« “Dakota 20”は山でも使えるか?③(日本語表示編) | トップページ | “Dakota 20”は山でも使えるか?⑤(新・地図レビュー) »

2010年6月 3日 (木)

“Dakota 20”は山でも使えるか?④(日本語地図編)

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★☆☆
危険度 :☆☆☆☆☆



「“Dakota 20”は山でも使えるか?③」からの続きです。

その後、別の.gtt ファイルを少し書き換えたモノに換えてみたらメインメニュー(画像↓)を含め、かなりマシな表示に変わりました。(・・・と、親切な“小人さん”が言ってました・笑)
機器側からの日本語入力はできないものの、見た目はかなり日本語版に近づいた感じです。

Mainj  Dakotaj
(㊧以前のメニュー画面 → ㊨新たな .gtt に書き換えた後のメニュー画面)



さて、今回は日本語表示が可能となった Dakota/改で、日本語の陰影表現のできる純正地形図“TOPO10m Ver 8.03 ”がどのようにディスプレイ上に表現されるか、 VISTA-Hcx との比較で検証してみましょう。
※〈追補〉英語版のGPS機器では、micro SD 版以外の純正日本語地図は使用できません。

まずは、Dakota で“TOPO10m”を読み込んだ時の画像です。
場所は前回同様、双六岳周辺ですが、当然のように地名と転送したウェイポイント名はしっかりと日本語で表示されています。

また、前々回の記事でテストした“UUD製の地形図”と異なり、登山道も曖昧にならずハッキリとした破線で表現されています。

Topo803d2

陰影表示は見た目にも美しく、直感的に地形の凹凸を把握させてくれますが、これ以上ズームアップした場合は陰影無しの画像と比べても地形の読みやすさに大きな差異は無いと思います。

ちなみに、 Dakota では陰影表示の ON / OFF が選択できますが、陰影表示をキャンセルした場合が下の画像です。
かえって陰影無しの画像の方がスッキリしている様な気がしませんか?

実際の戸外では、陰影のある画像は Dakota の精細度のイマイチな液晶画面の影響もあってか、条件によっては視認性にかなり問題があるような気がします。
例えば、バイクのハンドルに Dakota を取り付けて林道ツーリングをする場合など、陰影表示のある地図だとコントラストに乏しく、常時バックライトONにしても走行中の一瞥視認はかなり困難でしょう。
そんな時は陰影表示をキャンセルすると少しは視認性が良くなるかもしれません。

私見ですが・・・、陰影表示は室内で眺める分には綺麗で良いのですが、実際の登山ではほとんどの場合無用の長物かもしれません。

Topo808dnr
( 結局、陰影表示をキャンセルし等高線のみにした方が・・・)

さて、次は“TOPO10m”のほぼ同じ場所を VISTA-Hcx で見てみましょう。

Topo803v2
( VISTA-Hcx で 同じ“TOPO10m”の同じ場所を描画した状態)

いかがでしょうか・・・・・・・?

ご覧になる方の主観で評価はそれぞれだと思いますが・・・。

私の印象では、 Dakota は新製品としてタッチスクリーンや3軸コンパス、陰影表示など、それなりの進歩はしているようですが、ディスプレーの視認性に関しては旧世代のGPSから進化しているようには感じられません。
純正の地図を使用する場合でも、山での実用性を考えると、むしろ VISTA のほうに軍配を上げたいような気がする、というのが正直な印象です。


★さて、以上述べてきた Dakota 20(デフォルト状態の英語版)の気になる点を整理してみましょう。

①英語版しか購入できず、しかも正規代理店品は英語版でもかなり高価
②アウトドア用だからか?タッチスクリーンのレスポンスはあまり良くない。
③タッチスクリーン操作の階層はやや複雑で、慣れるまで戸惑う。
④ディスプレーの明瞭度・精細度がイマイチで、視認性には明らかに問題がある。
⑤英語表記では上記④とも関連し、即座に地名の読みとリが難しい
⑥英語版では当然のように日本語のウェイポイントの登録ができない
⑦バッテリー寿命がカタログ値でも20時間だが体感ではそれ以下。(→実測テスト予定)

という訳で・・・、私も自分の所有する新鋭機?の悪口ばかり言いたくはないのですが、率直な話をすると 、Dakota 20(英語版)を正規代理店経由で購入し、英語表記の地図を載せて使用するのは、費用対効果の面で貧乏で賢明な山屋の選択肢ではないと断言できます。

とは言え、日本語版の VISTA-Hcx/J の販売価格が、最新の Dakota 20 の最安実勢価格と比べて約2倍と高価なことを考えると、今更旧世代機種の日本語版 VISTA-Hcx を買うのも馬鹿馬鹿しいですよね。(純正の日本語地形図も高いですしね!)

結局日本語版の無い現状では、 Dakota20 を購入した場合、ユーザーはかなり使い勝手の悪い状況に甘んじるか、あるいは下記の理由でお勧めはできませんが、自己責任において日本語の地図を読めるようにして使うかの二者択一を迫られるわけです。

まぁ、私も英語版のファームを無理矢理台湾版のファームに入れ替えるというのはさすがに問題アリだと思いますが、ギリギリの“力ワザ”や“裏ワザ”が許されるなら、やはり一番良いのは台湾旅行にでも行って正規品の台湾版をお土産に買って帰ることでしょう。(笑)
台湾版でしたらデフォルトで日本語の地図や日本語のウェイポイントが表示できてしまうそうですから・・・。
それでも不満なら、買ってきた台湾版を自分で擬似日本語版にしちゃうのもアリかもしれません。

しかし、完璧に拘らなければ、今回の一連の記事のように、安価で入手の容易な英語版を英語版ファームのまま、日本語表示化しただけでも、実用上は十分だと思います。

ただし、これらの作業は今日のIT社会の趨勢として“消費者の裁量”の範疇だと言えなくもないとはいえ、(著作権の制約を受けないフリーフォントを使ったとしても)あくまでグレーゾーンの行為であることにはかわりありません。

ちなみに、私も実験終了後には初期状態に復帰させてしまいましたので、私の Dakota 20 も現在はノーマルな英語版に戻っています。
(私は正規品の VISTA-Hcx/J のほうが山では使い易いと考えていますので、当面“テスト”以外では Dakota を山で積極的に使用するつもりはありません。)

何れにせよ、ユーザーに(一抹の後ろめたさを感じさせてまで)このような作業を行わざるを得ない現実を醸出させている最大の原因・・・、それは機器のローカライズ名目で世界標準からかけ離れた価格が設定されている“日本語版 Oregon” の例を見れば明らかですよね。
結局、この問題が解決しないうちはこのような不幸な状態がなお続くのでしょう・・・。

(以下、続く・・・。)

|

« “Dakota 20”は山でも使えるか?③(日本語表示編) | トップページ | “Dakota 20”は山でも使えるか?⑤(新・地図レビュー) »

ハンディーGPS」カテゴリの記事

コメント

こんにちはGPSの記事楽しく読ませて戴いて頂きました
英語版を日本語表記出来るんですね 凄いな~と感心して読んでおります

私自転車でGPSを使用しておりましたGARMINの60CS日本語版を友人から譲って頂き使用してましたが 壊れて仕舞いまして修理に出そうと連絡したら修理期終了で修理できないとのこと(いいよネット)もう使えませんと 純正の地図も有るのに最悪です
そこで仕方なくDakota20を購入(英語版)
日本地図を入れたいのですが何かお勧めとか有りましたら 教えて戴きたくコメントさせて頂きました 林道なども走りに行きますしロングも走りますのでナビ使います
何かお勧めが有りましたら宜しくお願い致します。
 

投稿: さだケン | 2010年7月22日 (木) 16時03分

“さだケン”さんようこそ。

早速ですが、英語版のままで道路地図として使いたいのなら、ルートナビができるUUD製の日本詳細V2.0が好いんではないでしょうか。
“いどんなっぷ氏”の全国セットは5千円で買えますがルートナビができませんから・・・。

では、今後とも「山道具道楽」をよろしく!

投稿: 理事長 | 2010年7月22日 (木) 16時53分

dakota20 ウエイポイントの日本語表示されますよ
漢字もokです、一番利用価値のあるのは、カシミールのマップカッターで切り取った地図が表示されるので日本語もそのままです、日帰り登山用にはカット地図で十分です。

投稿: dakota 20ゆーざー | 2011年4月 4日 (月) 10時47分

“dakota20ゆーざー”さん、ようこそ!

早速ですが、記事の「気になる点」は、記載してあるようにデフォルト状態の英語版についての事です。
デフォルト状態でも日本語のウエイポイントが登録と表示できるのでしょうか?

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 理事長 | 2011年4月 4日 (月) 12時01分

はじめまして
 以前からGPS購入を考えており、年始の台湾旅行の際にdakota20を購入してきました。
 勢いで購入したため買った後にいろいろ調べてる際に理事長さんのブログに行き着いた次第です。
 そこで質問なのですが記事にあるようにdakota20台湾版は日本正規版の地形図を日本語表示できるという認識で良いのでしょうか?
 できれば日本語化もできればと思っているのですが自分に出来るかどうか二の足を踏んでいる状況で、せめて日本語で表示されるのならばと考えております。

投稿: アベキヨ | 2012年1月12日 (木) 00時27分

アベキヨさんようこそ。

早速ですが、台湾Ver.でしたら、日本語のフォント(既に入っていれば不要)とJapan.gtt(メニューなどガーミンの機器内で使用する語彙を日本語に変換するテキスト)をインストールし、あとは日本語版の地図を入れるだけで完璧に近い日本語版になるんじゃないでしょうか。
詳細は記載できませんが、具体的な方法はネット上で簡単に検索できると思いますので頑張ってやってみてください!

では、今後ともよろしく!

投稿: 理事長 | 2012年1月12日 (木) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Dakota 20”は山でも使えるか?③(日本語表示編) | トップページ | “Dakota 20”は山でも使えるか?⑤(新・地図レビュー) »