« サープラスの浄水フィルターは使えるか?② | トップページ | GPS地図は“Topo 10M Plus”で決まりかな! »

2010年11月 2日 (火)

ツインチップ・スキー用シールに朗報!?

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


Skin_clip_1
(今回御紹介するG3のツインチップコネクター・キット)

最近は山スキーにもツインチップスキーを使用する方が増えていますが、そんな方の多くが悩んでいる?のがシール(クライミング・スキン)の選択ではないでしょうか。

テールがクリップ(フック)式のものでもツインチップスキーに留まらないことはないのですが、テールもキックしているツインチップスキーは通常のスキーよりテール同士を引っ掛けやすいですし、また後ろの人のスキーがぶつかったりした弾みでクリップが外れてしまうこともよくあります。
その結果シールが剥がれ、糊面を雪まみれにしてしまったりと、この後ろのフックが原因となってのトラブルが発生することも少なくありません。

まあ、多くの場合は貼り流し(テールレス)でも問題は無いので、ツインチップの場合かえって貼り流しにしてしまったほうが良い、というのも一つの結論でしょう。
とは言え、接着力が落ちているシールや、真冬に何度も貼ったり剥がしたりを繰り返すようなツアーの場合は、貼り流しではイマイチ不安も残りますよね。

そこで私は以前からツインチップ用に少々改造を加えたシールを使用していましたが、この改造にも閑と手間と金も掛かり一般的とはいえません。

ところが、今シーズンからそんな苦労も要らず、ツインチップスキーに簡単にシールの後端を固定することのできるアイデア商品が“G3”から発売されました。(これと同種のアイデアは私も考えていたのですが先を越されてしまいました・笑)

商品名は“ツインチップコネクターキット”というもので、早速取り寄せてみたところなかなか上手くできた商品なのでご紹介したいと思います。

ご覧のようにG3オリジナルのトップ部分の留め金をテール部分のフックにも応用した製品で、何故これがもっと早く商品化されなかったか・・・?といった感じもします。

ツインチップスキーでとテールの形状がごく一般的なATOMIC のファット板に取り付けてみたところ、結構しっかりと固定ができているようです。(画像↓)
ペアで2,000円以上しますが、一個持っていれば複数のシールに使い回しができる事を考えるとそれほど高価とも言えないと思います。


使用方法はオリジナル状態で取り付けられているステンレスのテールクリップをツインチップコネクターに交換するだけです。
ただ、ウレタンベルトからステンレスクリップを取り外すときには、少々のコツとかなり強い力が必要になります。
マニュアルに「ビビらずに強く引き抜け!」みたいな事が書いてありましたが、これは誇張ではありませんでした。

Skin_clip_2
(㊨のクリップを㊧のツインチップコネクターにリプレイスするだけ)

Skin_clip_3
(作業前㊦と交換後㊤の状態)

先に紹介した自作のエンドフィックス方式に比べると、ウレタン製ストラップの張力でテールのフック部を固定しているため絶対に外れないとは言い切れませんが、通常の使用ではまず外れることは無いでしょう。

Skin_clip_4 
(このようにテールのカーブに追従しシッカリと固定される)

上の画像はATOMIC の普通のツインチップ・ファットのテールに装着した状態ですが、非常にしっかり固定されています。

しかし、マニュアルによると、使用するスキーにオリジナルのステンレスクリップを使用して固定した場合、ベルトの末端からクリップまでの間に、(以下11/7 に訂正しました)使わない穴が最大6個までの状態でないと、このツインチップコネクターに交換するにはシールが長過ぎだとの事ですから、フィックスレングススキンを使用する場合は購入前に実物で寸法あわせをしたほうが良いかも知れません。


Skin_clip_5

また、上の画像はK2のスーパーファット“ヘルベント”に取り付けてみたところです。
この例のようにテールが幅広でカーブが緩やかなスキーに使用する場合には、チョット引っ掛かりが浅いかな?という感じもしますが、通常の使用では心配のないレベルでしょう。

・・・と、言うわけで、今シーズンツインチップ用のシール購入を考えている方は、是非御検討いただきたい商品だと思います。




【おまけ】

さて、このツインチップコネクターはG3のシール専用ということになっていますから、普通に考えれば他社のシールに流用するのは不可能あるいは困難ということになる訳です。

と、言うことは、現在最も大きなシェアを持つBD製シールのオーナーは、この新製品の恩恵を受けられないのでしょうか・・・?。

そこで、チョット実験をしてみました。
下の画像はG3とBDのシールのテールにあるウレタンベルトを比べてみたところです。
素材は同じ様なものですが、両者は形状も違いますしG3の方が少々厚く硬めな感じです。

Skin_clip_6
(㊤G3、㊦BDのウレタンベルト)

しかし、両者を重ねて見るとベルトにある穴の形状は少し異なる(BDの方は穴というよりスリット状)ものの、穴の間隔は不思議と両者まったく同じ事が判りました。

・・・と、言うことは、もしかしたらこのツインチップコネクターはBDのシールにも使えるのでは?!?!。

そう考え、一応G3のツインチップコネクターをBDのベルトに装着してみました。(画像↓)

Skin_clip_7   Skin_clip_8
(BDのベルトとG3のツインチップコネクターを組み合わせたところ)

ツインチップコネクターは3箇所の突起でベルトの穴に引っ掛かるような構造ですので、穴の間隔が異なると使用できない訳ですが、BDのベルトの穴の間隔はG3とまったく同一なので、上の画像のように一応はシッカリ組み合わされます。

穴の形状やベルトの柔軟性も異なりますし、実際に使用して試したわけではないのでハッキリした事は言えませんが、この状態か、あるいはチョット手を加えればBDのシールにも十分使用できそうな印象です。

|

« サープラスの浄水フィルターは使えるか?② | トップページ | GPS地図は“Topo 10M Plus”で決まりかな! »

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

シールの長さの記述ですが、意味が逆になっています。
使わない穴が6個以上あると長すぎるて使えないと言う意味かと。
自分の板ですが、従来の金具ではストラップの穴の一番端を使っていたのが、これをつけると穴が余るようになりました。
従来金具の外すのは本当にしゃれにならない硬さですね。
プライヤー使って何とかって感じでした。自分はただ引っこ抜くのではなく、折り返して抜きました。

投稿: abehi | 2010年11月 7日 (日) 20時16分

abehi さんようこそ!

早速ですが、助言ありがとうございました。
確かにご指摘のとおりのようです。
説明書を読み直したら、大きく"Maximum 6 empty holes" と書いてありました。
本文は早速訂正しておきます。

あと、ストラップを引き抜く時は私も苦労しましたが、まず片側の角を逃がしておいて、縦に折り曲げ気味にしながら、もう片方の角を引っ張りながら外しました。

では、今後ともよろしく!

投稿: 理事長 | 2010年11月 7日 (日) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サープラスの浄水フィルターは使えるか?② | トップページ | GPS地図は“Topo 10M Plus”で決まりかな! »