« GPSポーチはやっぱりG社が使いやすい! | トップページ | “JETBOIL-SOL ”買っちゃいました(しかも Ti !) »

2011年5月27日 (金)

チタン製焚き火グリル??

便利度 :★★★★★
工作度 :★★☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆

(まだ実戦未投入なので推測での評価です)


Bpg_3
(今回はこんなものを作りました)

日本の山・・・、特に国立公園内では、原則として(絶対に?)焚き火をしてはいけない事になっていますが・・・、私としては沢登りの露営時に限定し、痕跡を残さず、自然にインパクトを与えず、しかも安全が確保できるような場合は大目に見ても良いのではないか・・・、などと自分勝手な解釈をして私なりのルールで小さな焚き火を楽しむことがあります。

そんな訳で、私はあまり大きな焚き火はせず、調理に最低限必要な大きさの火を熾していますが、小さい焚き火とはいえビリー缶や丸型飯盒を火にかける時には、その場その場で臨機応変な対応をしなければなりません。

この作業は横棒を通して吊り下げたり、三脚状に流木を組んで針金で吊るしたりと結構面倒ですし、いい加減にすると途中で鍋をひっくり返して泣く事にもなりかねません。

しかし、そんな時に焚き火用のグリルがあれば問題は簡単に解決してしまいます。
私も三十年以上も昔、アメリカのPurcell Trench社製の当時は“バックパッカーズグリル”と呼ばれていた「日の字型」の『ステンレスパイプ製焚き火用鍋置き(画像↓)』を西麻布の某ショップで購入し数年使っていましたが、焼けたり曲がったりしていつの間にか無くなってしまいました。

26246533_o1
そんな訳で、それ以降はまた鍋を針金で吊るす原始的な焚き火調理に戻っていたのですが・・・。
この昔使っていた懐かしい道具が現在も形を変えず作られていたようで、最近になってまた輸入してくれるお店が現われたようです。

懐かしさから、思わず“ポチッ”としそうになりましたが・・・、すんでのところで自作マニアの根性が目を覚まし、自作する事を決心しました。

どうせ作るなら軽く小さくしようと、材料にはチタンのφ5mm・L400mmの丸棒を使い、細く畳めるようにステンレスのワイヤーで連結する構造にしました。
また、ここに乗せるのは私の場合主に炊飯用の丸型飯盒程度の直径なので「日の字型」にはせず、2本の棒で「ロの字型」にすることにしました。
Purcell Trench社のサイトにも、“Packer Frame”という枠だけの製品や、“Stix ”という単なる2本のパイプが商品として紹介されていますのでこの形でも問題はないでしょう。

Bpg_1
(折り畳めるチタン製焚火グリル)

構造は単純ですので、画像をご覧いただけば一目瞭然だと思いますが、乗せる位置で異なる大きさのクッカーに対応できるよう両側を異なった幅の台形にしてあります。
チタンの丸棒の両端に穴を明けてステンレスワイヤーで連結しました。
この部分はこんな凝った造りにしなくても、現場で針金を使って連結してたほうがかえって便利かもしれません。

また、両端まで灼熱することは無いにしても、一応熱が加わる物なのでステンレスワイヤーの圧着には銅製のスリーブを使用しました。(画像↓)

Bpg_2

使用する時には、焚き火の両側に置いた石の上面を2本の棒が跨ぐように置けば安定した鍋乗せが出来上がります。
材質は純チタン(2種)ですが、ムク材ですし耐熱性は鉄以上だと思いますので焚き火程度では問題は無いはずです。

使用後は棒状にコンパクトに収納できますが、煤やヤニが付いたりかなり汚れますので専用の袋(画像↓)を作って収納すると良いでしょう。
私は幅広のテープで細長い袋を作り、ベルクロで蓋を閉じられるようにしました。

Bpg_4

現在は沢シーズン前ですし、泊りのある沢に行けるのはまだ先になりそうなので、まだ実際に使ってはいないのですが、使ってみた結果は何れご報告してみたいと思います。

荷物を極力小さくしたい沢登りですが、この80グラムの道具一つで「どうやって鍋釜を焚き火に掛けようか?」という悩みから解放されますので、興味のある“焚き火マニア”の方は1つ自作してみてはいかがでしょうか?



【余談ですが・・・】

今回のように丸棒に対し直角に中心を通る穴を明けるのは結構難しいものです。(画像↓)

Bpg_2u

そこでお勧めしたいのが、閑な時に専用の治具を作っておく事です。
私は以前Φ4mm・Φ5mm・Φ6mm用の治具を作りましたが、いい加減な私が適当に作った治具でも結構頻繁に役に立ってくれています。

あまりにも定番なので、作り方は解説の必要も無いのでしょうが・・・。

Dscf2407
(このような治具を作っておくと大変便利!)

まず、焼入れのできる鋼の端材で正直方体のブロックを作り、フライス盤(ボール盤)に固定したバイスに咥え、まず対象となる丸棒が通る穴を明けます。
この時スコヤなどを使ってバイスの角にブロックの角を合わせておいてください。

次にブロックを90度回転させ、再びバイスの角にブロックの角を合わせて固定し、横の面にΦ2mm程度の穴を貫通させます。
ブロックの端面から丸棒の通る穴と次に明けた穴の中心とは同じ距離になりますから、これで丸棒用の穴と直角でしかも中心を貫くΦ2mmの穴が明いたことになります。

後はクロステーブルのハンドルを横送りし、直径の違う何種類かの穴で同様の加工を行っておけば良いのです。
また、可能なら何かのついでに焼入れをしておくとより耐久性は高まります。

使用法は言うまでもありませんが、丸棒を治具の穴に通し、横のΦ2mm穴をガイドにしてボール盤等で垂直に穴をあければOKです。


また、ボルト(ビス)の末端に割りピンやワイヤーを通して緩み止めにするための穴を明けたい時も同様の治具が有効です。
最初の穴あけの時に対象としたいボルトのタップ下穴径のドリルで穴あけをした後、上の例と同じ方法で細穴を明け、バイスから取り外してからタップを立てておけばよいだけなのですが、これまた便利に使用できます。(画像↓)

Dscf2408

|

« GPSポーチはやっぱりG社が使いやすい! | トップページ | “JETBOIL-SOL ”買っちゃいました(しかも Ti !) »

その他・一般」カテゴリの記事

ストーブ・クッカー」カテゴリの記事

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/430262/39894245

この記事へのトラックバック一覧です: チタン製焚き火グリル??:

« GPSポーチはやっぱりG社が使いやすい! | トップページ | “JETBOIL-SOL ”買っちゃいました(しかも Ti !) »