« ガスストーブ用“ローダウン・アダプター”の製作④ | トップページ | ザックのAXループをプチ改造 »

2009年12月23日 (水)

秀山荘のウォーター・ハーネスを使いやすくしました

便利度 :★★★☆☆
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★☆☆☆
危険度 :☆☆☆☆☆
(まあ、改造後でもこんな評価でですかね?)


私はもう岩やアルパインクライミングはしませんし、行っても簡単な沢くらいというのが現状です。(・・・というか、現在は足の怪我の後遺症で簡単な沢にすら苦労する状態です)
こんな場合、ハーネスはなるべく軽く簡単なものが良いと思います。
とは言うものの、ウエストだけのスワミベルトだと垂直のラペリング時にはさすがに苦しいですから、そんな時にはシットタイプやレッグループタイプのハーネスだと断然快適です。

で・・・、沢用のハーネスを市販のものの中で選ぶとすると、BDの“アルパインボッドハーネス”エーデルワイスの“ランド”、など、シットタイプの簡単なものが適していると思います。
理由は、レッグループ・タイプのハーネスはパンツを履くようにレッグループに足を通さなければならないので、足場の悪い場所(特に沢では詰めの変な場所でハーネスの再装着を要求される事も少なくない)や、アイゼンを履いている時など装着時に無理な体勢を強いられますが、これらのシットハーネス・タイプのものは立ったままで、極端な話スキーを履いたままでも装着ができるからです。
(また、使った事はないのですが、CAMPの“コーラル”も少し嵩張りますが、レッグループ式とシットタイプの良いところを兼ね備えた、プロテクション能力の高いアルパイン向きの良い製品だと思います)

Hned  Hnbd
(私の使っているエーデルワイスの“ランド”㊧とBDの“アルパインボッドハーネス”㊨)

そんな訳で、沢用のハーネスを1つだけ選べと言われたら私はこのBDの“アルパインボッドハーネス”を推薦します。(㊟“ボッド・ハーネス”でなく、“アルパイン・ボッドハーネス”です)

しかし残念ながらこのハーネスはレッグループを取り外してスワミベルトとして使用することはできません。(エーデルワイスの“ランド”は取り外しもできますが、使用時にレッグループの部分がズレて不愉快なので私は自分のサイズに合わせて縫い付けてしまいました、また非常に軽い反面、素材が薄くペラペラで少々頼りない感じです)

必要な時にはレッグループを使用し、簡単な沢ではレッグループ取り外してスワミベルトとして使用したい・・・、そんな我侭を実現してくれる沢用ハーネスは、沢の名門『秀山荘』オリジナルの“ウォーター・ハーネス”くらいのものでしょうか?。
レッグループの落ち着きや装着の面倒さという点では不満もありますが、まあまあ悪くない商品だと思います。
(通常のクライミングハーネスもレッグループ取り外せるものが多いので、スワミベルトとしても使用できますが・・・、嵩張るし水を吸いますし・・・)


Hncz  Hncz2
(秀山荘のオリジナルブランド Climb Zone の“ウォーター・ハーネス”)

しかしながら、大小異なったウエストサイズに対応し、またレッグループを取り外し可とする必要から、後ろ側のレッグループ・ストラップをスワミベルトの背部中央に固定する部分が自由にスライドするような構造になっているのはいただけません。
まぁ、これはこれで仕方の無いことなのでしょうが、使用中にズレてしまうと少々の違和感がありますし、装着しようと「ガチャ袋」から取り出した時にこの部分がベルトからすっぽ抜けていてイライラすることもありました。
かと言って、この部分を自分のウエストサイズに合わせて縫い付けてしまうと使い回しがききませんし、着衣によってサイズを調整することも難しくなります。

そこで、取り外しと調節ができて、しかも使用中にズレないように改造することにしました。

構造は画像をご覧いただければお判りだと思います。
スワミベルトの背中部分に、自分のウエストサイズを中心に調節する余裕を持った長さのベルクロのループ面を縫い付け(画像↓㊧)、レッグループを取り付けるパーツの部分に短いベルクロのフック面を縫い付けただけです(画像↓㊨)。

Hncza  Hnczb

使用にあたっては、実際に装着してみてビレイループを腹の中心に位置させたとき、ちょうど反対の背中の中心位置にレッグループの後ろの取り付け部分を移動させ、ベルクロで固定するだけです(画像↓)。

Hnczc

簡単な改造ですが、使用中にレッグループはズレませんし、入渓する時にも悩まずスムーズに装着できるようになります。
また、当然のように簡単にレッグループを取り外し、スワミベルトとして使用することもできます。

正直な話をすると・・・、実は、普段私は脱着の面倒さからこのハーネスについては、レッグループを取り外し、もっぱらスワミベルトの状態で使用しているのですが・・・、まぁ、改造する意味はそれなりにあったと思います。

|

« ガスストーブ用“ローダウン・アダプター”の製作④ | トップページ | ザックのAXループをプチ改造 »

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガスストーブ用“ローダウン・アダプター”の製作④ | トップページ | ザックのAXループをプチ改造 »