« ガスストーブ用“ローダウン・アダプター”の製作① | トップページ | 樹脂ストラップ・アイゼンをレトロなバンド式に! »

2009年11月25日 (水)

ガスストーブ用“ローダウン・アダプター”の製作②

便利度 :★★★★☆
工作度 :★★★☆☆
推薦度 :★★★☆☆
危険度 :★★☆☆☆
(この種の改造はあくまで自己責任で!)



ガスストーブ用“ローダウン・アダプター”の製作①からの続きです)

さて、ストーブを取り付ける金具が完成したら、今度は“足”となる部分を加工します。

“足”その物も自作を考えましたが、ちょうど“マルキルのストーミー”という分離型のストーブの壊れてしまったものがあったので、その“足”を移植する事にしました!

Sk11  Sk12
(使い込んで壊れた哀れなドナー㊧に感謝しつつ、“足”を取り外す)

次に、足とメインパーツを接続するベースプレートを加工します。
材質はチタンの1ミリ厚を使い画像のように加工してみました。
マルキルから移植する足も寸法を揃え、ベースプレートを挟んでメインパーツと足を共締めしてみました。
う~ん、いい感じです・・・。(画像↓)

Skb11

が・・・、しかし!
これだと、足を折りたたんだ時、重なり合って嵩張ってしまうのです。(画像↓)

Skb12

と、いうわけですが・・・。
実はこんな事もあろうかと思って、2種類のパターン違う形式のベースプレートを作っておいたのです。

Sk10
(次回は㊧のチタン製ベースプレートを使用します)



(以下、続く・・・。)

|

« ガスストーブ用“ローダウン・アダプター”の製作① | トップページ | 樹脂ストラップ・アイゼンをレトロなバンド式に! »

ストーブ・クッカー」カテゴリの記事

コメント

3番目の写真
真鍮外周の穴を斜め下方向に開けておく
メネジを切って、其処へ
長い3mm総ネジを捩じ込む
3本 または 4本ぐらい(好みで可)

VARGOのチタンペグで済ませるとすると
穴方向を偏芯させておかないと
剣先が当たるナァ(爆)

軽くするならば
ネジから先をSUSパイプを継ぎ足して
銀ロー付けしておくとバッチリ!?
小物はバラすと無くしやすいんですが
チタンムク材よりも少し軽くて丈夫です
手間、暇は 数倍多く掛かります(笑)

ギミックだけで乗り切るなら
クランクの形で、片側だけを延長させた足です
中心のほうから、穴へ通して引き出す
バーナーを捩じ込むことでガタツキを殺す(およよ)
最後に、足先を下方向へ僅かに曲げて
やじろべぇを、解消すると
月着陸船のような、宇宙仕様が完成します


投稿: JSB | 2009年12月 5日 (土) 11時04分

JSB さん、毎度です。
差し込み式の三脚方式は私も考えました。
しかし、山では完全に部品が分かれてしまう組み立て式は、部品の紛失等が予想され実用的でないので採用しませんでした。
その次に、250カートリッジ用の安定脚を流用しようとも思いましたが、結局廃物の利用でできる現在の形式がベストだと考えて採用した次第です。
では!

投稿: 理事長 | 2009年12月 5日 (土) 16時34分

>部品が分かれてしまう組み立て式は,,,

その通りですね(痛)

JSBも 部品を幾つか無くしました
岩の隙間に落ちて、見えているのに
取り戻せなかった苦い体験も有ります
MSRのガソリンストーブなんか
ネジがホントに少ない(苦笑)
まぁ、壊れもしませんが

助言ありがとうございます
学習に励みます!

投稿: JSB | 2009年12月 7日 (月) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガスストーブ用“ローダウン・アダプター”の製作① | トップページ | 樹脂ストラップ・アイゼンをレトロなバンド式に! »