« 秀山荘のウォーター・ハーネスを使いやすくしました | トップページ | 携行型の浄水器を山で使う »

2009年12月30日 (水)

ザックのAXループをプチ改造

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


登山用のザックにはピッケル(アックス)を固定できる構造が設けられているのが普通です。

最近は少数ですがピッケルのピック部分をスリットに収納できるタイプのアックスホルダーを装備した便利なザックも市場に出回っていますが、大半は伝統的な形態のアックスループをザックのボトム付近に縫い付けたもの(画像↓)がほとんどのようです。

Imgp4084

このシステムはシンプルでありながら確実にピッケル(アックス)を固定できる定番の仕組みではありますが・・・、実際に使うとなると、このシステムにも問題が無いわけではないのです。

それは、ザック・メーカーの立場として、取り付けられないピッケルが在ってはいけないと考えてのことか(?)、ほとんどの場合かなり大きめのサイズのアックスループが取り付けられているという事です。(メーカーによっては明らかに大き過ぎのモノもあります!)

まあ、大き過ぎたとしても通常は問題が無いのですが、普通のアッズタイプでは問題無くても、マルトーピオレ(ハンマー付きのアックス)を取り付ける場合はループが大きすぎると稀にループからヘッドが外れてしまう事もあるのです。

また、BDの“レイブン”(画像↓)に代表される把握性の良い細身のヘッドを持った最近のピッケルの場合は、外れる事は無いとはいえブラブラ動いて、かなり不安定にしか固定できない場合も少なくありません。

Imgp4085
(最近のピッケルの中にはループ式のアックスホルダー向きでないモノも・・・)

また、ループが大き過ぎてビックが外を向いてしまっていると(画像↓)同行者に危険なばかりでなく、藪などで引っ掛かってしまう恐れもあるので要注意です。

Imgp4063
(↑・大きすぎるアックスル-プは固定がルーズになってしまう)


そこで、私はアックスループを自分の多用するピッケルに合わせた長さに調節しています。
やり方は、画像のように丁度良い長さにアックスループの輪を縫い縮めるだけです。
バックルでアジャスト機構を設けても良いのでしょうが、せっかくのシンプルな構造なのでこのままにしておきました。

Imgp4086  Imgp4088
(ループの中間を3つ折りにして縫い、㊨画像のようにループを小さくする)

縫製に当たっては、使用するピッケルを実際に通してみて、ループが小さくなり過ぎない適度な大きさを決め、デフォルト復帰を考慮して細い糸で簡単に縫っておくと良いでしょう。
また、ミシンが無くても手縫いで十分ですので、このタイプのザックを御使用の方は早速改造してみてはいかがでしょうか。

皆さんにも是非お勧めしたい、簡単便利でとても有効なプチ改造だと思います。

|

« 秀山荘のウォーター・ハーネスを使いやすくしました | トップページ | 携行型の浄水器を山で使う »

その他・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秀山荘のウォーター・ハーネスを使いやすくしました | トップページ | 携行型の浄水器を山で使う »