« チタンクッカーに容量マークを付けよう! | トップページ | “トレッキングポール”の小改良 »

2010年3月25日 (木)

アイゼンケースを外付け用に改造

便利度 :★★★★☆
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


冬山登山に必須なのがアイゼンですが、鋭いツァッケがあるため持ち運びには神経を使います。
ケースに入れてザックの中に入れても他の荷物やザック本体を傷付けそうですし、ザックの外側に剥きだしでぶら下げるのも不安定ですし、固定するのも意外と面倒ですよね。

また、冬専用のザックの中にはバックパネルにアイゼンケースが装備されているものもあり、大変便利なのですが、それの有無だけでザックを選ぶのも賢明ではない気がします。

そこで、手持ちのアイゼンケース(Mt.Dax 製)をザックに取り付けられるように改造してみました。

Ccase  Ccase_1

画像をご覧頂けば説明は不要だと思いますが、市販のアイゼンケースの側面に20ミリのナイロンテープを任意の位置にストラップを通せるよう、デイジーチェーン状に2本縫い付ければ完成です。
袋物なので通常のミシンでは縫うのが難しいため、私は工業用の腕ミシン(画像↓)を使いましたが、それほどの厚物ではないので家庭用のフリーアームミシンがあれば十分縫製が可能だと思います。
バータック縫いができる家庭用のジグザグ・ミシンがあれば、それを使えばより簡単かもしれません。

Ccase_2

取り付けはザックのサイドのコンプレッションストラップや、バックパネルの汎用ストラップをアイゼンケースに新たに縫い付けたデイジーチェーンに通して固定すればOKです。(画像↓)

Ccase_5  Ccase_4

そのままアイゼンを入れてバックルを留めただけでも良いのですが、取り付けたストラップをアイゼンケース外側に一周させて締めればさらにシッカリ固定されます。

頻繁にアイゼンを着け外しする場合などとても重宝しますし、ザックの中で他の荷物を傷付けたり、ザックの外側でブラブラする心配もありません。
最初からザックに取り付けられているアイゼンケースに比較すれば格好はよくないかもしれませんが、簡単かつ有効なので、是非お勧めしたい山道具改造だと思います。

|

« チタンクッカーに容量マークを付けよう! | トップページ | “トレッキングポール”の小改良 »

その他・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チタンクッカーに容量マークを付けよう! | トップページ | “トレッキングポール”の小改良 »