« “CASIO/PROTREK”をラ二ヤード仕様に? | トップページ | 再流行?の“スプリットボード”をハードブーツで! »

2011年9月24日 (土)

フレームのリペアチューブ携行の小ワザ

便利度 :★★★★☆
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆


登山用テントのジュラルミンフレームは通常の使用には耐えられるだけの強度は持っていますが、時として折損してしまうことも無い訳ではありません。
折損は強風や積雪はもちろん、設営や撤収時に不用意に風に煽られたり飛ばされたりしたという人的ミスでも発生しますので要注意です。

そこで、応急対応用にテントの標準装備としてリペア用の短いチューブ(リペアスリーブ)が付属しているのが普通です。
折れた部分(多くはジョイント部)を石などで大まかに修正したあと、このチューブを折損部分に被せ、ガムテープ等で固定すれば一応はテントが使えるようになりますので、いざという時に頼りになる必需パーツと言っても良いでしょう。

Rt_1
(フレームのリペアチューブ)

リペアチューブは普通はフレームの収納袋に一緒に入れておいたり、ペグ袋に入れておいたりするのですが、設営時に落としてしまったり、特に複数のテントを持っていたりすると家の物置の中で迷子になってしまったりしてしまいがちです。

しかし、何らかの方法でフレームとそれにマッチしたリペアチューブを一体化しておけば、絶対に失くしてしまったり、別のテントフレームのリペアチューブを間違って持参してしまう事も無くなる訳ですよね。

そこで私は、リペアチューブをフレームの末端近くの邪魔にならない場所に通し、上下を短く切ったビニールホースで挟むような格好で半固定しています。

Rt_3
(輪切りにしたビニールホース)

ホースでなくビニールテープでも構わないのですが、中途半端に密閉するとフレームとリペアチューブの間に水が入った場合乾き難く、それが長期にわたるとフレームが錆びてしまう恐れもありますので、リペアチューブが少し遊動するようなルーズな固定が良いと思います。

Rt_5
(このようにフレーム末端近くにリペアチューブを通し固定しておく)

また、言うまでもありませんが、フレームをテントのスリーブに通す時はリペアチューブを固定していない方の端から入れ、抜く時はリペアチューブを固定した方の端から行わないとフレームが引っ掛って抜きにくくなりますので注意してください。

単純なアイデアですが、まさかのフレーム折損時にも、リペアチューブを入れたペグ袋をあちこち探す事も無く、速やかに修理することができますのでかなりお勧めな小ワザだと思います。

|

« “CASIO/PROTREK”をラ二ヤード仕様に? | トップページ | 再流行?の“スプリットボード”をハードブーツで! »

テント・シェルター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “CASIO/PROTREK”をラ二ヤード仕様に? | トップページ | 再流行?の“スプリットボード”をハードブーツで! »