« MSR・ライトニングの改造/Part Ⅱ ② | トップページ | アイゼンケースを外付け用に改造 »

2010年3月18日 (木)

チタンクッカーに容量マークを付けよう!

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


クッカーでお湯を沸かす場合、必要な容量が正確にわかれば、貴重な水を節約することができ、また無駄な燃料も消費せずにすみます。
この意味でもクッカーを選ぶときは、容量の目盛りのあるものを選ぶことがベターだと考えられます。

Gst110ax
(自分でマークをしたチタンクッカーを実際に使用しているところ)

しかし、クッカーの中には目盛りの一切無い製品も存在しますし、特に私のようにバーゲンで安いチタンクッカーを物色して購入する場合は、そんな贅沢は言っていられません。

そこで、容量目盛りのないクッカーに正確な容量マークを付けてみました。
用意するものは小さな、ボールベアリング等の鋼球(玩具のエアガン用のBB弾でも可)・木槌か硬質ゴムハンマー・当て金(適当な物なら何でもよい)・テープ・鉛筆、のみです。


(手順)

①メジャーカップで必要な容量の水を量り、チタンクッカーに入れる。

Cm1

②水平な場所で水面の位置を、クッカー内面に鉛筆でマークする。

Cm2

③マークの位置に鋼球かBB弾をテープで貼り付ける。

Cm3

④テープで貼った鋼球(BB弾)の所に適当な“当て金”を接触させ手で保持しておく。
当て金は表面にRのある物を使うと、内側に無用な傷を付ける危険がありません。

Cm4

⑤表からその部分を木槌か硬質ゴムハンマーで軽く叩く。

Cm5
(実際には片手で“当て金”を保持して叩きます)

⑥表側に凸となる、小さなドットができあがる。

Cm6

以上で、安物のチタンクッカーに、簡単に容量マークが付けられました。

また、表側に木の板を当て、鋼球を固定した内側から小振りなハンマーで叩いても同様な加工は可能なので、どちらでも好みの方法を選んでください。

外側に凸としたのは、この例の場合、クッカー内に250型のガス・カートリッジが丁度納まる寸法だったため、内側を凸にするとがす・カートリッジが取り出しにくくなるという理由からで、その問題さえなければ、裏に木片を当てて表からハンマーで叩くという方法でも良いでしょう。

ただし、この方法でマークできるのはステンレスかチタン製のクッカーで、アルミ製のクッカーだと表面の陽極酸化処理層を傷めてしまう恐れがあります。

また、容量のマークは上記の例のように、500CCと1000CCという区切りのよい単位でも、200CC単位で何カップか、でも良いですし、あるいはα米一袋に丁度という容量など、各自で工夫しても面白いかもしれませんね。

|

« MSR・ライトニングの改造/Part Ⅱ ② | トップページ | アイゼンケースを外付け用に改造 »

ストーブ・クッカー」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
VLの件、コメントありがとうございました。
改造とても参考になりましたのでさっそくやってみようかと思います。

道具の改造、、、すごいんですね。
おそろしく器用で羨ましいです。
実はミニトランギアにも目盛付いていないので、
何かしようかと思っています。
リーマーで削って目盛を付けようかなんてです。

投稿: 茶柱 | 2010年3月21日 (日) 02時59分

茶柱さん、ようこそ!

お褒めをいただきましたが・・・、実は私自身はは手先がかなり不器用だと思っています。
特に裁縫なんか恥ずかしいほどほどヘタクソなんですよ。
ただ「失敗して元々、何でもやってみよう!」という気持ちだけは強いと思っていますが・・・。

では、今後ともよろしく!

投稿: 理事長 | 2010年3月21日 (日) 12時26分

これは好い! 早速、JSBもやってみます
内側からは、ハンマーを叩けないので
どうしたものかと困っていました
当てモノを内側にセットする、気が付かなかった(痛)

 キャリパー式のポットハンドルを
YouTube動画にUPしました
もちろん、種も仕掛けもあるのですが、3gです
 限定条件の下でのみ可能(苦笑)
ご照覧ください

投稿: JSB | 2010年3月26日 (金) 20時14分

JSBさん、毎度です!
手持ちのチタンクッカーにどうしても容量の目印をつけたくてこんな事を考えてみました。
「必要は発明の母」なんて言いますけど、山登りでも「今この状況をより快適にするためには、どんな道具が必要か?」という意識を常に持っていると、新しいアイデアが生まれてくる気がしますね。
では!

投稿: 理事長 | 2010年3月26日 (金) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MSR・ライトニングの改造/Part Ⅱ ② | トップページ | アイゼンケースを外付け用に改造 »