際に街中で腰に大型ナイフを帯びている人が居たら・・・、私だって、それは確かに異常だと思います。
「おい、おい!、お前はクロコダイル・ダンディーのマイケルか?」って感じですよね。

しかし、所持すら禁止っていうのは大きなお世話って感じるんです。
私の目から見れば、ナイフの収集は児童ポルノの収集よりもよっぽど健全(笑)ですし、違法薬物と同列に所持自体が禁止ってのは如何なものでしょうか?
「ダガーナイフは主として刺突を目的とした形状であるから、一般的に考えて、所持する合理的な理由は見出せない」というのが優等生的説明なんでしょうが、“それ”を美しいと感じて傍においておきたいという合理的理由のあるマイノリティーの存在は、統計上無視され、有意数とは考えられていないのです。
美術館には「人殺しの為」に作られ(しかもその目的で実際に使われた!)た日本刀が芸術作品として陳列されていますが、あれだって総ての人が美しいと感じる訳ではありませんよね。
だったら、まずはそんな危険な物から所持を禁止し、スクラップにしてしまえば良いんじゃあないでしょうかね。
拳銃や自動小銃ならいざ知らず、「たかがナイフ」・・・、たかがナイフなんですから。

まあ、刃渡り6センチ以下なら持ち歩いても良いそうですが、万が一職務質問された時にポケットから出て来ようものなら、どんな小さなナイフでも警察署まで連行される口実となってしまうのですから困ったものです。
70年安保闘争時代には、文房具のオルファ・カッターですら、持ち歩く時に新品の刃でも6センチ以下に折っておかないと、公安の職質で別件逮捕される(・・と、友人が言ってました、笑)ことも現実にあったのですから・・・。

むしろ、ダガーナイフ以上に危ない刃物だって身の回りには一杯ありますよ。
ほとんどの包丁は所持してはいけない刃渡り15センチ以上の刃物なんじゃないでしょうか。
私なんか、ダガーよりむしろ刺身包丁やアイスピックのほうにより恐怖感を覚えます。

しかも、大多数の健全な(?)ナイフマニアは大事なナイフを血で汚そうなんて思っていないはずです。
もし必要に迫られても(?)大事なコレクションには手を触れず、別の刃物を使うってのが本当のナイフ愛好者なんだと思いますよ。(多分?笑)

だいたい、あの秋葉原の事件にしたって、初めに群集に突っ込んで人の命を奪ったのはトラックじゃなかったでしたっけ?。
そして、我が国で、1年間に病気以外が原因で死ぬ人の直接の死因を分析したら、トラックが原因となる事件事故の方が、ナイフが原因となるものより何千倍も多いんじゃあないでしょうか?
だったら、まずトラックを所持禁止にしたほうが良いんじゃあないのか・・・と、真剣に考える私は、論理的なのか、それとも馬鹿なのか、どっちでなんしょうかね?

なんか、この国は都合の悪い事が起こると、象徴として、皆に分かり易い悪者をでっち上げて、それを槍玉に挙げて、(それも、多くの場合マイノリティーか反撃できない弱者を・・・) 皆でボコボコに叩いておいて、それで事足れり、と安心してしまい、本質的な原因はほったらかしにしてしまう、という悪い風習が幅を利かせている・・・。何かそんな風通しの悪さを感じちゃいますね。(“バイク乗り”なんか、いつも十把一絡げにこういう扱いをされてきました・・・し、ましてやナイフ愛好者なんてホビーの範疇ではモロにマイノリティーですから、ジャンケンする前から“鬼”にされちゃうんでしょうね)

私も、モラルやエチカなどという言葉を恥ずかしげもなく口にできる歳にはなりましたが、それでもなお、モラル・マジョリティーを自称する胡散臭い連中にはどうしてもシンパシーを感じられません。

(例によって論旨不明瞭につき・・・、閑話休題)

そんな訳で、我が家には数え切れない?ほどの刃物があります。
そればかりか、約25年ほど前にナイフメーキングに凝った時期がありまして、工作好きが高じて、最終的にはスプリングロックのフォールディング・ナイフの製作まで手を伸ばした経歴の持ち主なのです。(道徳的多数派から見れば、モロに変態かな?)

Kniv_8
(自作したナイフ達)

男子は総じて刃物に興味を持ちがちですし、工作好きの私としては当然の成り行きだったのでしょう。
当時は金も無く、高価なナイフ用のベルトサンダーも買えずコツコツと手造りをしていたのを懐かしく思い出します。
また、シース(鞘)作りのおかげで、レザーワークも上手になりました。

そんな訳で、ナイフの記事を書いたのを機会に、自宅に残っている作品を、久々に押入れの奥から引っ張り出してみましたので、ついでに幾つか御披露したいと思います。

まだ工作技術も未熟でしたし、さすがに四半世紀前の作品なのでミラーフィニッシュも曇り、ニッケルシルバーのヒルトも緑青が浮き、手縫いのシースもカビや経年変化でくたびれていました。
一応掃除はしましたがなかなか元通り綺麗にはなりませんでしたので、事情を斟酌してご覧ください。

Kn Kn_2 Kn_3 Kn_4

Kn_5 Kn_7 Kn_8 Kn_9

また、当時は、サバイバルナイフが流行だったためか、使いもしないのに、この種のナイフやファイティングナイフなど、ずいぶん物騒で非実用的なものを沢山作りました。
今考えれば赤面モノですね。

|

« スノーピーク“GST-110A”のウインドシールド | トップページ | プロモンテ VL23 は使えるテントか?①(検証編) »

その他・一般」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
読んでてホント同意見で頷いてしまいました。
秋葉原の事件依頼ナイフは悪者、しかも非常にアバウトでこれいかんでしょ?って感じの銃刀法改正。ホント刃物の精通してるアウトドア派は1人のも居なかったんだろうな~と思います。
私はボーイスカウトをしてたので、そのモットーである「そなえよつねに」が頭から離れません。ツールナイフもいつも携帯しててこそいざと言う時に役に立つ。警官の腰のニューナンブだって携帯しててこそでしょう。(笑)
いつも引き合いに出すのが女性のハンドバック。爪楊枝からティッシュ、ハンカチに化粧品、女性のツールが詰め込んであります。これもそなえよつねにです。
ナイフは危険だが、包丁やカッターは日々使ってる。刃物というくくりで何が違うんでしょうね?
警官でさえ昨今は良い悪いの判断が出来ずにクスリやったりするご時世です。私は刃物所持免許って物を作るべきだと思ってます。危険物取扱従事者みたいなもんでしょうか?
車の免許と一緒で数年更新でちゃんと刃物の扱い方を講習し、この人間は刃物の所持を許可するってやれば良いと思います。車の免許と同じくすれば、証明書にもなる様にすれば、持ってる方も恩恵はあるし、国も交付税で税収アップになると思うんですけどね。
昔、犯罪と言えば出刃か柳刃、またはナタでした。今でもナイフを使うよりそれらの方が断然多いはずです。
トラックにしてもあやつが誤った使い方をして人をはねて殺した訳で、ナイフよりトラックの方での被害の方が多かった様に思います。
トラックは所持禁止には出来ませんし、で、社会への影響の少ないナイフにみんな着せてしまおうって事でしょう。当時、各地のナイフ組合があまり反論しなかったのが非常に悔やまれました。
使う人間がおかしければ、鉛筆だって凶器になり得る。正しく使えば利器なのに昨今の日本の方がどうかしてます。
ネットでググってて推参致しまして、長々と失礼致しました。何処にもぶつけられん憤りが出ました。
ナイフコレクターだった兄のコレクションを処分し、残された借金に充てようとヤフオクに出したらBANされてしまい凹んでます。何万もするナイフを悪行に使う奴は居ないと思うんですがね。火の扱いとか、刃物の扱い、昔ボーイスカウトで習ったほとんどの事が、今の社会には不要とされて居ます。だから、正しい使い方も出来ずにおかしいのが出て来るのでしょう。
正しい使い方を教えねば正しく使えない奴も出て来ると言う事を、社会が認識せねば今後も臭い物には蓋的に、便利な物が使えなくなって来るのでしょうね。非常に残念です。><

投稿: あっちゃん | 2014年5月16日 (金) 17時33分

“あっちゃん”さん、病気中なのでご返事が遅れ申し訳ございませんでした。
まったくその通りですね。
刃物は切れるから危険なのではなく、切れるから役に立つんですよね。

投稿: 理事長 | 2014年6月 9日 (月) 07時49分

たまたま、リンク巡ってたらたどり着いて、拝見させてもらったのですが
自作ナイフ、めっちゃカッコイイっすね
刃物に興味とかないですが
売ってたら1本購入したいレベルです

投稿: Bear | 2016年7月 1日 (金) 19時43分

“Bear”さん、はじめまして。

私がナイフメーキングをしていたのはもう30年以上前の事なんですが、思い出すと懐かしいですね。
それから、この記事を書いたのも7年ほど前ですが、あらためて読んでみると、相変わらず馬鹿な事を書いていたもんだと赤面しちゃいます。
では今後ともよろしく!

投稿: 理事長 | 2016年7月 2日 (土) 07時37分

はじめまして、随分昔の記事なので現状は変わっていらっしゃるかもしれませんが、記事の中に出てきている死蔵(?)されているナガサですが、現在ももしも死蔵されていらっしゃいましたらお譲りしていただけないかと思いまして、ぶしつけながらコメントさせていただきました。

投稿: shiki | 2016年8月23日 (火) 15時02分

“shiki”さん、はじめまして!

早速ですが・・・、残念ながら私も刃物コレクターみたいなものですから、所蔵品を手放すつもりはありません。

それから、私はトップページにあるように先日秋田の沢に行ってきました。
その近く森吉山麓の阿仁町に“ナガサ”を作っている西根打ち刃物の工房があるのですが、阿仁の道の駅でもこの西根のナガサ全種類を売っているのにはびっくりしました。
さすがマタギの里ですね。
ただし、私の持っている6寸物でも25,000円という値段が付いていてまたまたビックリです。
私は確か2万円以下で買ったように覚えているのですが・・・。

では!

投稿: 理事長 | 2016年8月24日 (水) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スノーピーク“GST-110A”のウインドシールド | トップページ | プロモンテ VL23 は使えるテントか?①(検証編) »