« “VL-23 用ギアハンモック” も、作っちゃいました | トップページ | “オールマウンテン系逆反り板”は「山ボード」向きか? »

2010年1月27日 (水)

G3 の“新型スキン・トリムツール”を試す

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :★☆☆☆☆


北国から雪の便りが届く季節になると、道具のチェックやメンテナンスという山スキーヤーにとってシーズン前哨戦の年中行事が始まります。

久々に道具を物置から引っ張り出す山スキーヤーの心配の種の一つが、スキーシール(クライミングスキン)の状態がどうなっているかです。
昨シーズン使ったままで保管していたシールは、ゴミだらけになっていたり、接着力が落ちていたり、下手をするとベトベトの最悪状態になっているかもしれません。
チェックした結果が、今シーズンの使用にも問題無さそうだったら万々歳なのですが、何シーズンか経ていて状態が悪い場合には、辛いシールトラブルで泣かないように、グルーを塗り足したり全面塗替えをしなければならならないからです。

また、シールを新調した場合でも、スキーに合わせてトリミングしなければならないという避けて通れぬ作業が待っていますが、これもシールのメンテナンスに負けず劣らずかなり厄介な仕事ですよね。

以前の記事①、同  、で、私はこの厄介なシールのカットを何とか簡単にできないかと考えた末、新型のトリムツールを自作して2年前の当ブログで紹介したことをご記憶の方もいらっしゃると思います。
今シーズン私の作ったものと同じ発想のトリムツールがG3から発売されました。(画像↓)
どの国にも、少しでも楽をしようという私と同じような考えをする方が居るっていう事なのでしょう。

Ttool  Ttool_1
(G3の新型トリムツールはエッジガイドと刃が4㎜程オフセットされ、若干内側でシールをカットできる)

この自作ツールに関しては、私が実際に作ったのが2007年の秋ですから、アイデアとしてはG3より先行していたとは思いますが、さすがメーカーとアマチュアの差は歴然で、私のトリムツールが左右のカットで刃を付け替える作業が必要があったのに、このG3の市販製品は両サイドどちらでも使用できるようになっていて、使い勝手も格段に良くなっているように見えます。

Ttool_2
(㊧自作、㊨G3製のトリムツール)

まあ、私の自作品が優れている点はエッジからシールの切断面までの距離を任意に調節できるという事くらいでしょうか?。

で・・・、今回はこのG3のトリムツールを使って、今シーズン用のシールをトリミングしてみることにしました。

ところで、ここ数年、私はBDやアセンション、G3といったアメリカンタイプのスキーシールを主に使っていましたが、このタイプのシールは厚めで生地に腰があり、グルーも厚めのシート状でトラブルは少ないのですが、やや嵩張って重いという欠点もあります。

それに比較して大昔からあったコールテックスやモンタナ等のヨーロッパタイプのシールは、基布も薄めでグルーも塗布式で、カット面の処理や頻繁なメンテナンスが必要になる場合もありますが、その分軽くコンパクトに携行できます。
そこで今回私は久々にコールテックスのシールを使用することにしました。

薄めで軟らかいヨーロッパタイプのシールをこの新型トリムツールでカットするには、アメリカンタイプのシールより慎重な作業が要求されそうです。
・・・、はたして上手くできるでしょうか??

さあ、早速カットして見ましょう。

まず、シールを正確にスキーのセンターに合わせて貼り付けます。
そして、トップからトリムツールのガイド面をエッジに沿わせ、セパレーターをソールとシールの糊面の間に挟み込んでスライドさせ、刃がシールに切り込んだらそのままエッジに沿って慎重かつスムーズにテールまでトリムツールを移動させます。
カッターに先行して、セパレーターがソールと糊面を剥がしながら進みますので動かすには抵抗がありますが、なるべく一定の力・一定のスピードを心がけましょう。(画像↓)

コールテックスのシールは薄く柔らかいので、カッターが最初にシールに斜めに切れ込む部分では特に慎重に作業をし、カット中も切り落とした細い端材をもう片方の手で引っ張るなどしてシールが弛まないよう注意しながら作業を進めると良いでしょう。
G3やアセンションのように厚く張りのある基布のシールだと作業はもう少し楽になるかもしれません。

Ttool_3  Ttool_4
(テール方向にできるだけ一定の速さで一気にカット!)

下の画像のように左右1回づつでシールのトリミングがが完成です。
これは便利、便利! 以前のように貼ったり剥がしたりを繰り返した作業が嘘のようで、あっという間に完了です。

Ttool_5  Ttool_6

しかし、このトリムツールでカットしたスキンはエッジの端からシールの切断面までの間隔が3.5mm~程度開いてしまいます。(画像↓)
私としてはこの部分を2mm位にして、エッジの内側のラインギリギリまでのシール幅にしたいところですが、このトリムツールだとエッジだけでなくソールも僅かですが帯状に露出してしまうのです。
アメリカンタイプのシールの場合は若干違ってくるかもしれませんが、まあ、この程度でしたらシールの効きに殆ど影響は無いと思いますが、私的には少々気になる所ではあります。

Ttool_7
(カットラインはかなり内側になる)

まあ、、総合的に判断すると、非常に便利な製品であることは確かですし、特に上記のようにカットラインがやや内側になりエッジを大きく出すのが好みの方には理想的な道具だと断言できます。
あんなに面倒だったシール・トリミングの工程が大幅に簡便化され、手順をあれこれと悩まずに済むのですから・・・、とりあえずは絶賛!大推薦!と言うところでしょうか。

とは言え、私自身が再びこのトリムツールを使う時には、エッジガイドの部分に薄いアルミ板などを貼りカットラインとエッジのオフセットを少なくして使用するか、最初にこのトリムツールでカットした後、一度シールを剥がし、カットラインを前回より1mm弱ほど内側の位置に貼り直し、今度は普通のカッターで反対側のラインをエッジに沿ってカットする、という方法を採ると思います。
作業が1工程増えますが、こうすればシールの端はエッジから2mmくらい内側に位置しますし、張替えが1回増えても、最後のカットはエッジに沿って普通にカットするだけですから、このトリムツールで神経を使いながら作業するよりよほど楽です。

また、場合によってはこのツールでカットした後、張り替えずに、そのまま反対側をエッジに沿って普通にカットしても、結果として両側に1.5mm.以上はエッジが出ますのでこれが一番簡単な方法かもしれません
この、片側はこの新型トリムツール、反対側は普通のカッターを使用するという方法では、いずれもシールのセンターラインが若干ズレますが、この程度は以前の作業でも発生していた事で、実用上は全く問題にならないレベルと考えても良いでしょう。

・・・で、最後になりますが、このブログを参考にしてくださる皆さんに対する私としての最善のアドバイスは、G3の新型トリムツールを使う時は「迷わず一番最後の方法を採りなさい!」と言う事なんだと思います。
参考になれば幸いです!


【G3のトリムツールはエッジからカットラインまでの間隙が大きめに固定されているのに対し、自作のものは任意の位置(私は2mmに設定)でカットできる仕組みにしていますが、これは結構重要な事かもしれません。

また、このG3のトリムツールは樹脂製のためセパレーター部分に厚みがあり、スライドさせる時に抵抗となってしまうのに対し、自作トリムツールのセパレーターはステンレスの薄板ですから、G3製よりスムーズにスライドできました。
まぁ・・・、自作のものは左右のカット毎に刃の向きを変えなければならないという弱点もあるんですけど・・・。】



【余談ですが】

このトリムツールに関しても、私のほうがメーカーさんより早くアイデアを形にしていた、と自負していますが、もう一つ、今では常識となっているスキーシールのメッシュ状チートシートについても、私はBDのカタログに載る1年くらい前には、既に自作して使っていて、サイト上でも公開してたんですよね。

まあ、人間ですから、考えれば誰でも同じようなアイデアが出てくるのでしょうから、公表の時期が多少早かったといって自慢するほどのものでも無いのかも知れませんけど・・・。(笑)

『必要は発明の母』って言いますが、“今”に満足せず、この状況を自分に与えられた条件の中で、如何に改善できるか?って思惟すること自体、結果の如何を問わず、とても楽しい行為だと・・・、私は思います。
結局これが私の道具道楽の原点かな?

|

« “VL-23 用ギアハンモック” も、作っちゃいました | トップページ | “オールマウンテン系逆反り板”は「山ボード」向きか? »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “VL-23 用ギアハンモック” も、作っちゃいました | トップページ | “オールマウンテン系逆反り板”は「山ボード」向きか? »