« シェル出し用ヒートガン の温度調節器を作る | トップページ | 簡単なクライミングスキン(シール)のトリミング法 »

2010年12月31日 (金)

テープでシームシール

便利度 :★★★★☆
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


強い撥水性を持つエピックやシルナイロンなどの生地でできたテントは、素材の性質上縫製部分は何も処理されずに販売され、購入者したユーザーが自分で“SILNET”などの専用のシール剤を使用して縫い目の防水をしなければなりませんが・・・、このような例外を除き、いわゆる普通のウレタンコート地製のテントの場合には、縫い目に熱接着のテープでの防水対策が施されている場合がほとんどです。

しかし、沢登りなどで使用するオーソドックスな形のタープの場合、中央の棟部分の縫い目であってもテープで防水処理していないものが多いようです。

そのため、購入後に自分でシームシーラーやシルネット等の専用防水剤を縫い目に塗って何らかの防水加工しなければならないことになります。

私の持っているアライテント製のビバークタープもこの部分が縫いっ放しであったため、防水処理をしなければなりませんでした。
とはいえ、防水剤を縫い目に塗布するのも当たり前過ぎて面白くないので、今回はテント用のシームテープを貼ってみることにしました。

シームテープは“小川キャンパル”社製の“シーリングテープ”いう商品名のテント補修用品で、、10mで実売価格1,600円と結構な値段がしますが、上手に貼り付けると市販のテントと同等な耐久性が発揮されるとの事です。

Seam_2

さて、それでは早速作業に入りましょう。
加工にはアイロンとアイロン台かそれに代わるもの、それから耐熱性のクッキングペーパーがあると万全です。

まず、タープの生地をウレタンコート面を表にして広げ、縫い目を真っすぐに伸ばして、強いテンションが掛からない程度の弱い張りを持たせながら縫い目の端からアイロンで接着していきます。

Seam_3

アイロンは120℃との指定ですが、作業をしてみて着きが悪ければ若干温度を上げてもかまわないでしょう。
アイロンは直でもOKですが、心配なら生地とアイロンの間にクッキングペーパーを挟んで作業すると、熱で生地をダメにしてしまう危険を無くす事ができるでしょう。

一工程20~30センチ位で区切り、一度目では仮止め、二度目で気泡を抜きながら仕上げといった感じで、端から順次接着を進めます。
きちんと張り付いた部分は、元の乳白色から透明に変化しますので目で確認しながら慎重に作業を進めればまず失敗はしないでしょう。

完成した状態は画像をごらんいただければ分かると思いますが、外見上はテントメーカーが貼ったものと全く見分けが付かない綺麗な仕上がりになります。
この例ではリッジ部分の補強テープの上から貼りましたので丁度でしたが、テープの幅が25ミリと広いので状況によっては5ミリ~ほどカットしたほうが良かったのかもしれません。

Seam_4  Seam_6

作業自体は単純ですし、塗布時に周囲が汚れたり乾くのに時間の掛かるシルネットよりむしろ面倒は少ないかもしれません。

当然ですが防水は完璧ですし、重量の増加も無視して構わない程でしょうから、普通のウレタン防水タープをご使用の方は試して損の無い(?)山道具のスープアップだと思いますよ。

|

« シェル出し用ヒートガン の温度調節器を作る | トップページ | 簡単なクライミングスキン(シール)のトリミング法 »

テント・シェルター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シェル出し用ヒートガン の温度調節器を作る | トップページ | 簡単なクライミングスキン(シール)のトリミング法 »