« “Dakota 20”は山でも使えるか?(番外編)Invisible SHIELDを貼る | トップページ | “熊スプレー”のホルスターを自作しよう »

2010年9月23日 (木)

ポリ袋をドライバッグに?

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


泳ぎや渡渉の多い沢登りではザックの内側に大きなドライバック(防水袋)を入れて、さらにその中に小さなドライバックに入れた衣類や食料を収納するという二重の防水対策をするのが普通です。
また私は基本的にザックカバーを使用しませんので、一般の登山の場合でもザックの内側に大型のドライバックを入れてパッキングするようにしています。

Db3
(大型のドライバッグ)

この大きなドライバッグは登山用具として売っている専用のものを使うのですが、ただの防水袋とはいえシームテープ加工をしているせいか、泊りのある沢やテン泊縦走用の60~80リットルのものだと3~4千円以上と結構高価です。

さて、わが国ではこのような専用のドライバッグを使うのが一般的なようですが、海外ではどうも事情が異なるようです。
特にニュージーランドやオーストラリアのトランパー達はほとんどが普通の厚手ポリエチレン袋をドライバッグに流用しているといいます。

そこで、今回はスーパーやホームセンターで売っているポリエチレンの袋が実際にドライバッグとして使えるかを試してみることにしました。
しかし普通のポリ袋やゴミ袋では薄くてすぐに穴が開いてしまいそうなので、プロ用?の極厚手の大型ポリ袋を選んでみました。

通常のポリ袋は厚手といってもせいぜい0.05ミリですが、これは工業用薬品や肥料の袋と同様に0.1ミリの厚さがありかなり丈夫そうです。

Db4
(普通のドライバック㊦と極厚地のポリ袋㊤)

また、専用のドライバッグは開口部がロールトップになっていて簡単に閉鎖できますが、ポリ袋の場合はそうもいかないので大型のゴム輪かショックコードの輪で口を閉じなければなりません。(画像↓㊨)
しかし、泳ぎの無い沢や通常の登山では口の部分をクルクルと巻いておくだけでも十分な気がします。

Db1  Db2
(実際に使用したが使い勝手に問題は無かった)

実際に使ってみたところ、滑りが良くパッキングも楽で、透明なので取り出したいものを探すのにも便利ですし、仮に浸水したとしても目視で容易に確認ができます。
クッカーやガスカートリッジなど硬いものが内側にある部分が岩に擦れたりすると穴が開いてしまうのでは・・・、と心配しましたが、思ったより丈夫のようでそれほどの心配はなさそうです。
また、穴が開いてしまってもガムテープやメンディングテープで簡単に修理が可能でしょう。

まあ、多少貧乏臭い感じもしますが、2百円少々で十分過ぎるほど実用的な大型ドライバッグが手に入ると思えば試してみる価値は十分だと思いますよ。

|

« “Dakota 20”は山でも使えるか?(番外編)Invisible SHIELDを貼る | トップページ | “熊スプレー”のホルスターを自作しよう »

その他・一般」カテゴリの記事

沢登り」カテゴリの記事

コメント

これは、ゴッサマーギア社のグレン氏も同じ方法で
水対策をしていました。大き過ぎるほどのゴミ袋に
するのがコツと言ってました。
シュラフなども、あえてスタッフバッグに
入れずに、ゴミ袋にドンドン押しこんでいくやり方でした。
確かに
小さな収納袋に収納することは、罰ゲームの感もあります。
長期間歩く人には、大きなゴミ袋へ突っ込むほうが簡単!

投稿: JSB | 2011年12月24日 (土) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “Dakota 20”は山でも使えるか?(番外編)Invisible SHIELDを貼る | トップページ | “熊スプレー”のホルスターを自作しよう »