« Dynafit/TLT-Speed のレバーに関して | トップページ | JETBOIL/flash は退化していた??(・・・で、改造・試作①) »

2011年4月27日 (水)

“始祖鳥”と“鶚(ミサゴ)”のハイブリッド誕生?

便利度 :★★★★★
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★☆☆
危険度 :☆☆☆☆☆


最近は体力と仕事の関係で長い山旅にも行けない状況にもかかわらず、2年ほど前、“ARC'TERYX”のBORA 80 などという大型のザックが突然欲しくなり、後先考えず衝動買いをしてしまいました。

案の定、まだ2回しか使う機会にめぐまれず、しかも2回とも60Lザックでも間に合うような容量の荷物しか詰め込んでいません。
つまり、このザック本来の性能を引き出すような使い方は一度もしていない訳で・・・、言うなれば宝の持ち腐れですね。
このままでは、かなり贅沢な無駄遣いになってしまういそうです。

さて話は変わりますが、このザックで私が気になった点は、些か大きすぎるヒップベルトです。
このザックの背面システムの特徴は、ヒップベルトが直接本体に固定されておらず、荷重はアルミ・フレームに直結されたヒップベルトに直接伝達され、その荷重をかなり大きなパッドで腰に均等に分散することで、快適に重い荷物を運べるような仕組みになっています。

Dynaosp_3
(ヒップベルトはフレームと直結され、本体からフローティングした構造)

しかし、機能性重視とはいえ、このヒップベルトは些か大きくて嵩張り過ぎです。
しかも、樹脂板製の硬めの芯が入っているため平に折り畳んだり後ろ側に回す事すらできませんから、狭いテントの中ではかなり邪魔でザックの置き場にも困ってしまいますし、飛行機を利用する場合も、機内預けの時には取り外したベルトをザックに仕舞う必要がありそうです。

また、ヒップベルトの有効性は理解しながらも、キスリング・エイジの私としてはあまり大型のパッド付きヒップベルトには些かの抵抗感がある、というのもこのザックを使うのに二の足を踏む理由の一つかもしれません。(笑)

そこで、せっかく買ったこの“最高の一般歩行用大型パック”との呼び声が高いこの製品を少しでも気軽に(?)使えるよう、嵩張るヒップベルトを、ボリュームダウンする改造を思い立ちました。

・・・と、いう訳で、もっと嵩張らない薄いヒップベルトで、しかもシッカリと加重を支えてくれるモノは無いか・・・、と探していた時に見つけたのが“OSPREY ”のアイソフォーム・ヒップベルトという、熱成型で使用者の腰の形状にフィットさせられる製品(画像↓)です。

Dynaosp_9

これでしたら、パッドが薄くてもシッカリ腰にフィットしてオリジナルと同じように効率よく加重を分散してくれそうです。
また、ヒップベルト単体でもパーツとして通常販売が可能とのことですから、気兼ね無く山道具屋に注文できるのというのも自作マニアには好都合です。

ただし、メーカーも設計も異なるザック本体とヒップベルトをどうやって結合させるか?、という最大の課題を何とか解決しないとこのミッションは前進しません・・・。

まぁ・・・、頭の中で考えていても埒が明かないので、いつ通りの“ダメモト”覚悟で早速このヒップベルトを購入することにしました。(ブログ・ネタにも金が掛かりますね・笑)

“ARC'TERYX”は『始祖鳥』のことですし、“OSPREY”は『鶚(ミサゴ)』ですから、何れも一応は“鳥類?”同士・・・、何とかなるでしょう。
・・・という訳で早速改造開始!

言葉では表現が難しいので、詳細は画像をご覧いただくのが一番ですが、簡単に説明すると、BORAのヒップベルトにあるようなフレーム受けのポケットを持つパーツを縫製してベルクロでOSPREYのヒップベルトと結合させるという事です。
このフレームの荷重を受ける部分は荷重が分散するように3ミリ厚のベルポーレンを芯に420ナイロン地とテープ類を、工業用ミシンでガッチリ縫製しました。

Dynaosp_6
(♯8の糸で頑丈に縫製した)

OSPREYのヒップベルトにあるベルクロも併用してこのカップリング・パーツを取り付け、あとはオリジナルのピップベルトと同様にセットすれば(画像↓)完成です。

Dynaosp_2

また、ザックに固定するストラップ類も工夫してBORAにフィットさせました。
スタビライズ・ストラップを引く角度などはオリジナルとは若干異なるようでしたが、背負ってみた感じでは全く問題は無さそうです。

Dynaosp_11
(スタビライザー・ストラップも十分機能する)

最後に、一度分解してヒップベルトを熱成型します。
私はヒップベルト購入時に、成型は無料だが30分時間が掛かると言われましたし、改造にはパッドが平べったい状態のほうが好都合だと考え、そのまま持ち帰り自分で熱成型することにしました。

成型温度は公表されていませんでしたがスキーブーツのサーモインナーの要領で、ラボの定温乾燥機を借り110℃×10分少々、で焼いてみたところ、何とかジャストフィットさせることができたようですが・・・、一般的には購入店の専用オーブンでで熱成型してもらう事をお奨めします。

ダミーの荷物を25キロ程入れて背負ってみたのですが、オリジナルのヒップベルトと遜色無くシッカリと腰骨で加重を受け止めてくれ、しかも嵩張りませんのでとても使いやすくなった感じで、まずまずの大成功です。

Dynaosp_8
(㊤嵩張るArcterixオリジナルと、㊦Ospray/改、・・・こんなにコンパクトになる)

これで、あの大袈裟なパッドの付いた巨大なヒップベルトから解放され、気軽にこの大型ザックを使用できるようになったわけですが・・・。
最後に残された問題は、このザック本来の性能を生かせるような体力と休暇が私に在るか・・・、と言うことでしょう。(涙)

|

« Dynafit/TLT-Speed のレバーに関して | トップページ | JETBOIL/flash は退化していた??(・・・で、改造・試作①) »

その他・一般」カテゴリの記事

コメント

このヒップベルトは良いです。ただ、重量物運搬には強度不足です。私はREI XT85のLサイズ90リッターにオスプレイのベルトを付けて使っています。http://bit.ly/b7fCcX

投稿: 村上 | 2011年4月27日 (水) 12時13分

村上先生ようこそ!
しかし、すごい改造をしていらっしゃいますね!!
ここまでやってしまうと、70年代のJANSPORTSのフレームパックも尻尾を巻いて逃げ出しそうです。
私は、どちらかというとあまりリジット感(?)の無い柔らかめなザックが好きなので今回のようなオトナシイ改造にしてみました。
では、今後ともよろしくお願いいたします。

(追伸)
先生の御著書(本業の!)一冊持ってます。

投稿: 理事長 | 2011年4月27日 (水) 14時09分

はじめまして、マツと申します。
その後、このオリジナルヒップベルトの使用感はいかがでしょうか?

私もBORA80を使用しており、色々調整してはいますが、
なかなか満足のいくフィッティングになりません。
どうしても肩に荷重がかかってきてしまいます。
私の痩せ体型に対してヒップベルトが大きすぎるのではないかと思い
M→Sサイズに付け替えようとメーカーに問い合わせましたが在庫がないとのことでした。
もう少しヒップベルトを締め付けたい感があり、この方法について検討をしております。

よろしくお願い致します。

投稿: マツ | 2015年5月19日 (火) 02時07分

“マツ”さん、ようこそ!

早速ですが、肩に負荷が掛かるのはザックの背面長が短すぎるからだと思いますので、ヒップベルトを替えても解決は難しいと思います。
BORAなら、私の別の記事にあるようにオーバーサイズのフレームを作って、背中のカーブに合わせて成型するのが良いのではないでしょうか?

ではよろしく!

投稿: 理事長 | 2015年5月19日 (火) 07時46分

理事長様

なるほど、Brizaの記事ですね!
参考にさせていただきます。
ありがとうございました!!

投稿: マツ | 2015年5月21日 (木) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Dynafit/TLT-Speed のレバーに関して | トップページ | JETBOIL/flash は退化していた??(・・・で、改造・試作①) »