« “MSR/リアクター”をモディファイする ② | トップページ | “ディスタンス FL”ポールを小改造 ① »

2011年8月27日 (土)

“STORM”にもトリチウムマーカーを

便利度 :★★★★★
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★★
危険度 :★☆☆☆☆

(放射性物質を取り扱いますので、改造は自己責任で!!)

以前の記事でB.D.のヘッドランプ“STORM”を絶賛しましたが、今回はこのヘッドランプにトリチウムマーカーを取り付ける改造です。

ヘッドランプにマーカーを付けると暗い渓のテント内や消灯後の真っ暗闇の山小屋の中ですぐにヘッドランプの在処がわかり大変便利です。

Storm_4
(B.D.のヘッドランプ“STORM”)

早速本題に入りますが・・・。

“STORM”の裏蓋を開け、電池を取り出すと基盤ユニットを留めている小さなビスが4個見えますので、これをドライバーで取り外します。
“プリンストンテック”ではこの部分に潰しピンを使っており、分解の際壊れてしまい再組み立てが困難でしたが、このB.D.製の“STORM”はビス留めなので分解・組み立てが簡単です。

下のヒンジ側から基盤ユニットを持ち上げますが、その際基盤下部のインダクタがボディーと干渉しますので無理せずボディー側を少し押し広げながら外しましょう。
また、電池取り外し用のタブは突起に掛かっているだけなので紛失しないように注意してください。

Storm_9  Storm_12
(㊧四本のビスを外すと、㊨簡単に分解できる)

次に、どの部分にトリチウムマーカーを固定するか決めなければなりません。
当初レンズかその周辺を、と考えていたのですがなかなか良い場所が見つかりません。
そこで、今回は基盤にマーカーを取り付け、ボディーの透明な窓からマーカーの光を確認できる仕組みにしました。
これでしたら本体を加工しないで済み、工作もいたって簡単にできます。

※ なお、トリチウムマーカーとその関連工作については、過去いくつかの記事がありますので適宜ご参照ください。

Storm_10
(基盤は結構複雑な構造だ)

トリチウムマーカーを取り付ける場所は、ナイトビジョン用の赤色LEDの下の部分としました。
取り付けはSILNETを基盤に盛って、そこにマーカーのガラス管を埋め込むだけです。
SILNET が固まったら、分解と逆の手順で組み立てますが、ビスを締める前に電池取り外し用タブの取り付けを忘れないでください。

Storm_11
(画像中央の砲弾型LEDの下にあるのがトリチウムマーカーのガラス管)

組み立てた状態では、ボディーの透明部分の奥にトリチウムマーカーが位置していますので、横位置からは光が見え難いような気もしましたが、実際に使用してみると、暗いテント内ではトリチウムマーカーは結構明る感じ、また真っ暗闇だとオレンジ色のボディーを透過した光も視認できますので(ボディーが黒色の場合は不明)、この位置でも十分役に立ってくれそうです。

 
これで、ただでさえ多機能な“STORM”にさらに便利な機能が加わり、理想的な山用ヘッドランプが完成しました。
放射性物質が嫌いな人以外(笑)には、是非お奨めしたい改造だと思います。

|

« “MSR/リアクター”をモディファイする ② | トップページ | “ディスタンス FL”ポールを小改造 ① »

その他・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “MSR/リアクター”をモディファイする ② | トップページ | “ディスタンス FL”ポールを小改造 ① »