« DYNAFIT/TLT-Speed という選択 | トップページ | トリチウム・マーカーをもう一度! »

2011年1月28日 (金)

“シンコウ・カンジキ”を山用に弄る③(SK-2 編)

便利度 :★★★★☆
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :★☆☆☆☆
(改造は自己責任で!!!)


以前の記事でも御紹介した新興電気工業㈱製の“シンコウ・カンジキ”は山でもそこそこ活躍してくれる製品です。

 現在製造元で『発売10周年記念感謝セール』をやっていて、かなりお買い得になっているので今回は別バージョンSKⅡの改造をご紹介することにしました。

Wakann_6 Sk2_7 
(改造後の、SK-Ⅰ㊧と、SK-Ⅱ㊨)

前回は、小振りな初期モデルSK-Ⅰの改造を記事にしましたが、同社にはもう一つ大型で浮力のかなり高いSK-Ⅱというモデルもあり、こちらは900g(メーカー公表値)とやや重くなりますが、浮力が大きいだけではなくフロントスパイクのあるアイゼンとの併用も可能で汎用性はさらに高くなっています。

Sk2_5
(SK-Ⅱではアイゼンの前爪との間に十分なリアランスがある)

SK-ⅠとⅡは基本的には大きさの違いだけなのですが、こちらの製品にはオプションとして“長爪”(画像↓)が選択できるという特徴があります。

このSK-Ⅱは、オリジナル状態では爪がSK-Ⅰと同じ形状でとても小さく、しかもフレームの両脇でなく足の下に位置していたため、本来の爪としては殆ど役に立たない代物でしたが、オプションの“長爪”を使用することで軟雪での押さえはかなり向上すると思われます。
また、この“長爪”は後付けや取り外しもできるので、必要を感じた段階で買い足したり、状況によって着脱するというような使い方も可能です。

Sk2_9
(標準では短いステンレス線のスパイクが付いていますが私は取り外してしまいました)

さて、SK-Ⅰを含め、この手の樹脂製の輪カンジキには一つ問題点があります。
それは、登山で使う伝統的な木製の輪カンジキは片面の両サイドに大きな堅木製の爪を持っており、これが雪面に刺さる事でトラバース時などのスリップを効果的に防いでくれるのです。
そして、柔らかい雪の時は通常の履き方でこの爪を効かせ、急峻な稜線の不安定なブレーカブル・クラストなどで踏み抜きを防ぎたい時(表面は硬いのにアイゼンだけだと3歩ごとに膝まで沈み10歩に1歩は股まで踏み抜くような泣きたくなるような状況)には、アイゼンと併用するという、通称(?)「アイゼンワッパ」という裏技で対応したり、また状況に応じ輪カンを裏表逆に履いて(画像↓)アイゼンのツアッケを効果的に効かせる事も可能だったのです。

Ew_5
(画像のようなトー側の上に反った形状のアルミ・ワカンは、裏返しにすると使い難いが・・・)

大昔は一本の細引きで輪カンジキを靴に縛り付けていただけですからこんな事も簡単にできましたし、その後、木製の輪カンに固定バンドを着けるようになった時もアイゼとの併用がができるよう、裏表どちらからでも輪カンが着けられる様な固定バンドの取り付け方を工夫したりしました。


それに対し、裏返しに装着できないこのSK-Ⅱでは長爪を装着すると、氷化した斜面や硬いクラスト面でアイゼンと併用をする場合には長爪が邪魔をしてアイゼンの爪が十分効かなくなる事も考えられるのです。

Sk2_4 
(SK-Ⅱはアイゼンとの併用も可能だが長爪装着だと少々邪魔になりそうだ)

・・・と、言う訳で私も後からこの長爪を購入したのは良いのですが、いまだ実際に長爪を装着して使用した事はありませんし、このSKI-Ⅱをアイゼンと併用した事も無いのでハッキリした事は言えないのですが・・・、実際に使用してみましたら改めて結果を報告したいと思います。
(お恥づかしながら、山道具の数と山行日数が極めて不釣り合いな現在、総ての道具を山でテストしてから記事にするわけにはいかないのです・・・笑!。また、現在この長爪を山行中に簡単に着脱できる方法が無いかも検討中です)


さて、このSK-Ⅱの改造ですが、このモデルは足の土踏まずが乗るサイドメンバーの横幅がSK-Ⅰよりさらに広く、オリジナル状態でのゴムバンド取り付け用のスリットを支点にすると、靴の両サイドに間隙ができて、トラバースの時など靴が横に回転してしまいそうなので、まずこの問題を解決しなければなりません。

そこで、サイドメンバーの上面に滑り止めの凸凹みを刻み、さらにSK-1の改造と同様、フレームの内側に新たに支点を作ってそこから前回の改造同様MSRのウレタンストラップで固定できるように改造しました。

Sk2_6 Sk2_1 Sk2_2   

SK-Ⅰとほぼ同じ形式なので画像をご覧頂ければ御理解いただけると思いますが、こちらもこの改造で使い勝手はかなり向上します。
また、ウレタンのストラップでは頼り無く感じるかもしれませんが、オリジナルの黒ゴムベルトよりも数倍シッカリ固定できますので御安心ください。


【余談ですが・・・】
あとは、このカンジキのフレームの両側にMSRのスノーシュー“デナリシリーズ”のようなノコギリ状の金属製レールを取り付けられれば、長爪もアイゼンとの併用も必要としない完璧な“登山用輪カンジキ”になりそうな気がしますので・・・、現在改造を検討中です。

|

« DYNAFIT/TLT-Speed という選択 | トップページ | トリチウム・マーカーをもう一度! »

その他・一般」カテゴリの記事

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

理事長様

お久しぶりです。
改造後の締め具合は一本締めのワカン的な感覚でしょうか?
良さそうなので真似してやってみたいのですが、ブッ壊してしまいそうで躊躇しています。

ノコギリ歯も興味あります。
レポ期待してます。

私のカンジキのレポ内で理事長様のレポを紹介させていただきました。
よろしくお願いいたします。

投稿: 目目連 | 2013年11月18日 (月) 13時19分

“目目連”さん、まいどです!
この記事の改造は3年以上前のものですが、ノコギリ歯の改造はまだやってません。
と、言うか・・・、SKⅡのほうはあんまり使っておらず、非常用にSKⅠを持って行くか、それ以外はEXP of Japan
のアルミワカンかスノーシューが主体になっちゃってます。
SKⅡは幅があるのでトラバースの時に靴が回っちゃいますので登山用には少々改造する方がいいでしょう。
この記事のような改造をしとけばずいぶん良くなり、予想以上にシッカリ固定できますが、欲を言えば足を載せるサイドメンバーの付け根あたりに足の甲に回すストラップの支点を作れれば理想だと思います。
いずれにせよ、あのゴムチューブのベルトは野暮ったいし、使い難いですからね。

投稿: 理事長 | 2013年11月18日 (月) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DYNAFIT/TLT-Speed という選択 | トップページ | トリチウム・マーカーをもう一度! »