« JETBOIL を“絞首刑”に!(試作編) | トップページ | VOILEのクトーを取り付ける »

2011年3月29日 (火)

GPSもビレーしてあげよう

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :☆☆☆☆☆


お恥ずかしい話ですが・・・、登山歴の割には読図下手で方向音痴の私は、最近では視界の悪い山スキーの時などGPSのお世話になりっぱなしです。
今思えば、GPSが無かった時代によく遭難しないで生き残ったのか不思議なくらいです。(笑)

さて、ショルダーストラップに取り付けたGPSポーチは、スキーツアーなどの行動時に度々取り出して位置を確認するのにとても便利ですよね。

Gpsp3

しかし、素手では簡単なこの動作も厚い冬用手袋をしたままだとGPS本体を落下させてしまいそうになることもよくあります。(実は私も今シーズン実際にGPSを落っことしましたが、今回ご紹介する仕掛けのお陰でグランドフォールは免れました)


万が一落ちた場所が尖った岩の上だったとしたら・・・、修理(交換?)費も故障の種類に関わらずかなり高額な定額料金を請求されますし、何よりGPSが壊れてしまったのではその後の行動に支障をきたしてしまいます。
また、新雪の上にでも落としたら・・・、壊れないにしても荷物を背負いスキーを履いた無理な体勢でGPSを探さなくてはならなくなります。

また、首からラニヤードで吊るしたGPSをザックに付けたポーチに入れておくと、ザックを下す時にそれを忘れて結構恥ずかしい失態を周囲に披露することにもなりかねません。(笑)

そんな訳で、私はGPSの落下を防ぐためポーチの内側に小さなループを縫いつけ、それとGPS本体をカールコードで連結するという対策をとっています。

Gpsp5  Gpsp4
(㊧ポーチの内側にループを縫い付け、 ㊨GPSにはカールコードを取り付ける)

これでしたら、使用時に邪魔にもなりませんし、使用後はカールコードごとポーチに収納できますし、ジッパーも完全に閉められます。

Gpsp6
(このようにしておくとGPSのグランドフォールを防げる)

また市販のカールコードが長すぎる場合は落下防止の効果がありませんので、必要最小限の長さに加工して取り付ける必要があります。
長さは腕を伸ばし切れる直前位が適当でしょう。

画像にある私のカールコードは、市販のものを半分に切って2本作ったものの1本ですが、両端に細いコードのループを結び、結合部分を熱収縮チューブでカバーしました。

簡単な工作ですが、万が一のGPS墜落を防ぐことができますので、是非お勧めしたいプチ改造だと思います。


【追記】
書き忘れましたが、カールコードは金属ワイヤー芯の物でなく、ケブラー芯のなるべく細くて柔らかい物を使用しましょう。

ケブラー芯だと柔らかく抵抗無く伸ばせますし、ポーチの中でも邪魔になりません。
また、両端に携帯ストラップ用の細いコードを取り付けるときフィッシャーマンノットで確実に結束できます。
結束部をカバーする熱収縮チューブには“ヨンイチ・チューブ”など収縮率の高いものを使うと仕上げが綺麗です。(製作については後日記事にする予定!)

なお、私が使っている細いカールコードは最近見かけなくなりましたが、ビルの窓ガラス清掃用スクィージーの落下防止用の物でしたら現在でも入手可能だと思います。

|

« JETBOIL を“絞首刑”に!(試作編) | トップページ | VOILEのクトーを取り付ける »

ハンディーGPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JETBOIL を“絞首刑”に!(試作編) | トップページ | VOILEのクトーを取り付ける »