« 登山用の“時計”を小改造 | トップページ | トレッキングポールをBC用に? »

2010年7月29日 (木)

MSR・ライトニングの改造/Part Ⅲ(完結編)

便利度 :★★★★☆
工作度 :★★★☆☆
推薦度 :★★☆☆☆
危険度 :★★☆☆☆
(改造はあくまで自己責任の範囲で!)


以前の記事で、MSR・ライトニングのストラップ式ビンディングを御紹介し、その折に「適当なフックが調達(自作)できたらさらに簡単に着脱可能になる」と述べましたが、今回その適当なフックを入手しましたので、これを使用した”完全バージョン”を御紹介します。

フックは日本の登山用品メーカー“エキスパート・オブ・ジャパン”がパーツとして販売しているステンレス製の金具(フック×4個とコキ×4個のセットで税込み525円・画像↓)を見つけましたので、これを使用しました。
KAJITAX が惜しまれつつも廃業してしまった現在、このような既製品のパーツを小売してくれるメーカーがあると自作マニアは大助かりです。

Ss3_3

さて、構造は画像をご覧頂くのが一番だと思いますが、ストラップの引廻しは基本的に前回紹介したの試作段階と同じで、足首の横の部分がフックを介してリングと結合するように改良しただけです。
また、ストラップの末端はスプリングバックルに通したままで、着脱の際も締めたり緩めたりする事はあっても、バックルからストラップの末端を外すことの無い構造となっているため、改良前に比べて着脱も圧倒的に短時間で済みます。

Ss3
(装着はフックを引っ掛けベルトを締めるだけ!)

装着に際しては、ブーツの爪先をトーベイルに入れ、次にフックをサイドのリングに引っ掛けてからスプリングバックルに通したストラップの末端を引き締めるだけで装着完了です。
装着の度にリングにストラップをくぐらす必要も無く、不安定な斜面の途中でも簡単に着脱できますのでより便利に使用できるはずです。

Ss3_1

現在、トーベイルを使用しないストラップ式のバインディングの構想を、基本構造から新たに考察中ですので、上手くまとまれば来シーズンには、この新バージョンも御紹介できるかもしれません。

|

« 登山用の“時計”を小改造 | トップページ | トレッキングポールをBC用に? »

その他・一般」カテゴリの記事

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 登山用の“時計”を小改造 | トップページ | トレッキングポールをBC用に? »