« 持ってて安心 ? “ファイヤースターター” | トップページ | LEKI のトレッキングポールを小改造 »

2011年10月22日 (土)

タープに“雨垂れ避け(Drip arrester)”を付ける

便利度 :★★★★☆
工作度 :★☆☆☆☆
推薦度 :★★★★☆
危険度 :☆☆☆☆☆



最近の私は、虫の苦手な連れ合いと一緒に簡単な沢登りにしか行きませんので、泊まりもフロアー付のシェルターがほとんどですが・・・、場所と季節によっては沢登りのビバークにタープを使うのも良い方法だと考えます。

Cimg0293
(沢なら前室の無いシングルウォールシェルターも軽くてよい)

通常のテントと比べれば耐風性にも問題があり、雨が吹込むなどで通常の登山では実用的とは言い難いタープですが、沢では稜線ほどの強風はありませんし、地面が傾斜していたり凸凹でテントの張りにくい“優良物件”(笑)とは言えない場所でも、タープならなんとか就寝場所を確保できることも多いからです。
また、何よりタープ独特の解放感も魅力ですし、シンプルで軽量コンパクトというのも沢登りにマッチしている気がします。
Da_7

(愛用者も多いアライの“ビバークタープ”)

とは言え、沢の場合でもタープの張り方によっては雨の日の吹き込みや雨漏りに苦労させられることも無い訳ではありません。

かなり昔ですが、木と木の間にクライミングロープを水平に張って、それに四角形のタープを被せ、裾を何ヶ所か張り綱で固定して屋根にしたところ、夕方から大雨になり、木に結んだロープから雨水が伝わって来て懸垂線の中央、つまりタープのど真ん中から雨垂れが落ち、シートが水浸しになってしまったことがあります。

このような失敗を繰り返しながら、ロープを意図的に斜めに張って水勾配を設けたり、タープ直近にシュリンゲを巻き付けて垂らし、ロープを伝わって流れるの雨水をタープに入る前に下に誘導するという知恵を身に付けましたが、こんなチョットした工夫でもタープでの野営は格段に快適にしなるのです。

また、木と木の間に張ったロープにタープを掛けるような張り方をせず、面倒でも斜めに張ったロープにクレムハイストで支点を2個作りロープの下にタープを吊るすという方法も考えられます。

最善の策は流木で支柱を作り、細いガイラインを下向きに張って家型テントのようにタープを設営することでしょうが、それが面倒なら次善の策として、クライミングロープは使わずタープの棟の両側に細いガイラインを取り付け、直接木に結ぶ事でしょう。


また、最近の“ヘキサ”とか“ウイング”などと呼ばれる多角形型のタープなら棟部分のガイライン取付け部の幕体が鋭角になっているため、両端のガイラインを木に固定したとしても、ラインを伝わった水はタープの外縁に沿って流れ、四角形のタープを切妻型に張った場合と比較して棟の裏側を伝う水滴は多くないようです。

Da_5
(㊧切妻型に張る四角形のタープと、㊨多角形型タープの棟のガイライン取り付け部)

しかし、この多角形型のタープでも両側の支点を離れた樹木の同じ高さに取り、棟が綺麗なカテナリーカーブ(懸垂線)を描くようにビシッと張った場合は、雨がガイラインを伝わりタープ中央に落ちる可能性も無い訳ではありません。

そこで、私はタープの棟両端のガイライン取付け部に、水滴が幕体内側に回り込み難くするように自称(笑)“Drip arrester”要するに“雨垂れ避け”を付加していますのでご紹介したいと思います。

画像をご覧いただければ一目瞭然だと思いますが、ハイパロンのシートを丸く切って中央に小さな穴を空けただけです。
このパーツでガイラインを伝って来る水を、タープの裏側に流れ込む前に「忍び返し」のように下に落としてしまおうという訳です。

Da_2  Da_4
(“Drip arrester”を取り付けた状態)

穴の大きさはガイライン取付け用のループがギリギリ通る位小さめにしておいたほうが効果的でしょう。
また、可能なら“SILNET”などで防水したほうが良いかも知れません。

こうしておけば、木からガイラインに沿って流れてきた水がこの部分で水滴となって下に流れ落ち、タープの天井部分に水が回り込む事を気休め程度には防いでくれるはずです。

また、以前100円ショップで買った小さなビニール製の「吸盤」の中央に穴をあけて同様のモノ作ったこともありましたが、むしろこちらの方が簡単で形状的にも効果的だったような気がしますので皆さんにはこの方法をお薦めします。



さて・・・、沢登りでは汎用性の高いオーソドックスな四角形のタープが多用され、また樹木を支点にして張ることも多いと思いますが、そんな場合でも棟に若干の水勾配をつけ屋根の鋏角を広げ過ぎないといったチョットした張り方の工夫次第で雨天の居住性を格段に向上させることができます。
そして、さらに今回の記事のような小さなアイテムを装備に加えれば、タープの下で過ごす雨の停滞日をもっと快適にしてくれると思います。

|

« 持ってて安心 ? “ファイヤースターター” | トップページ | LEKI のトレッキングポールを小改造 »

テント・シェルター」カテゴリの記事

沢登り」カテゴリの記事

コメント

このアイディアは、カヤックのパドルにも付いています。
漕ぐときに、端部を交互に高く持ち上げますのでドバァ-ッ
と流れ落ちて来ます。ツーリング用のパドルには付けます
が、レース用のパドルでは、無視して語らず。
 艇ごと、縦にも回転しますから

下手なJSBは、沈して流れていくとき首に必要かも(爆笑)

投稿: JSB | 2011年12月24日 (土) 01時23分

JSBさんご無沙汰でした!

この雨垂れ除けも気休め程度の効果かも知れませんが、軽いですし“無いよりマシ”ですから是非お試しください。
本文にもありますが、100円ショップの小さな吸盤の真ん中に穴をあけたモノだと工作も簡単ですよ。

では!

投稿: 理事長 | 2011年12月24日 (土) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 持ってて安心 ? “ファイヤースターター” | トップページ | LEKI のトレッキングポールを小改造 »