« 推薦!ザックの雨蓋用ドライバッグ | トップページ | Dynafit-TLTはマイナーチェンジで変わったか? »

2010年11月29日 (月)

JETBOIL-Flash は進化したのか?

便利度 :★★★★☆
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


新世代高効率ストーブの嚆矢となった初代”JETBOIL”も発売から既に数年が経ち、最近はやや陳腐化した感もありましたが、過日“JETBOIL-Flash”という、名前も外見もやや派手な新製品にモデルチェンジされました。
旧”JETBOIL”もこれまでバーナーユニットの変更という名称変更無しのマイナーチェンジがありましたが、今回の変更もそれと同程度のマイナーチェンジの範疇といったほうが正しいと思われます。

Jb3
(名前も外見も変わった “JETBOIL-Flash”だが・・・)

そこで、今回はこの“JETBOIL-Flash”のどこがどのように進化したのか、その変更点を考察してみたいと思います。

Jb1
(㊧初代“JETBOIL”と、㊨“JETBOIL-Flash”)

①【バーナー部が変わった】
以前から指摘されたように、初代では重いプリムス社の真鍮製ユニット(画像↓㊧)が使われており、その後同じくプリムスのP-113と同じ形式のものに変更されました。(この製品の初期のロットはリコール対象となりましたが・・・)
今回の“JETBOIL-Flash”のバーナー基部も同様なアルミ製のもので、初代より20グラム以上は軽くなっているような感じです。(私の初代“JETBOIL”は改造してしまったので現状では正確な重量比較はできません)
また、バーナーヘッドもマイクロメタルメッシュ構造から一般的なシンプルなものに変更されました。

Jb2 Jb11
(㊧旧JETBOILのバーナーとイグナイター、㊨JETBOIL-Flash のバーナーヘッド)

②【イグナイターが変わった】
これが一番重要な変更かも知れません。
初代では、圧電素子ユニットから長い碍管を通じてバーナー部まで電線を導いていましたが、この部分が弱点となって破損する事例が多発しました。(画像↑㊧の右側)
この教訓を受け、“JETBOIL-Flash”では圧電素子ユニットの取り付けは従来どおりですが、バーナーヘッドに設けられた着火端子への導線はフレキシブルなものになり、この対策で破損の可能性はかなり低下するでしょう。(画像↓)
しかし、碍管と着火端子は全高よりやや突出していますので逆さまに落としたりすると壊れてしまうかもしれません。

Jb7
(イグナイターはテフロン被覆の細いコードで連結されている)

③【コジーが変わった】
ネオプレーン製のコジーにデザインを兼ねた温度インジケーターが付きました。
水温が60度を越えたあたりからこの部分がオレンジ色に変色して湯が沸いたのが判ります。
まぁ、便利と言えば便利なのでしょうが、特に必要なものでもないと思います。

Jb10
(湯が沸くとコジーの黒い部分がオレンジ色に変色する)

④【その他の変更点】
その他、コンパニオンカップ表面のアノダイズ加工の色が黒っぽいものになったり、コジーやバーナー基部やコンパニオンカップ上下のカバーのプラスチックパーツがカラフルな色から選択できるようになったという変更もありました。
また、コンパニオンカップの樹脂製の蓋も材質変更があったようで以前のように加水分解?で脆くなってしまう事も無くなったそうです。

以上のように、初代製品の問題点を解決し、ほんの少しだけ新しい機能を加えたのが“JETBOIL-Flash”だと言って良いでしょう。
大きな変更ではありませんが、これで“JETBOIL”という製品の完成度が一段高まったといっても間違いはないと思います。



【余談ですが】

しかし、私的には、今回の改良に伴って少々使い難くなった・・・、と思われる変更も無い訳ではありません。
それは、火力調節バルブが折り畳みのできる大型のワイヤー製の物になったという事です。

Jb5  Jb6
(収納時には㊨画像のように折り畳む)

確かに器具を使用するだけなら、以前の小さなノブよりは操作性も向上し、便利になったという事になるのでしょうが、この変更によって収納時には必然的にカートリッジを外してバルブを折り畳まなくてはならなくなってしまいました。
つまり、バーナー部にガスカートリッジを装着したままコンパニオンカップに収納する、という裏技が使えなくなってしまったのです。

Jb4
(カートリッジを付けたままだとバルブ邪魔をして収納できない)

まあ、メーカーの指示する正しい収納法は、コンパニオンカップの中に、「スタビライザー → バーナー部 → カートリッジ」の順番で格納することになっていますし、バルブの緩みによるガス漏れの起き難いこの方法がベターなのは理解できますし、私も自宅での保管はこうすると思います。
しかし、山行中では使用するたびにカートリッジをバーナー部に捻じ込んで連結させるのも面倒ですし、手袋のままの作業時などにはにカートリッジを落下させてしまうかもしれませんよね。

何より“JETBOIL”を使用するメリットは、行動中でも短時間で温かい飲み物が手に入る、という事の筈ですが・・・、この構造はその良さを若干スポイルしているような気がしてなりません。
ここは、改造の必要がありますので、追って記事にしてみたいと思います。

また、以前紹介したパワーブースターの装着のため、バーナー部を分解しようとしたのですが・・・、この製品は取り外し不可能な小さなスプリングピン(Cピン)でバーナーの混合管とバルブボディーを結合するという、改造マニア泣かせの構造のためそれも難しそうです。
これでは“ジェットの詰まり”という簡単な故障でも、ユーザー自身がプリッカー(マンドリン)で掃除するという対応さえできませんね。

この辺にも、無い知恵を絞って改造の可能性を探ってみたいと思いますが、どなたか“JETBOIL-Flash”の分解法についての情報がありましたらコメントをいただければ幸いです。

|

« 推薦!ザックの雨蓋用ドライバッグ | トップページ | Dynafit-TLTはマイナーチェンジで変わったか? »

ストーブ・クッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 推薦!ザックの雨蓋用ドライバッグ | トップページ | Dynafit-TLTはマイナーチェンジで変わったか? »