« アイゼン用ハーフサイズ・アジャスター | トップページ | G3 の“新型スキン・トリムツール”を試す »

2010年1月21日 (木)

“VL-23 用ギアハンモック” も、作っちゃいました

便利度 :★★★★★
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


以前、BDのハイライトファーストライト用のギアハンモック(ギアラックとかギアロフトとか呼ばれる場合もあります)の作成の記事を書いたのをご記憶の方もいらっしゃると思います。

今回は、行き掛かり上で、VL-23 用のギアハンモックを作ることになりましたのでご紹介します。
このような、2人だとギリギリのサイズの軽量テントは小物の置き場に不自由しますので、この種のギアハンモックは非常に有効な小道具だと思います。


Vl33_1hp
(カモシカ・スポーツのエスパースには標準装備されている機種があったり、アライテントでは別売オプションとしてギアハンモックがラインナップされているという例もありますが、専用オプションとして設定のないテントも多く、このVLシリーズもその一つです。)


さて、VL-23 の幕体内側には当初から天井の四ヶ所(中央を入れると5ヶ所)にループが付いており、ここに細引きを渡して小物などを掛けられるようになっていますが、この状態では強度も心配ですし、位置が下過ぎてここにギアハンモックを吊るすとなるとテントの中で座った時に頭が押さえられてしまいそうです。
そこで、ある程度の重さのモノ乗せたり吊るしたりした時にも、幕体の縫い目に無理な力が掛からない位置でなるべく上のほうにギアハンモックの支点を作ることにしました。

とは言え、スリーブ形式のテントでしたら任意の位置に支点を設ける事ができるのですが、このテントは吊り下げ式のため何所にでも安定した強度の有る支点を取り付けられるという訳にはいきません。
そこで、下記のような方法を採りました。

このテントは吊り下げ式で中央と12箇所のクリップでフレームに本体を吊り下げる構造となっています。(画像↓)

Vl23_1   Vl23_3

そこで、この吊り下げ部の一番上のクリップを本体に取り付けてあるループが縫いこまれた、裏側のタックの部分に薄いテープの輪を縫いつけギアハンモックの支点とすることにしました。
この位置でしたら、多少力が掛かってもクリップを経由してフレームで加重が分散され、ギアハンモックに多少重いものを載せても問題は無いはずです。(画像↓)

Imgp3894  Imgp3895
(画像㊨のテープ裏のタックの部分に支点のループ㊧を縫い付ける)

この位置の4つの支点の作る長方形は、概ね23センチ×46センチですのでこれよりもやや小さめなハンモックを作り細い紐で本体のループに固定することにしました。

まず、平紐で矩形の枠を作りそこにメッシュを縫い付けます。
メッシュを縫製する段階で、平紐の長さの数パーセントの縫い縮みが出ますので、それを想定して平紐の枠を作りましょう。
また、メッシュは伸びますので、縫う際は均一なテンションを保ちながらミシンを掛けないと歪な形になってしまうので注意が必要です。

Ghvl1
(取り付け紐を含み10g程度とほとんど気にならない重さです)

縫い上がったら、後はテントを張ってループに細紐で固定すればOKです。
以前紹介したBDのインナーフレームテント用のギアハンモックと異なり設営のたびに付け外しする必要が無いので、常時使用するならちょうど良い寸法に固結びをしてしまってもかまいません。
また、頻繁に取り外す事が予想される場合は、プラスチックのフックを介してループに接続すると良いでしょう。

Ghvl2  Ghvl3   

ギアラックを固定した状態と、使用している状態が上の画像ですが、狭いテントの中で置き場に困るメガネやサングラス、あるいは行方不明になりがちな小物などを置いておくのにとても重宝します。

また、小物置き以外にも以前にご紹介したように、メッシュ部分の中央にヘッドライトを下向きに置けばフロアをマイルドに照らす理想的な(?)照明になりますし、ラジオを置けば水平に回転させてフェライトアンテナの向きを変えることで中波のラジオ放送を感度良く聞くことも可能です。

以上のように、とても便利な自作道具ですし、VL-23 以外のVL-**シリーズでも寸法を変えれば同様に取り付けられますので 、ユーザーの皆さんには是非お勧めしたいと思います。

|

« アイゼン用ハーフサイズ・アジャスター | トップページ | G3 の“新型スキン・トリムツール”を試す »

テント・シェルター」カテゴリの記事

コメント

どもども~~~ やっとJUKIのミシンが動き出しましたよ!
これから何か生み出さなければいけませんね~

ご報告まで! Vagabundでしたhappy01

投稿: vagabund | 2010年1月21日 (木) 12時58分

Vagabund さん、サイト拝見しました。
なかなか良さそうなミシンですね。
あとは台を付けて、調整をして・・・と、楽しみが増えましたね。
私は性格が大雑把なものですから、裁縫の腕は一向に上達しませんが、ミシンとのお付き合いは長いので、糸や調整の事でしたら少々はノウハウの蓄積があります。御不明な点がありましたら遠慮無く御質問ください。
では!ミシン復活に向けての健闘を祈ります。

投稿: 理事長 | 2010年1月21日 (木) 14時09分

理事長さん ありがとうございます!  今後ともよろしくお願いしますね~。

それとなかなか手に入らない素材がMLV Factoryのほうに入荷しました!
コーテッドリップストップポリエチレン(通称クリスプ)です。 
素材販売のUPまではもう少しかかりますが 
色々使えそうだし シルよりはるかに縫いやすそうですよ~ 自作派にはお勧めかな??

さてなに縫おうかな~~(白 濃紺 緑です!)

投稿: vagabund | 2010年1月21日 (木) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アイゼン用ハーフサイズ・アジャスター | トップページ | G3 の“新型スキン・トリムツール”を試す »