« トリチウム・マーカーをライトにインプラント! | トップページ | “登山靴”で山ボードを? »

2011年3月 4日 (金)

GPS地図は“Topo 10M Plus”で決まりかな!(その2)

便利度 :★★★★★
工作度 :☆☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆
(まだ未知数な部分もありますが評価UPです・価格が安ければ満点なのですが!)


当ブログでは度々登山用のGPS機器と地形図についてレポートしてきました。
そして、以前の記事で、ガーミンのハンディーGPS用等高線表示可能な登山用の純正地形図としては、最後発の“TOPO 10M +”について、登山用と限定すれば現在のところ最高の地形図ではないか・・・、と評価しました。

その後、この“TOPO 10M +”を使ってみて、またまた他の地図には無い素晴らしさを発見しましたのであらためて記事にして見たいと思います。
このブログのポリシーとして、駄目なモノはハッキリ駄目だと言いますが、良いモノは素直に賞賛することにします。

さて、私は冬に山スキー(ボード)を楽しむことが多いのですが、最近は歳のせいかスキー場のゲレンデトップからハイクアップしてスキー場横の尾根を降りてくるような半日~日帰りのコースがほとんどとなっています。
そんなツアーでゲレンデに戻る往復コースや、天候不良でゲレンデに戻るときなど、リフト乗り場や降り場の位置が判ると非常に便利なので、“TOPO 10M Ver.8.03”の場合、私はカシミール3Dから他のウェイポイントと一緒にリフトの位置をGPSに転送することにしています。

 (このような場合、『山旅クラブ』の有料地図も綺麗で良いのですが、むしろ国土地理院の無料閲覧サービス『ウオッちず』のほうが、最新情報が図上に反映されていて便利です。)

01  02
(㊧『山旅クラブ』と、㊨『ウオッちず』のカシミール3D上の表示)


そこで、今シーズン“TOPO 10M +”をスキーツアーに使ってみて、またまた驚きました。
なんと、リフトの索道の位置まで表示されるようになっていたのです。
これだと、わざわざ事前にリフトの上下の駅をウェイポイント登録しなくても済み、とても便利です。

では、スクリーンショットをご覧ください。
下の画像はVISTA-Hcx/J で、“TOPO 10M Ver.8.03” と“TOPO 10M +”のほぼ同じ位置を表示させた時の状態です。
両画像ともスキーヤーの形のアイコンは私が登録したWPですが、ご覧のように“TOPO 10M +”では索道のラインまでシッカリと表示されていていますので、この地図を使うならもうリフトの位置を登録せずともリフトの上下駅の位置が判るというわけです。
まあ、全部のスキー場というわけでもなさそうですが、さすが昭文社の作った地図といった感想ですね。

Topo803v  Toppv
(㊧“TOPO 10M Ver.8.03” と、㊨“TOPO 10M +”の表示)

ついでなので、新世代機種のDAKOTAではどう表示されるかも見てみましょう。
下の画像は陰影表示をOFFにしてありますが、この機種でもはっきりと索道の位置が表示されますし、Ver.8.03では表示されなかった新しい登山道も加わっているのが判ると思います。

Topo803d  Topod
(㊧“TOPO 10M Ver.8.03” と、㊨“TOPO 10M +”の表示)


また、“TOPO Ver.8.03”ではスキー場のエリアが黄緑色に表示されているのに“TOPO 10M +”ではそれが無いように見えますが、200mスケールまでズームアップしていくと(画像↓)のように黄色で表示されますのでご安心ください。

しかし、この色表示はベースマップに依存する表示のようで、ランドカバーの設定変更ではこの色表示可能な縮尺レベルは変えられないようです。

Topod200


・・・と、いうわけで、ハンディーGPS用の地図もずいぶん進歩しています。
純正以外の地図メーカーでも“いどんなっぷ”さんの地図ではルート検索機能が付き、自転車やバイクツーリング用としてはさらにコストパフォーマンスの高い地図に進化しましたし、新しい日本語・英語併記の地図では英語版GPSでも地名検索が可能になったということですから、積雪期や道の無い場所でGPSでの詳細なナビゲーションを要求される登山以外でしたら、これなどもコストパフォーマンスの高い実用的な地図だと思います。




【追記】

書き忘れましたが・・・。
私の機器の場合、VISTA/Hcx-J に“TOPO 10M + Ver1”を入れた状態では、“カシミール3D”とのウェイポイントのデーター転送に障害が発生します。
“TOPO 10M Ver.8.03”では問題が無かったので理由は不明ですが、“TOPO 10M +”がカードスロットに入っているとデータ転送に失敗したり、仮に転送できたにしても全てのシンボルがブルーフラッグになってしまうのです。
現在、仕方なくデーター転送を行う時には“TOPO 10M +”をスロットから取り外した状態でカシミールとの連携を行っています。

どなたか、この件についての情報がありましたらアドバイスをお願いいたします。

あの代理店に問い合わせても『自社製以外のソフトとの連携については“Out of my business”!』と冷たくあしらわれるのがオチですからね。(笑)

|

« トリチウム・マーカーをライトにインプラント! | トップページ | “登山靴”で山ボードを? »

ハンディーGPS」カテゴリの記事

山スキー・バックカントリー 2」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、いつもブログ楽しく読ませてもらっています、ピエールと申します。
突然で失礼とは思いましたが、ご質問があり、書き込みさせて頂きました。

自分は、スノーボーダでBC用にオレゴン450を個人輸入し、こちらで知った、いどんなっぷさんの地図を使っているのですが(夜中に小人さんが来てくれたので、日本語版地図を使っています(笑))行動範囲が広がって来たので、新たに、図郭を増やすより
いっそのこと、評価の高いTOPO10+SD版にしてしまおうかと考えて、ネットをイロイロ徘徊したのですが(笑)
実際に英語版のオレゴンに日本語SD版を差し込んて使用している例が殆ど見当たら無いため、質問させていただきます。
管理人さんは、ダコタにSD版を差し込で使用しているのでしようか?
それとも、DVD版をごにょごにょして使っているのでしょうか?
ある販売サイトにはSD版でもロック解除の手続きが必要との記載が有ったのですが、本当でしょうか?
また、ファームウェアーのバージョンによって表示しない事があると書いてあるページも見たのですが、そんな話きいたことありますか?
あと、あくまでも私見でかまわないのですが、SDカードがクラッシュする、あるいは、アクセス回数の限を迎える可能性はどれくらいあるとかんがえますか?

イロイロ質問ばかりですが、可能な範囲でお答え頂けれは、幸いです。
よろしくお願いします。

投稿: ピエール | 2011年4月21日 (木) 19時25分

ピエールさんはじめまして。
早速ですが、私がブログの記事にスクリーンショットを掲載している地図は、TOPO+のマイクロSD版をVISTA-Hcx日本語版と、日本語のフォントを入れた英語版のDAKOTA20で表示させたものです。
ロックも掛かっていないので上記2機種に差し替えて使っても、いずれのユニットでもきちんと日本語で表示されますよ。(他に海外版のマイクロSD版の地図も使っていますがこれも複数の機種で自由に使い回しができます)
オレ450も2バイト文字の表示可能な機種ですからフォントさえ入っていれば日本語表示はできるはずです。
ファームVerの違いについては分かりませんが、私のDAKOTA20の場合はガーミンのウェブアップデーターで更新した最新の英語版ファームで問題なく日本語表示ができました。
また、SDカード内のデーターについては読むだけなので静電気さえ気をつければ半永久(?)と考えても良いのではないでしょうか。
では、今後ともよろしく!

投稿: 理事長 | 2011年4月22日 (金) 08時45分

御回答ありがとうございます。
そうですか、表示できそうですね
現在は「いどんなっぷ」さんの日本語版地図が表示出来てるので、フォントは問題ないかと思いますが、一度ガーミンHPから最新FWをアップデートしたら英語表示に戻ってしまい、イロイロやったが、結局無理で、出荷の状態に戻して、やり直したことがあったので…。

イロイロお答えありがとうございました。

投稿: ピエール | 2011年4月23日 (土) 04時38分

はじめまして、こんばんは。
シールを自作(カットとトップループ)
検索していたところ、拝見しました。
先日、ヤフオクでetrex vista Hcx-jを
購入しました。
地図を購入したいのですが、
再度、参考にさせていただきました。
DVD版、マイクロSD版のどちらが
お勧めでしょうか。
私はDVD版でと思っていいたのですが、
マイクロSD版は「ロック解除」など
メリットがあるのでしょうか。
私の使用目的は、
登山、スキー時の軌跡ログ収集、
山スキー時の現在地及び高度の確認、
等です。
気長に待ちますので、
宜しくお願い致します。

投稿: うどん | 2012年2月25日 (土) 22時53分

“うどん”さん、はじめまして。
早速ですが、GPSを初めてお使いなら、DVD版をお勧めします。
マイクロSD版はGPS本体を買い替えても流用が可能なのですが、地図ファイルが壊れてしまっても一切保証が無いというのはちょっと心配ですからね。
ただ、近年中にVISTAから新型のeTrex30に買い替えの予定があるならマイクロSD版にしておけば無駄は無いと思います。
参考にならないかもしれませんが、あとはご自身の判断という事ではないでしょうか。
では今後ともよろしく!

投稿: 理事長 | 2012年2月27日 (月) 07時41分

ありがとうございます。
いよいよ、立山での使用が近くなってきましたので
よく考えてみます。
ありがとうございました。
また、いろいろと参考にさせていただきます。

投稿: うどん | 2012年3月13日 (火) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トリチウム・マーカーをライトにインプラント! | トップページ | “登山靴”で山ボードを? »