« 廉価版“デジタルWAXアイロン”は使えるか?(&プチ改造) | トップページ | GPS地図は“Topo 10M Plus”で決まりかな!(その2) »

2011年2月25日 (金)

トリチウム・マーカーをライトにインプラント!

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :★★☆☆☆
(改造は自己責任で!)


ヘッドランプにトリチウムのマーカーを付けて暗闇でもすぐに探せるようにするというアイデア(画像↓)は前に記事にしてみましたが、今回はトリチウムのマーカーをランプのボディーに直接組み込んでしまうという試みを御紹介します。

Dscf2096
(前回はマーカーをベルト部分に縫い付けて固定した)

第1弾として試みたのは、山用のヘッドランプでではなく、私が就寝時に非常用として常時ベッドサイドに置いているマグライトのAA2本タイプの懐中電灯(画像↓)です。

T3d

これは数年前に通常バルブの懐中電灯として購入し、直後にバルブをLED3灯タイプのリプレイスメントキットに交換したものです。
初期のものなので現在のハイパワーLED1灯タイプのものよりは暗いですが、点灯時間もきわめて長く、また信頼性も高いので自然放電の少ないリチウム電池と組み合わせれば非常用として最適なライトだと思われます。

幸いな事にこのリプレイスメントキットはLEDの取り付けてある基盤部分にスペースの余裕があるので、ここにトリチウムのマーカーを固定する事にしました。

かと言って、キーリング用に作られたオリジナル状態プラスチックの外装(画像↓)のままではこのスペースに収められませんから、まずトリチウムを封入したガラス管本体を取り出さなくてはなりません。

T3a

私は細い金工用の糸鋸でプラスチックケースを切断しガラス管を取り出しましたが、一応は“放射性物質!”ですから、この作業は慎重に行いました。
取り出したガラス管は直径1ミリ程の、クシャミでもすればどこかへ飛んでいってしまいそうなごく小さなものなので扱いは丁寧にする必要があります。(画像↓)
トリチウムから出るβ線はガラスを透過できませんし、腕時計の文字盤にはこの状態で使われていますから危険は無いはずです。(たぶん!・笑)

T3b
(ボールペンの先にあるのがトリチウムを封入したガラス管)

この大きさからすると、この製品もおそらく時計の文字盤用に作られたものではないかと思いますが、こんな小さなものでよくこれだけ光ると、あらためて感心しました。

さて、あとはこの小さなガラス管をどうやってLEDの付いた基盤に取り付けるかですが・・・。
私はテントの縫い目の防水に使う“SILNET ”というシリコンのグルーを使うことにしました。

これでしたら、透明度はありますし柔軟性もありますからかなりのショックでも吸収してくれそうです。

まず基盤のLEDの足の部分に土台となるように“SILNET ”を盛り、そこにトリチウムのガラス管を植え込むように固定し、さらに“SILNET ”でカバーしました。

私は手持ちの“SILNET ”を使いましたが、入手の容易な変性シリコン系の多用途接着剤(透明のもの)でも同様に使用が可能です。

T3c
(↑このようにSILNET でトリチウム管を固定した)

さて・・・、結果は大成功です。
余計な付属物を付けて懐中電灯の形を変えることなく、暗闇でもランプの部分がハッキリ光り、暗闇でも一発で懐中電灯を手にすることができます。

万が一の時には、防災用品としても非常に有効だと思いますので、皆さんも試してみたらいかがでしょうか?


※ 現在、山用ヘッドランプのレンズ部にトリチウムマーカーを埋め込む工作を実行中なので、次回は完成版のマーカー付きヘッドランプを御紹介できると思います。

|

« 廉価版“デジタルWAXアイロン”は使えるか?(&プチ改造) | トップページ | GPS地図は“Topo 10M Plus”で決まりかな!(その2) »

その他・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 廉価版“デジタルWAXアイロン”は使えるか?(&プチ改造) | トップページ | GPS地図は“Topo 10M Plus”で決まりかな!(その2) »