« “シンコウ・カンジキ”を山用に弄る① | トップページ | MSR・ライトニングの改造/Part Ⅱ ① »

2010年2月25日 (木)

“シンコウ・カンジキ”を山用に弄る②

便利度 :★★★★☆
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :★☆☆☆☆
(改造は自己責任で!!!)


『“シンコウ・カンジキ”を山用に弄る①』からの続きです。

さて、SK-Ⅰの改造ですが・・・。

山用のワカンは、シッカリ固定されつつも、同時にある程度の遊びを持った柔軟な固定が理想です。
そこで、靴の前後の位置を安定するようにヒールに細引きのループを回し、踵の位置を決められるようにしました。
この部分の固定には通常の細引きとアイゼンバンド用の15mmのテープとスプリングバックルを使用しました。
なお、ヒール・ループは、画像のように強度に影響の無い部分に穴を明け、使用する靴の大体の大きさに合わせたロープを通しました。

またSK-Ⅰの土踏まずを乗せるサイドメンバーと靴の固定ですが、当初はこの部分にもアイゼンバンド用の15mmのテープとスプリングバックルを使用していました。(画像↓)

Imgp4062
(ウレタンベルト固定に改良前のSK-Ⅰ)

これでも特に不都合は無かったのですが、その後靴がある程度前後に回転する遊びを持たせるため、MSRのスノーシューに使われていてウレタンベルトと専用バックルを使用して柔軟な固定ができるように改造しました。

この部分の固定ですが、フレームにあるオリジナルのゴムベルト用のスリットでは幅が広すぎ、トラバース時などに靴が横に回転してしまう場合がありました。
そこで、本来のベルト固定用スリットは使用せず、本体内側に穴を明けてそこに通したダイニーマロープにMSR製ウレタンベルトのバックルを固定しました。
画像のようにダイニーマロープには細いウレタン製のエアホースを通してあります。

Wakann_6
(改造後のSK-1)

MSRのウレタンベルトとバックルの固定は画像のような方法を採りました。(画像↓)
一方はMSRのバックルとコキ(“日”の字型のバックル)を15ミリのアイゼンバンド用テープを縫製で組み合わせ。
もう一方のバックルも同様にコキと15ミリのテープを組み合わせましたが、こちらは縫製ができない構造ため、アルミ製の潰しリベットで固定しました。(通常のカシメでは強度が心配なためです)

Wakann_4  Wakann_2
(今回の改造のポイントとなるストラップ取付けパーツ㊧と、ウレタンベルトと組み合わせた状態㊨)

これを組み立てれば完成です。
装着には輪カンジキに足を乗せて位置決めをしてからMSRのウレタンベルトを適当な強さに締め込み、それからヒールループに付けたテープをスプリングバックルで締めればOKです。(画像↓)

Wakann_5  Wakann_3
(SK-Ⅰはご覧のように小型だが、最低限必要な浮力は確保されている)

登山靴に取り付けてもシッカリと固定され、また柔軟性も確保されており理想的なワカンに一歩近づいたと思います。

(SK-Ⅱの改造についてもほぼ同様ですが、後日紹介したいと思います。)

|

« “シンコウ・カンジキ”を山用に弄る① | トップページ | MSR・ライトニングの改造/Part Ⅱ ① »

その他・一般」カテゴリの記事

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “シンコウ・カンジキ”を山用に弄る① | トップページ | MSR・ライトニングの改造/Part Ⅱ ① »