« JETBOIL 用パワーブースターの製作 ②(完成編) | トップページ | プラティパスのハイドレーションを使いやすくしよう。 »

2010年9月 2日 (木)

“MSR/ハイパーフロー・マイクロフィルター”を修理する

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


以前の記事でMSRの“ハイパーフロー・マイクロフィルター”の優れた性能について評価したのに併せて、その優れた製品が国内では入手できないという、我が国の杓子定規な規制について苦言を呈しました。

F5
(MSR/“ハイパーフロー・マイクロフィルター”本体)

しかし、その後何度かこの製品を使用していくうち、明らかに設計上欠陥と判断できる問題点を発見しました。

問題の箇所はフィルター・カートリッジをアウトレット側のポンプボディーに取り付ける部分です。
ここはOリングで気密を保つ構造になっていますが、カートリッジ側のOリングを保持するフランジ状部分の厚みが不足しており、使用中やメンテナンス時にこの部分が欠け落ちてしまうのです。

F1  F2
(画像では判りにくいがOリング取り付け部が割れている)

この部分が破損すると圧力が掛かった時Oリングが本来の働きをせず水が漏れてしまう事になります。
小さな欠損の段階では実用上多少の水漏れ程度なので我慢できなくもないのですが、破損が進行すると結構漏ってきますし、なにより破損した製品を使っているというのは精神的に落ち着きませんよね。

この状況は画像をご覧いただけば了解していただけると思いますが、素人の目から見ても直感的に強度不足だと判断できる構造となっています。
また、私も使用開始直後にこの部分の破損に気付きましたが、使い方が乱暴だった自分の責任だと思い、自腹でカートリッジのみを購入し交換して使用を続けていました。
しかし、また暫く使用しているうちに、交換した新しいカートリッジでも再び同様な破損が発生してしまったのです。

F4
(アウトレット側ボディーに取付けられたカートリッジ㊤、と交換用カートリッジ㊦)

つまり、この製品は設計自体が悪かった・・・、要するに欠陥品だということです。
アウトレット側のキャップを閉めたままポンピングするとOリングに掛かった圧力がフランジ部分を押して破損が進行するのかもしれませんが、この種の製品は、極限状況で不慣れな人間が使用する事も想定した構造としなければならないはずです。
それが、この程度の事で簡単に壊れてしまうのでは安心して使用できません。
リークしたとしても濾過済みの水なので実害はないのかもしれませんが、MSRとしてはかなりお粗末な設計ミスだと思います。

また、この問題が発生するのは初期ロットのものに限定されていて、現在は対策がなされているかもしれませんが、この製品は現在国内販売されておらず現物を確認できないので何とも言えません。

しかし、代理店も国内の規制に従って輸入・販売を中止しただけとは言え、モノだけ売っておきながら、カートリッジの欠陥に関するインフォメーションも行わず、交換用のカートリッジの入手に関するサジェスチョンすら行わないというのも如何なものかと思います。(怒)

とは言え、この点を除けば“ハイパーフロー・マイクロフィルター”は非常に使いやすい製品ですし、まだ十分使用できるカートリッジのスペアも2本ありますので、何とか使い続けたいと思い修理することにしました。

当初はOリングの溝を再建しようと試みましたが上手くいかず、結局フランジ部分の破損が進行しないようにフランジに沿って糸を何重にも巻き瞬間接着剤で固めた土手を作った(画像↓㊧)上で、シリコンのコーキング材をネジ部分に塗って取り付け(画像↓㊨)、気密性を確保することにしました。

F6  F7

シリコンのコーキング材なら固化すれば十分気密性を保持できますし、カートリッジの交換時にもあまり無理せずに取り外しができると思います。

姑息な方法ですが“ハイパーフロー・マイクロフィルター”をご使用中の方で同様な問題が発生した場合はこの方法で何とか解決ができますので是非お試しください。


【お願い】
この件に関する情報をお持ちの方、あるいは交換用カートリッジを海外通販等で入手する方法を御存知の方がいらっしゃいましたらコメントいただければ幸いです。

|

« JETBOIL 用パワーブースターの製作 ②(完成編) | トップページ | プラティパスのハイドレーションを使いやすくしよう。 »

その他・一般」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

こちらのblogを見て、今年の5月にアメリカよりハイパーフロー・マイクロフィルターを購入しました
国内で販売されているものは、どれも大きくてトレッキング向きではなかったので

私の手元にある製品を見てみたところ、指摘されているフランジ部分は特に改良されていないようです

また海外のwebを見たところ、同様のケースが発生していました
http://www.backpackgeartest.org/reviews/Water%20Treatment/Filters/MSR%20Hyperflow%20Filter/Test%20Report%20by%20Rick%20Dreher/
この方は、カスタマーサービスに連絡して無償交換してもらっています
破損の原因は、カートリッジを固定するのに強く締め付けすぎたんじゃないか、推測されています

私はサポートが受けられないのを承知の上で個人輸入していますが、国内で正規に購入されている場合にはモチヅキにきちんと対応をしてもらいたいですね
交換用カートリッジ自体は$40程度で購入できますね

投稿: contrail | 2010年9月 2日 (木) 21時50分

contrailさんはじめまして!
貴重な情報ありがとうございました。
私の場合は2個とも同様な破損が発生してしまいましたが、2本目の時は特に注意していましたのでネジの締めすぎや、組み立ての時に斜めに挿入したのが原因とは思われません。
考えられるのはアウトレットにキャップをしたままポンプに圧力を掛けたためOリングがフランジ部分を強く押してしまったということです。
しかし、この程度の圧力は構造設計で想定しなければならないことなのですが・・・。
では、今後ともよろしく!

投稿: 理事長 | 2010年9月 2日 (木) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JETBOIL 用パワーブースターの製作 ②(完成編) | トップページ | プラティパスのハイドレーションを使いやすくしよう。 »