« JETBOIL 用パワーブースターの製作 ①(試作編) | トップページ | “MSR/ハイパーフロー・マイクロフィルター”を修理する »

2010年8月26日 (木)

JETBOIL 用パワーブースターの製作 ②(完成編)

便利度 :★★★★☆
工作度 :★★★☆☆
推薦度 :★★☆☆☆
危険度 :★★☆☆☆
(今回の製作品は自作の“JETBOIL/改”用のもので、
オリジナルのJBに対応するかは不明です)


“JETBOIL 用パワーブースターの製作 ①(試作編)”からの続きです。

さて、今回はこれまでの実験を集大成して、実用版“JETBOIL用パワーブースター”を作ります。

大きな変更点は、熱放出部を銅版の一枚構造とし、ヒートパイプの末端をやや扁平な形に潰したものを直接ハンダ付けし厚みを抑えました。

Pb2b_5  Pb2b_3
(㊧シンプルな接合部、㊨試作型&完成型の比較)

またカートリッジへの取り付けは、40ミリ幅の編みゴムベルト(ビブパンツのサスペンダーに使われているような物)で熱放出部を締め付ける形式にしました。
熱放出部外側にはネオプレーンのウエットスーツ地を貼って、保温と強くカートリッジに押し付けられるようにしてあります。(画像↓)

Pb2b_6  Pb2b_1

その他は前回の試作タイプとほとんど同じです。

Pb2b  Pb2b_7

実際にテストした結果も前回の試作品と同様、なんとか成功のようです。

ただし、あくまで市販のパーツを使ったアマチュアの工作ですから、私から見ても不満な点が無いわけではありません。
第一に、私の入手可能だった規格品のヒートパイプ(L=100mm/150mm/200mmの4種類)で、この工作に使えそうな物の長さが150mm と少々長めだったため、S字型の不自然な形に曲げて調節しなければならなかった事。
第二は、ヒートパイプの肉厚が薄く柔らかいため、成型は簡単なのですが、使用中に変形してしまいそうな事です。

丁度良い長さで、しかももう少し厚い素材で作ったヒートパイプを自作するか特注すればもっと良いものが作れそうですが、アマチュアの遊びとしてはこの辺までで止めておいたほうが賢明というものでしょう。(笑)

さて・・・、、最大の課題だった、カートリッジにバーナー部をセットしたまま、コンパニオンカップに収納できるか・・・?、という件ですが・・・。
下の画像のように大成功です。
これでパワーブースターを装着したバーナー一式をそのままコンパニオンカップに収納できるようになりましたので、取り出して即点火が可能となりましたから使い勝手は格段に良くなったはずです。

Pb2b_2
(セット状態のまま収納し、必要な時に取り出してすぐ使用する事ができる)


残念ながら厳寒のフィールドでのテストは次の冬までできませんが、JETBOILの潜在能力が少なからず向上したのは間違いないと思います。

|

« JETBOIL 用パワーブースターの製作 ①(試作編) | トップページ | “MSR/ハイパーフロー・マイクロフィルター”を修理する »

ストーブ・クッカー」カテゴリの記事

コメント

私も、パワーブースターの自作を思いつき
いろいろ調べてみました。

さて、自作PC用のヒートパイプの作動液が
なんなのか不明ですが(水かフロン?)
炎に直接触れたりして温度があがると
大変危険だと思います。

投稿: 通りすがり | 2011年1月25日 (火) 01時35分

“通りすがり”さんようこそ。

私の使ったヒートパイプはグルーブタイプで、作動液は水です。
また、吸熱部が炎の直近にあっても末端の放熱部では熱電対の接触測定で数十度程度にしかなりませんでしたので安全と判断しました。

取り敢えず現在、吸熱部には真鍮のパイプを圧入してありますが、この部分は試作段階の記事にあるようなフィン付きのパーツを自作すべきだとは考えています。

しかし、そのためにはバーナーの皿の部分にフィンの通せる大きさの穴を設けなければならないし、また現在使用中のJETBOIL-Flashは分解が難しそうなのでその穴あけ加工も一時中断といった状況です。

では今後ともよろしく!

投稿: 理事長 | 2011年1月25日 (火) 09時50分

ヒートパイプの存在を知り自作からはじめました。
色んな造り方が有りますが、
4mmの銅パイプの中に極細い銅線にテッシュペイパーを巻き、
ぬらして入れ、真空引きしてカシメました。

フロンとかの制作例もありますし、
制作しましたが
これが一番性能が有りますね、
径4,6,8と試してみた結果です。
このサイトのおかげで自作する事の楽しさを知りました。
友人の分も制作して喜んでもらえました。

試行錯誤して創るのは楽しいですね^^

投稿: ジェイパパ | 2012年2月25日 (土) 23時47分

“ジェイパパ”さん、はじめまして!

ウィックタイプのヒートパイプは銅のメッシュを使う方法しか知りませんでしたが、こんな方法もあったのですね。
貴重な情報をありがとうございました。

当ブログの記事も、実用性と言うより工作遊び自体が目的みたいなモノばかりなので、参考にはならないかもしれませんが、楽しんでいただければ幸いです。
では、今後とも「山道具道楽」をよろしくお願いいたします。

投稿: 理事長 | 2012年2月27日 (月) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JETBOIL 用パワーブースターの製作 ①(試作編) | トップページ | “MSR/ハイパーフロー・マイクロフィルター”を修理する »